ザ・テラスクラブ アット ブセナ〈沖縄・名護〉

リゾート(ビーチ)

  • ★★★ :ストレスなく滞在できる満足リゾート
  • 住所:沖縄県名護市喜瀬1750
  • TEL:0980-51-5113
  • URL:http://www.terrace.co.jp/clubatbusena/
  • 宿泊:2016年11月

画像クリックで拡大

IMG_2264IMG_7632IMG_2102IMG_2104IMG_2108IMG_2218IMG_2256IMG_2172IMG_2227IMG_2132IMG_2177IMG_2266

自ら“極上の”ウェルネスリゾートを標榜するように、確かにリゾート内にはWellness(健康をな心身と生活を求めるライフスタイル)な空気が満ちている。通年営業の屋外タラソプール、ジムなどの充実した施設があり、トリートメントなどのウェルネスプログラムが用意されている。朝食のメニューも、ビュフェスタイルながら、サラダなどのラインアップが素晴らしい。ナーベラー(ヘチマ)、ハンダマ、青パパヤー(パパイヤ)などの新鮮な島野菜が豊富に揃っており、海に向いたテラス席に座り、それらをシークワサーなどのドレッシングでいただけば、朝からバリバリ健康な気持ちになろうというもの。ホテル自慢のタラソプールは、滞在中何度でも利用でき、宿泊客は無料。予想以上に強いジェット水流に患部を当て、流れに逆らい、何種類ものジェットバスを巡る。本格的な施設であり、満足感も高い。インフィニティプールは営業期間外だったため利用できなかったが、眺めるだけでもリゾート気分が増す。小さいながらジムも快適。健康志向の高い宿泊客にはぴったり。

客室は全てクラブルーム。54㎡という広さ以上に開放感を感じるのは、窓を開け放てば視界の全てが海!という広いベランダと、バスルームとベッドルームの間の扉を開ければ、ビューバスになるという巧みな部屋のレイアウトの技による。大きなカウンタテーブルの上には、なぜか万華鏡が置いてあったり、遊びゴコロにも溢れている。全68室クがラブルームだから、宿泊客はフリーパスでラウンジを利用することができる。充実の朝食はもちろん、午後にはアフタヌーンティを楽しめ、夕刻のカクテルタイムにはスパークリングワインを飲みながらフィンガーフィードを味わえる。スモール&ラグジュアリーなホテルの良さは、団体客がいないこと、スタッフとの距離が適度に近いこと。慇懃ではなく、かと言ってフレンドリー過ぎない絶妙な距離感で接してくれる。

かつてサミット会場としても利用された大規模リゾート「ザ・ブセナテラス」に隣接し、相互利用が可能。すなわち、小ぢんまりした落ち着いたホテルに宿泊しながら、レストラン、ショップ、コンビニエンスストアなど、大規模施設のファシリティが利用できるというお得感があるホテルでもある。また、ブセナテラスをはじめとしたテラスホテルズ間の無料シャトルバスの利用もでき、空港から「那覇テラス」に向かい、そこからブセナまでシャトルバスを利用すればお得感も増す。*逆ルートも可。沖縄北部滞在の際には、ぜひおススメしたいホテルだ。

IGA“快楽主義宣言 ▪️「極上ウェルネスリゾート」2016年11月26日

スケープス ザ・スイート〈葉山〉

リゾート(ビーチ)

  • ★★★ :リピしたい!と妻がしみじみ宣言
  • 住所:神奈川県三浦郡葉山町堀内9
  • TEL:046−877-5730
  • URL:http://www.scapes.jp/hotel.html
  • 宿泊:2016年7月

画像クリックで拡大

Scapes1Scapes2Scapes3Scapes4Scapes5Scapes6Scapes7Scapes8Scapes9Scapes10Scapes11Scapes12

そのホテルを最初に知ったのは、雑誌に掲載された写真だったか、インターネットだったか、今となっては覚えていないのだけれど、直感的に「泊まりたい!」と思ったのだ。いわゆる一目惚れ。そして、全館に4室しかない客室が全てスイート(ジュニアスイート)であること、海に面していること、屋上にジャクージがあり貸切にできること、レストランの評判も良いことなど、知れば知るほど思いは募った。ところが、なかなか縁がない。一度は予約したものの、仕事の都合でキャンセル。その後は日程が合わず、何度も予約を試みたけれど、宿泊するチャンスが訪れなかった。

