お気楽夫婦の御用達「さんぱち(38)食堂、他」

Gokinjo1年前、自宅マンションのリノベーションの際に、2ヶ月程中目黒の住民になった。中目黒と言えば、レベルの高い飲食店が多い街。これ幸いと毎晩のように(週末は朝から)食べ歩き、飲み倒した。*もちろん順番は逆で、そのために中目黒を仮住まい先に選んだのだけれど。仮住まいを終え、我が街に戻り、かの街と比べ寂しく思ったものの、ご近所にもなかなか良い店があるではないかと飲み歩く毎日だ。ん?どこに住んでも一緒か?(笑)

Gokinjo2えば歩いて2分程の場所にある「さんぱち(38)食堂」は、定食屋のような名前ながらこぢゃれたビストロ。オードブルの盛合せをオーダーすると、その店の料理の水準が分かる。パテドカンパーニュなど、自慢の料理が少しづつ盛り付けられたこの店の皿は、堂々たる風格。「良いねぇ、この店♬」ある日同行したスカッシュ仲間も満足そうに頷く。スタッフの(イケメン)フランス人留学生を評価している可能性もあるけれど。

Gokinjo3らに近い場所にあるのが、ベルギービールを豊富に揃えたダイニングバー。歩いて数10秒の距離。お気楽夫婦は、この店に来る度に「メガ盛りポテト」をオーダーしてしまう習慣がある。カリッと、サクッと、上手に揚がっているフリッツは、止められず止まらない。ベルギーの白ビール「ヒューガルデンホワイト」の生が実に合う。ぐびっと飲み干して2杯目をオーダー。1杯目はすぐに飲んでしまい、撮影はいつも2杯目。

Gokinjo4のドリンクは辛口のジンジャーエール。大きめの氷と一緒に、わざわざオーダーしなくても、自動的に出て来る仕組み(笑)だ。この店には、他ににもムール貝の白ビール蒸し(もちろん白ワイン蒸しもある)や、フィッシュ&チップスなど、ベルギーのバーにあるようなメニューが揃っているし、ゴーヤチャンプルーのような日本ならではのメニューもある使い勝手の良い店だ。こんな店が近所にあるのは幸福なことだ。

Gokinjo5ぢゃれた店だけではなく、夜な夜な小宴会が繰り広げられるディープな店もある。店名は明らかに蕎麦屋なのに、その実態は夜遅くまで営業している居酒屋。メニューも、板わさ、卵焼き、天ぷらなど、お馴染みの蕎麦前のつまみだけではなく、鯖の塩焼きや刺身まで揃っている。客の大半は(我々のように)蕎麦をひと口も食べずに帰って行く。店内の棚を見ればボトルキープの焼酎瓶がズラリと並ぶ。これは明らかに居酒屋だ。

Gokinjo6気楽夫婦が立ち寄る店は、いずれもこの街ならではの店が多いのだけれど、チェーン店にも嬉しい店がある。その一つが「肉汁餃子製作所ダンダダン酒場」だ。1号店は調布。スカッシュの帰りに頻繁に立ち寄る小さな店だった。それがあっという間に人気が出て、下北沢、明大前、新宿、渋谷、中目黒とお店が増え、何と今や全国で60店舗を超え、我が街にもOPENというスピード出世ぶり。凄い!そして何だか誇らしい。

Gokinjo7しいのは肉汁たっぷりの餃子の味が変わらないこと。山盛りのメンマ、ウズラの卵など、大好きなメニューが引き続きあること。残念なのは「当店の餃子の召し上がり方はご存知ですか…」などと若いスタッフに説明されること。こっちは1号店しかなかった頃から通ってんだ!と思いながら、知ってますと穏やかに答える。よくぞあの小さな店からここまでと、感慨に耽りながら生ビールをグビリ。餃子をぱくり。幸福だ。

Gokinjo8う1軒、最近元気な店がある。数ヶ月に1度、ビストロを名乗る小さな食堂だ。ある日のメニューは「まかないロールキャベツ」と「生ハムとシャインマスカット、ブルーチーズのサラダ」。賄いと巻かないを掛けたメインのキャベツ料理は、常連客の妻にも好評だった。仕事を続けている現在は不定期営業だが、何年か後にはほぼ毎日営業になる予定だ。「ん、良いね」妻の感想は短いが、まぁ良いか。この店が1番の御用達。

コメントする








001229147

SINCE 1.May 2005