オトナの夜遊び♬「代官山T-SITE」

IvyPlaceSalmon曜日。週末に一息入れて、あるいは遊び呆けて、迎える週の始まり。OFFモードをONに切り替えて、また1週間頑張ろう!と自分に鞭を入れる日。仕事を終えて出歩く、という気分にもなり難い…人が多い。誰かを誘うと、月曜日から元気だねぇ!と返される場合さえある。ところが、お気楽夫婦はお気楽・貪欲。曜日を気にせず出かけまくる。とある月曜日、スカッシュ仲間のアコースティックデュオのライブに出かけた。会場は代官山のライブハウス。仕事帰りに代官山T-SITEの「IVY PLACE」で待ち合わせ。

SimpleVoiceLiveの店、ステキだねぇ♡」T-SITE初訪問だというスカッシュ仲間の女子2名のテンションが上がる。「帰りにまた寄ろうか♬」友人のライブは21時30分スタート。女性ヴォーカルと友人のアコギのデュオ。最初の1曲目は硬めだった演奏も会場の空気も、2曲目以降にぐっと解けててくる。即興を交えたギターソロもなかなか聴かせる。YESの名盤「Fragile」収録の『Roundabout』のスティーブ・ハウを彷彿させる、味のある演奏。ホメ過ぎだけど(笑)。もう少し聴きたいというタイミングでライブ終了。良い感じ♬

TsutayaOutrawRockッシャレ〜♡」「良いねぇ」ライブの後にT-SITE再訪。蔦屋書店の各階を、まるで自分の店のように自慢げにご案内。3号館2階の音楽フロアにある、お気に入りの「不良ロック」コーナーに立ち寄る。「頭脳警察」「PANTA & HAL」などのかつて聴き込んだアルバムが並んで…いない。あれ?やっぱり!ライブ前にそのコーナーを訪ねた時、棚を満足げに眺める私の後ろで「不良ロックのコーナー意味ないですよね」「はっぴいえんど関連というコーナーも分かり難いですよ」とスタッフの声。止めてくれぇ!という私の心の叫びも届かず、さっそく棚の入れ替えをした模様。ショック!TSUTAYAのスタッフ、仕事が早過ぎ。どちらも好きな品揃えだったのに(涙)。

CafeAnjinを取り直して「Anjin」に向かう。洋書を積み上げたバーカウンタ、デザインの違うソファ、柔らかな照明。お口説き系の空間演出。「きゃあ、ステキ」「落着いて良い雰囲気だね」テンションが高止まりの友人たち。「この2人のイメージでカフェラテお願いします♬」役員秘書が無茶振り。スタッフも笑いながらも困惑気味。初対面のアスリート系女子とお気楽妻のイメージと言われてもなぁと、ひとりワインをぐびり。すると、そこはプロ。見事なカフェラテアートで飾られた2杯のカップが登場。お見事。

の初めからすっかり夜遊びした感じ」「あの店、朝ランの後に寄っても良いんじゃない」「ランパンじゃ店に入る勇気ないなぁ」「大丈夫。カッコいいよ」タクシーの後部座席で女子トークが続く。やはり遊びは元気の活力。これでまた仕事も頑張れる。「あなたの場合、遊びに頑張ってるって感じだけどね」優雅に水面を泳ぐ水鳥も、水面下で懸命に足を掻いていることを妻は知らない。

コメントする








001694565

SINCE 1.May 2005