暮らすように過ごす「那覇での日々」

naha05naha01折り「沖縄そば」が無性に食べたくなることがある。都内でも何店かのお気に入り沖縄料理店がある。お気楽夫婦は揃って沖縄そば好き。2月中旬、愛娘(のような若い友人)たちと待ち合わせた那覇の人気(11時の開店時には行列ができる)店「OKINAWA SOBA EIBUN」は、そんな2人を満足させる店だった。私が頼んだのは「EIBUNそば」。三昧肉、本ソーキ、まかない肉が丼を覆い尽くすゼータクなメニュー。どの肉も食感は違えどほろほろ柔らかく、味付けも上品で、もちろん出汁も麺もバランス良く本気に旨い。

naha02naha03が選んだのは「釜玉ぶっかけ沖縄まぜそば」。これがまた絶品。美しく盛り付けられた生卵などの具材とそばとつけ汁が絶妙に絡み合い、てんこ盛りのパクチーを加えて食すと、これはもう悶絶モノ。その日は友人夫妻が早めに店に到着し、ウェイティングボードに記名してくれていたので、並ぶのが嫌いなお気楽夫婦もストレスなし。那覇の別荘(ハイアットリージェンシー那覇沖縄)からは徒歩圏ということもあり、リピート決定!それにしても、こうして書きながらあの味を思い出し、食べたくなる旨さだった。

naha04naha06後のお茶を!と向かったのは「mana(マナ)」という自然食(オーガニック)とおやつの店と謳う可愛いカフェ。友人が沖縄営業担当時代から良く通っていたという店。いかにも彼女好みのコンセプトと佇まい。のんびりまったりとスイーツをいただき、帰り際にお店のスタッフに孫(笑)が主役の写真を撮っていただく。祖父母と娘夫妻、そして孫という風情。何だか凄く嬉しいぞ。そう言えば、彼らとはもう3度目の沖縄。すっかりお気楽夫婦の馴染みになった別荘近くのバー「サクラザカ」にもご一緒したなぁ。

naha07naha08に向かったのは「土香る」という沖縄料理の店。ここも愛娘が営業の接待に使っていたというオススメの店。沖縄の伝統野菜、地元食材を使い、どの料理も丁寧な作りと仕上げ。前菜には手毬寿司、細もずくなど繊細でむむっと笑みが溢れる美味しい4種の料理が並ぶ。これは泡盛だ!と「北谷長老」をオーダーすると、「泡盛お好きなんですね」とカウンタ越しにスタッフからさらっと声がかかる。「フーチバとスイートコーンのかき揚げ」が涙モノの旨さ。他の料理もどれも2人の舌に合う。良い店だ。ここも再訪確定。

naha11naha12る日の夜は、2人が那覇のラビリンスと呼ぶ牧志のアーケード商店街を徘徊して気になった店へ。その名も「オキナワ酒場 波平テリトリー」。店構えもその店名も気になって店の前に立っていると、店の中から出てきた若者たちに「この店旨いっすよ」と声を掛けられ、ではと迷わず入店。清潔でこざっぱりとした内装。早い、安い、そこそこ旨い。これは確かにワカモノに人気のせんべろ店だ。普段使いにはぴったり。ホテルからも近いこのラビリンスにはこんな店が多く、ワクワクしながらそぞろ歩く。良い街だ。

naha09naha10れたある日は「波上宮(なみのうえぐう)」にお参り。名前の通り、那覇港を望む海岸沿いの高台に建つ琉球王国の総鎮守。シーサーの狛犬が迎えてくれる境内には、琉装の貸衣装で記念写真を撮るインバウンド観光客が溢れる。その帰途に「福州園」の庭園巡りでひと休み。別荘の隣にある「桜坂劇場」でなぜかF.トリフォー監督の『大人は判ってくれない』を観た後は、牧志の「ソイトビオ」というパン屋で買ってきたベーグルでランチ。もちろんジムで走って汗を流し、ラウンジでオリオンビールを飲むのも忘れない。

「この街での別荘暮らしも良いよね」と笑顔の妻。「ハイアットリージェンシー那覇沖縄」は、これで7度目の滞在。すっかり2人のお気に入りの定宿になった。馴染みの店や、街歩きのコースもバリエーションが増えた。季節ごとに、暮らすように滞在する、那覇での日々。次は初夏の頃に。

