フルリノベーション5周年♬「808」

Bistro808-11808」が5周年を迎えた。「808」と言えば、Suchmos(サッチモス)の楽曲を思い浮かべる人がいるだろう。Hondaの「VEZEL」のTVCMにも使われた名曲だ。あるいは、本田望結ちゃん(なぜかホンダ繋がり)がCFに出演していた「808 FACTORY」と言う完全人工光で野菜を育てる企業だったり、もしかしたら「そりゃあ、江戸八百八町のことかい?」と言う江戸っ子がいるかもしれない。人気があるのか?「808」。

Bistro808-12のブログに度々登場する「808」は、ビストロの名前であり、建築家でありスカッシュ仲間である廣部剛司くんのプロジェクトの名前でもある。彼の事務所が初めて手掛けたマンションのフルリノベーション物件であり、もちろんお気楽夫婦の自宅である。彼の手掛けた案件は「海辺のシェルハウス」とか、「桜並木の家」と呼称が付けられるのだけれど、我が家は「いい数字だから、そのまま使いましょう」と命名された。

Bistro808-8成後に「ビストロ808」と名付け、不定期営業の人気店として開業(笑)。営業日数は5年間で34回を数える。そして毎年秋には定期点検と称し、廣部くんを中心にスカッシュ仲間を招きビストロを開店しているのだ。2019年秋、5周年の開店においで頂いたのは、(ほぼスカッシュを辞めた方もいるけれど)やはりスカッシュ仲間とそのパートナー。ラブラブな若い2人は33回目の開店に続くご来店。常連化の気配。嬉しいぞっ。

Bistro808-2杯はスパークリングワイン。オードブルの盛合せを供すると、いつもより若々しい声で「きゃーっ!キレー!」と歓声が上がる。常連のマダムは「IGAちゃん、また腕をあげたね」と微笑む。いずれも嬉しい反応だ。以前から料理は好きだったのだが、リノベーションでキッチンが広くなり、対面式で使い勝手が良くなったことがビストロ開店のきっかけ。居心地の良いダイニングを造ってくれた建築家のおかげでもある。

Bistro808-32本目のスパークリングが空いた頃には、2皿目の「あつみかぶのマリネとスモークサーモン」を供する。私の故郷山形の名産である「あつみかぶ」と言う赤カブを酢漬けしておいたモノを、スモークサーモン(さすがに市販品)とイクラを盛付け、パセリを散らす。初めて作った一品としては上出来だ。たまにこんなオリジナルレシピ、アレンジレシピの料理を作る。お気楽妻と一緒に辛い?修行(単なる外食)をしながら鍛えた成果だ。

Bistro808-4縄勤務が増えたゲストが持参してくれた泡盛に合わせ、ビストロとしては珍しいメニューもご用意。砂肝のカレー風味とキノコのマリネだ。爽やかな飲み口の泡盛と、コリコリとした食感の砂肝の組合せが予想以上に好評。沖縄居酒屋の特別営業も検討しようか。キノコのマリネはビストロらしくセップ茸を使った料理を!と探したものの発見できず、エリンギで代用。シメジやハナビラ茸と一緒に日本の秋の味を堪能する。

Bistro808-6の日のメイン料理は、「モンサンミッシェルのムール貝のワイン蒸し」。これも活きたムール貝を輸入できると知って、定番料理のひとつになった。パテドカンパーニュと同様に作ってみたら意外とできちゃったと言う、難しそうで慣れれば簡単な料理だ。「ムールすっごい美味しいね♬」「ほんとホント。味が濃厚だよね」無口になるはずの集中系料理なのに、賑やかに飲み、食べ続けているゲストたち。実に嬉しい限りだ。

Bistro808-9くまで帰るからって早い時間に開店したのに、いつもより長く飲んだだけだね」タクシーで帰るゲストたちを見送り、笑い合いながら後片付けをするお気楽夫婦。師匠のシェフ聡ちゃんの店「3/4(トロワキャール)」は、良い店の要素は料理、ワイン、おもてなしの心で3/4、残りの1/4が楽しんでくれるゲストだと言う。だとすると「ビストロ808」は、4つ目のゲストに恵まれている。皆さまのご来店をお待ちしています!

コメントする








001533357

SINCE 1.May 2005