000258633

新着記事

  1. 観泊接近の三部作/『王将』新ロイヤル大衆舎×KAAT

    神奈川芸術劇場(KAAT)の芸術監督に長塚圭史が就任した。2011年開館時の初代の宮本亜門、2代目の白井晃に続く3代目。芸術の創造、人材の育成、にぎわいの創出をテーマに、モノと人とマチを作る創造型の劇 ...続きを読む
  2. 禁酒法の時代に「In Room Dining」

    1920年から1933年にかけて、アメリカ合衆国において「禁酒法」が施行された。酒の製造と販売が違法となったが、スピークイージーと呼ばれた違法な酒場が乱立し、かのアル・カポネなどギャングたちの大きな収 ...続きを読む
  3. アートか、プロダクトか?エンタメだ!『佐藤可士和展』

    3度目の緊急事態宣言が発令され、飲食店では酒が出せなくなり、舞台や美術館は休業を「要請」されるとの報せに慌てて都心に向かった。陽気の良いこの季節に、のんびりランチを楽しもうという作戦だ。しばらく外飲み ...続きを読む
  4. ハイアットはサブオフィス?「ステイケーションの日々」

    週末毎にハイアットホテルズに籠り、仕事をしつつ休日を過ごしているのには訳がある。客室が広く仕事がし易く、朝食が美味しく、ジムがあってリフレッシュでき、そして何より「ワールド オブ ハイアット 」という ...続きを読む
  5. ハイアットはセカンドハウス?「ワーケーションの日々」

    コロナ禍の中、ブログの記事をアップする頻度が下がった。いろいろな理由があるけれど、週末に修行をしていたのが最大の理由だ。木曜の午後からパソコンを抱えてホテルに籠って仕事をして、土曜の夕方まで滞在すると ...続きを読む