自由が丘♡デート「プラチノ自由が丘テラス/スペイサイドウェイ」

プラチノテラス熊のソルト&ペッパー由が丘でデートしようか♡終電帰りが続いたハードな日々も一段落。ようやく余裕ができた妻に提案。毎食SOYJOYやカロリーメイトを食べながら、夜遅くまで働き続けた妻。美味しいものを食べに行こうか。「OK!20時頃には到着します」どこへ行こうか。今日の気分は中華?和食?沖縄料理?イタリアン?それぞれ候補になる店を頭に描きながらメールで妻に尋ねる。中華なら状元樓、和食なら仁松庵、沖縄料理ならHai−Sai、そしてイタリアンならプラチノ自由が丘テラス。「う〜ん、イタリアンかなぁ」了解。南口で待ち合わせ、店に向かう。

トスカーナ風ポテトフライシーザーサラダラチノ自由が丘テラスは、緑道沿いのラ・クール(スイーツフォレスト)3F。桜が満開だった頃、目の前の桜を眺めながら(窓際の席の真横に桜という最高のロケーションで)ランチ接待に利用させていただいた店。ランチタイムのテラス席はマクラーレンのベビーカーと大勢の子供連れの奥さまで溢れ、夜は歓送迎会などのパーティ席となる。それに対し、大きなガラス窓で囲まれたコーナーは、昼も夜もカップルや女性同士のグループで賑わう。そんな使い分けができる便利な店でもある。席に付いてまずはギネスとカモミールティで乾杯。ゆったり気分の週末の夜。

羊のグリルズコットスカーナ風ポテトフライをつまみながら、仕事の時間から離れて行く。シーザーサラダを食べながら、仕事モードからプライベートモードにスィッチを切り替える。妻が大好きな子羊のグリルに齧りつく頃には、引退したらどんなコースで旅行に行こうかと能天気な話題になる。妻がデザートにケーキを食べようという。甘いものは大好きながら、ケーキには余り興味のない妻には珍しいこと。「ケースが目の前にあるし、この店のケーキ美味しそうなんだ♫」ズコットというトスカーナ地方の丸いケーキ。たっぷりのクリームと木の実が、ふわふわのスポンジに包まれる。うん、旨い♬

今日の一杯スペイサイドウェーり際、店長にグループ店の20周年記念だとクッキーをいただく。ふふっ。ますますご機嫌のお気楽夫婦。もう1軒行こうか。気持がふうわりと軽くなった2人。ふらふらと夜の自由が丘を彷徨う。向かったのはスペイサイドウェイというバー。カウンタの奥にはモルトウィスキーのボトルが並ぶ。壮観。その日の1杯目は、ラガブーリン。アイラのシングルモルト。妻はイチゴのフレッシュジュース。2杯目はスプリングバンク蒸溜所の1杯。スモーキーで深いピート香を持つ私好みの酒。大人向けの美味しい酒だ。良い夜だね。「うん、イチゴのジュースも美味しいよ」お酒を飲めない妻も楽しそう。

ぁ、帰るよ!酔っ払いくん。…今日は特別にタクシーで帰っても良いよ」いつもよりちょっとだけ優しい妻。だったら、もう1軒…。「ダメ!」…やっぱり。

コメントする








001158702

SINCE 1.May 2005