そして、2016年夏。チャンスはやって来た。妻の腱鞘炎療養と称し、金曜日から休みを取りどこかに宿泊しようと計画。さすがに連泊では予約できなかったが、1泊だけ「Ever green」というスタンダード(と言っても52㎡)の客室を予約することができた。事前に期待が膨らみ過ぎた場合、現実とのギャップに期待はずれという場合がある。ところが、このホテルは逆だった。

事前に予約確認の電話が入り、電車で向かうと告げると、到着の時間を教えてもらえれば、最寄りの逗子駅または新逗子駅まで提携のタクシーで迎えに行くという。チェックイン前の早い時間にホテルに到着し、クロスバイクを貸りたいという要望にも応えてくれた。それどころか、ウェアやシューズまでレンタルしてくれるという。チェックイン同様にライブラリーに案内され、ウェルカムドリンクと冷たいおしぼりで迎えられ、荷物を預かっていただいた。そしてホテルに戻ると「お帰りなさい」と迎えられ、フリーパスで部屋に入ると、ウェルカムシャンパンが冷えており、冷蔵庫の中のビール(それも地元の葉山ビール!)やソフトドリンクは全て無料だと言う。サイトにそのようなことは一切記載せず、さり気なく供されるサービス。これでもうこのホテルに恋に落ちたのは言うまでもない。

部屋はウッドデッキのベランダがついたワンルームタイプ。バスルームとベッドルームの間の壁はガラスだから、部屋越しのビューバス。Bang&Oulgsen製のオーディオ、シモンズのベッド、大きな液晶TVなど、スタイリッシュな室内。居心地良し。広いデッキにはティテーブルと椅子が2脚あり、ここで朝食をいただくこともできる。宿泊客は滞在中に1度無料で利用できる屋上のジャクージ。屋内と屋外にバスタブがあり、冷たいスイーツ付き。お気楽夫婦はシャンパンを持ち込んだ。都内からわずか1時間で日常から乖離した空間を存分に味わえる。オススメはしない。これ以上予約できないホテルになってもらっては困る。お気楽夫婦は、さっそく次回の滞在の計画を立てた。

■IGA“快楽主義”宣言 「海辺のHIDEAWAY」2016年7月10日

ザ リッツ カールトン 東京〈六本木〉

東京/TOKYO

画像クリックで拡大

外観クラブフロアでチェックインの後こんなものを飲みながらこんなものを食べつつこんな風景を眺めるベッドコーナーリビングボードドレッシングルーム夕暮れの風景を眺めながらシャンパンをいただく爽快プール快適ジャグージこんな夜景を眺めながらRitz1Ritz2RITZ3RITZ4

このホテルで味わうべきはその眺望。そしてクラブフロアとクラブラウンジのサービスだろう。比較的早い時間のチェックインだったこともあり、お願いして東西南北全ての方角の部屋を案内してもらった。各部屋で撮影させていただき、ビューを確認。そんな私のわがままにもスタッフはにこやかに対応し、少し料金は上がりますがと念を押し、最後の東京タワービューを薦めてくれた。なるほど。もちろん東京タワーの最高地点はリッツ カールトンよりも高い場所にあるが、展望台の高さはほぼ一緒。距離の関係もあり、タワーを見下ろす視点になる。そして遠くにレインボーブリッジ、お台場の観覧車なども望める。この眺望とアフタヌーンティや夕暮れ時のシャンパンサービスなど、クラブラウンジのサービスを味わうだけで、このホテルを利用する価値があるというものだ。

*2016年6月追記:クラブラウンジがリニューアルされたと聞き、再訪。スイートルームに宿泊したこともあり、以前よりゆったりと過ごすことができた。リニューアルされたラウンジは落ち着いたスタイリッシュな空間で、居心地の良い空間になり、スタッフのサービスも良し。国内のホテルのクラブラウンジの中ではトップクラスだと思う。お気楽夫婦が滞在したラウンジの中では断然NO.1。

*2枚目の写真と最後2枚の写真を比べると、新旧クラブラウンジの様子の違いがわかる。

【快楽主義宣言より】

「クラブフロアの愉しみ」 2008年8月9日

「東京を眺めるプール」 2008年8月3日

「東京のてっぺんから東京を眺める」 2008年8月2日

■「お気に入り度アップ」2016年6月12日

:あくまで個人の嗜好・お気に入りの度合いです