遊びゴコロ満載♬「ハイアット セントリック銀座」

Centric1座に新しいホテルができた。お気楽夫婦のお気に入りホテルグループの新ブランド「ハイアット セントリック銀座」だ。OPENは1月末。日本初上陸であり、アジア初進出。ハイアットホテルズのカテゴリは、ラグジュアリーの「パークハイアット」、プレミアムの「グランドハイアット」など、7つに分けられているが、セントリックは「アンダーズ」と共に、「ライフスタイル」というカテゴリ。意味不明(笑)。

Centric2業早々のホテルは避けるべし!というのが、お気楽夫婦がこれまでに数多くのホテルに滞在して得た経験則。新規OPENの情報にワクワクし、期待して出かけると痛い目に合うこと必至。スタッフのオペレーションが熟れておらず、確実に必要以上に時間がかかる。お気楽夫婦が愛する、あのパークハイアット東京ですら、OPEN早々の頃は(呆れたり怒ったりすることを超えて)笑ってしまう程の混乱ぶりだったのだ。

Centric3まってみたいんだよね」何度か開業間もないホテルに懲りているはずの妻が明確な意思表示。色々と事前に調べた結果、ホテルの佇まいに惹かれた様子。場所は銀座の真ん中、6丁目、並木通り沿い。新橋演舞場で芝居を観た後、のんびりと銀座を散策し、10分程で到着。場所柄、並木通り側には大げさなエントランスや車寄せもなく、エントランスではベルだけが迎えてくれる。エレベータでフロントのある4階へ。

Centric4レベータを降りると、階下に吹き抜けの空間が広がり、「NAMIKI667」というオールデイダイニングを見下ろす。小規模ホテルを広く見せる開放的で巧みなレイアウトだ。壁一面の活字のオブジェ(ここが朝日新聞社創業の場所であることによる)、“銀座”などの歌舞伎文字を織り込んだカーペット、バーに向かう階段など、アクセントカラーの赤が斬新。フロントカウンタは島型で、スタッフの制服はカジュアル。新鮮な印象。

Centric5ェックインを済ませ、客室に向かう。するとエレベータの内壁に、銀座周辺の地図がイラストで描かれていた。セントリックはどこだろうかと探すまでもなく、ひとつだけ赤く彩られた建物が。まさしくそれがセントリック。その日たままたま真っ赤なコートを着ていた妻と、セントリックとでエレベータ内で記念撮影。それにしても、館内のあちこちの意匠が、訪れる人をくすぐり、心浮き立たせる、遊び心溢れるデザインだ。

Centric7室のあるフロアに降り立つと、また新たな仕掛けが待っていた。機能的で無機質なフロア表示ではなく、エレベータホールの壁一面に、階数を示す巨大なオブジェ!「6」という数字は、壁に貼り付けられたお椀。その横には、升やら、和菓子の型、トコロテンの天突き器など、思わず近寄って正体を確かめたくなる小物が貼り付けられている。きっと外国人観光客はそれらが何か分からず、スタッフに質問しているに違いない。

IMG_1226のホテル、他にも遊びゴコロ満載の意匠が散在するのだけれど、秀逸なのはスポーツジム。24時間利用可能なホテルのジムの壁にも巨大な地図のイラストが描かれている。中央の大きな緑のスペースには「皇居」の文字。むむっ。主要な通りが白く描かれ、住所表示はアルファベットの頭文字の連続だったり、漢字一文字だったり。まるで謎解きのヒントが埋められているクイズのようで面白い。さて、肝心の客室はと言うと…。

次回に続く。

1つのコメントがあります。

  1. お気軽ホテルと中華街「ハイアット リージェンシー横浜」 週末更新お気楽夫婦のお気楽生活ブログ IGA “快楽主義”宣言


    [...] ハイアットが日本国内で攻めに転じている。2017年頃には日本全国で10ヶ所余りだった拠点が、2018年以降圧倒的なスピードで新規ホテルを開業しているのだ。2018年に「ハイアット セントリック銀座 東京」「ハイアット リージェンシー瀬良垣アイランド沖縄」「ハイアット ハウスニセコ」、2019年に「パークハイアット京都」「ハイアット プレイス東京ベイ」など日本初のブランドを含め相次いで新規オープンさせた。 [...]

コメントする








001790201

SINCE 1.May 2005