ママチャリの悲劇?「伊良部島&下地島」

miyako09miyako10地島に行くのなら、通り池に絶対に行ってみてください!」スキューバをやっている友人にそんなことを言われ、調べてみたら宿からの距離は7km強。では自転車で巡ってみようか。そんな発想をするのがお気楽夫婦。ホテルのレンタル自転車を使い下地島へ。2つの池(と言っても海水)が繋がっていて、さらに外海とも繋がっている珍しい地形。上級者向けのダイビングスポットとして有名な場所。深さで色が変わり、海岸線近くの石灰岩の地形と相まって実に神秘的。深みに引き込まれそうな青のグラデーションだ。2つの池を巡り、外海に出るダイビングルートを想像しただけで胸がときめく。

miyako11miyako12ころで、この知る人ぞ知る島は、隣接する伊良部島といくつかの橋で結ばれ、何と飛行場もある。元々は民間のパイロット養成のための飛行場として造られ、現在はスカイマークなどが1日数便運行しているローカル空港。この空港の滑走路の北端と南端に、それぞれ滑走路の呼び名でもある「35END」と「17END」と言う有名なスポットがある。南端の35 ENDの入江も美しいが、北端の17ENDは息を呑む美しさ。景観的には消波ブロックが気になるが、それくらいでは減点されない、圧倒的でクリアな青。飛行機の離着陸の際がフォトジェニックらしいが、ただ眺めるだけで幸福になる美景だ。

IMG_4062IMG_3938んな麗しの景観に調子に乗り、下地島、伊良部島をぐるぐると自転車で走り回ったお気楽夫婦。宮古島中心に10数人の兄弟がいるという「宮古島まもる君(写真は宮古島きよし君)」に会いに行ったり、キジムナーが住んでいそうなガジュマルの樹を訪ねたり、ローカルスーパーの「シモジスーパー」に「うずまきサンド」を買いに行ったり、沖縄そばと宮古そばの違いを確かめるべく「伊良部そばかめ」でランチをしたり、気が付いたら走行距離は何と(後に計測)30km以上 !! それも妻はタイヤが小さい組立て自転車で(汗)。

IMG_4055miyako13日はさすがに疲れたねぇ」と、夕陽の美しい海辺の店で食事をしながら妻が呟いた。小さなタイヤの自転車で、私のおそらく2倍はペダルを漕いだと思われる妻。*ママチャリとは言え私は通常のサイズの自転車で走った。その時は「疲れた」で済んでいたのだったが、後日「仙腸関節」を痛めていたことが発覚。何日かを経て、今まで経験のない(本人談)激しい腰痛に見舞われた。それでもスカッシュをやるために整体院、整形外科、パーソナルトレーナーなど、お金で解決(小声)できることならやる!と宣言し復活。ふぅ、やれやれ。

「富士スピードウェイホテルに行ったら、サーキットコースの一部を自転車で走れるらしいよ♬ なんだか楽しそうだけど、行く?」と、笑顔で提案する妻。それも本気で。お気楽妻の辞書には、「懲りる」とか、「学習する」ということばはなく、「楽しい」ということばが全ページに散りばめられている。

恋に落ちて「宮古島LOVE」

miyako01miyako023月に沖縄行くんですけど、一緒に行きます?」愛娘(のような若い友人)のシャレ半分のひと言に、「行く!」と即答したお気楽夫婦。育休中の友人夫妻は愛娘(こちらはホントの娘)をかつての仕事仲間たちにお披露目に行くのだと言う。さて、せっかく沖縄に行くのなら他の島にも行ってみようかと選んだのは宮古島。仕事で訪ねて以来40年ぶり、妻は初めての訪問だ。どこに泊まろうかと悩んだ結果、無料で渡れる橋としては日本一(3,540m)の「伊良部大橋」で宮古島と繋がった伊良部島の「ヴィラブリゾート」に決定。

miyako03miyako04古島空港から宮古ブルーの海が周囲360度に広がる伊良部大橋を渡り「ヴィラブリゾート」へ。6棟のヴィラが建ち並ぶ小ぢんまりとしたリゾート。全てのヴィラには広い庭とプライベートプール付き、そしてオーシャンビュー♬ 赤瓦の屋根の上にはシーサーが座し、沖縄とバリの建築が融合する落ち着いた佇まい。どうだ!と主張するのではなく、滞在するゲストに柔らかに寄り添う使いやすい設備や落ち着いた内装。これは素晴らしい。

miyako05miyako06縄の食材を使った洋食と和食が選べる朝食のレベルも高く、シャキシャキの野菜(彼女の食事の評価は野菜の新鮮さにかかっている)を頬張り、お気楽妻も思わずにっこり。食事の後は、ホテルで借りた自転車(後に悲劇を招く)でポダリング。あえてサイクリングと記さなかったのは、ワタシはママチャリ、妻は小さな車輪の折り畳み自転車だったから。自転車のスピードで島を巡り、眺める景色の余りの美しさに、お気楽夫婦は揃って恋に落ちた。

miyako07miyako08?だって、この青さですよ。恋に落ちるのは必然。巡る湾ごとに、立ち寄った時間により、空の色により、陽射しにより、その表情を変える海。渡口の浜から下地島に渡り、広々としたサトウキビ畑の中の真っ直ぐ続く道を2人でのんびりペダルを漕いで行くと、雲の間から天使の梯子が降りてくる。そしてその先には初めて見る多彩なブルー。少し疲れたなと砂浜に下りればブルーシールアイスクリームを供する茶屋がある。これは楽園です。

あ、こうして書き記していると、あの暖かな南の島の甘美な時間を思い出してしまい、またすぐに行きたくなってしまうので、今夜はこの辺で。続きは後日。

002146339

SINCE 1.May 2005