TOBE オーベルジュ・リゾート〈砥部〉

■国内, リゾート(スパ・温泉)

画像クリックで拡大

Auberge3Auberge1Auberge2TOBE4TOBE5TOBE7TOBE12TOBE8TOBE15TOBE10TOBE17TOBE18Auberge5Auberge8Auberge10

松山市の中心部から車で15分。迎えに来ていただいたオーナーの越智さんと、お互いに日本各地で泊まり歩いたホテル談義をしただけで、良いホテルなんだろうなと期待が高まった。そして、「TOBE オーベルジュ・リゾート」はその期待以上の宿だった。

湖の畔、広大な敷地の中にコテージとエステ施設が点在する宿泊棟、レストランとブライダル施設があるメイン棟に分かれる。そしてその間の移動は、南の島のリゾートのようにカートを使う。これだけでもリゾート気分が増すというものだ。宿泊したのは「辛夷」というな名前が付いたレークビューの端正な客室。全室それぞれに花の名前が付けられ、その花をあしらったランプシェードや洗面ボウルに砥部焼の丁度が揃えられていると言う。

ホテル名にオーベルジュと冠するように、レストランはこの宿の要。湖と噴水を望む場所に長いカウンタを配し、その美しい景色を眺めながら目の前のオープンキッチンで調理された料理をいただく。美味と美景を一緒に味わえる、季節ごとに訪れたくなる宿だ。

■TOBEオーベルジュ・リゾート滞在記

美景の宿(2017年7月29日)

美味の宿(2017年8月5日)

:あくまで個人の嗜好・お気に入りの度合いです