マイクロツーリズムvol.1「恵比寿とサッポロ」

Ebisu12020年にインバウンド観光客4,000万人!というのが日本政府の目標だった。2019年の実績は3,188万人。2003年に観光立国を目指すと宣言して以来、2018年までの15年間で来日観光客は6倍に増えた。ところが、2019年は日韓関係の悪化で韓国からの訪日客が激減し、対前年2.2%の増加に止まった。そして2020年、新型コロナウイルス拡大防止のため各国は渡航を制限し、予定されていた東京オリンピックは延期された。

Ebisu2実上、これで訪日客の目標達成は不可能となった。さらに、国内においても都道府県を越えた移動の自粛要請により、観光産業は惨憺たる状況だ。ところで、2019年の訪日客の消費額は4.8兆円に対して、日本人の国内観光消費額は22兆円、さらには日本人が海外渡航で消費する金額は1.1兆円(2018年:国内消費分)もある。つまり、地元での観光・旅行=マイクロツーリズムが国内観光産業を救える可能性があるのだ。GO!

Ebisu3テルに泊まりに行こう!」緊急事態宣言が解除された日、ホテルジャンキーの妻が宣言した。都内から出るのは避けたい。広い部屋で、クラブラウンジとジムがあって…と選択した結果、「ウェスティンホテル東京」が残った。宿泊は約20年ぶり、お気楽夫婦が行きたかったホテルのジムが軒並み休業中だったが故の、消極的な選択。とは言え、決め手となったのは「グランサイズ恵比寿ガーデン」というジムの存在だった。

Ebisu4ランサイズ恵比寿ガーデン」は今でこそコナミスポーツの傘下に入ったが、以前はサッポロビールが保有していた超高級クラブ。月会費は約3万円以上、同伴ビジターですら6,500円!という破格の施設。それだけに施設は豪華で、クラブハウスまである。それがウェスティンに宿泊すると2,500円で利用できるのだ。…宿泊費は高いけど(汗)。そしてもちろんお気楽夫婦が利用したかったのは、2面あるスカッシュコートだ。

Ebisu5ラブのある「恵比寿ガーデンプレイス」は、ヱビスビールの工場があった場所。ちなみに、恵比寿に工場があったからヱビスビールなのではなく、ヱビスビールの出荷のために、最初は貨物駅として恵比寿駅ができ、後に周辺の地名も恵比寿になった。そう言えば、ガーデンプレイス着工前に、工場跡地が「ファクトリー」という期間限定のスペースになり、古巣のぴあが毎年恒例の創業記念イベント会場にしたこともあった。

Ebisu6ッポロビールの本社はガーデンプレイスにある。私は黒ラベルもヱビスも大好きだし、箱根駅伝のスポンサーでもあるサッポロビールの好感度は高い(当社比)。スカッシュで汗を流した後に、「WINE MARKET PARTY」に立ち寄ると、ビールコーナーはサッポロ商品一色!!。さすがサッポロビール城下町。何本か買い求め客室へ戻る。ぷはぁ〜っ!と昭和初期に人気だったと言う限定発売の「サクラビール」を飲み干す。旨し。

IMG_8237比寿ガーデンプレイスには多くの飲食店が入っており、中でも「ジョエル・ロブション」は超の付く有名店。けれど高級フレンチの料理は小食のお気楽夫婦にとっては余りに量が多く、残念ながら未訪問。行ってみる?との問いにも妻は「きっと食べきれない(涙)」と断念。代わりに伺ったのは「ロティサリー・ブルー」というお手軽フレンチの店。2人の好物のお気軽で本格的な蕎麦粉のガレットをいただく♬

IMG_8243味しいね。これぐらいのボリュームでちょうど良いね」と妻も笑顔。美しい夜景とデザートのチーズケーキを味わいつつ、恵比寿の夜を堪能する。こうしてご近所の旅、恵比寿とサッポロを味わい尽くすマイクロツーリズムの夜が更けていった。移動の時間も交通費も軽く済み、地元の歴史と地元の味を楽しむ。遠くまで行く必要もなく、“旅”することができる。良いじゃん、ご近所の旅。良いじゃん、マイクロツーリズム。

「ん?ウチは前からこんなことしてなかった?」ん、してた…。

幸福の到来物「チェーン・クッキング」

Bistro1騨牛がやって来た。丸い缶に詰められて、6缶セットで。ギフトカタログから選んだ「キッチン飛騨」という飛騨高山の老舗ステーキレストランの「黒毛和牛ビーフシチュー」という美味しい到来物だ。このギフトカタログで商品を選ぶ行為が大好きだ。明からさまに価格はわかってしまうけれど、全国の名産品を自宅に居ながらにして選んで味わうことができる。贈る側が選ぶのではなく、贈られる方が選べる合理性が良い。

Bistro2阪からイベリコ豚もやって来た。創業85年のイベリコ豚専門店「スエヒロ家」の生ハム。イベリコ豚専門というのが驚きだが、調べてみると他にも同様にイベリコ豚専門の店が各地にあることを知った。さらにこの店を調べてみると、実店舗は大阪府池田市の石橋商店街にある、何の変哲もない小ぢんまりとした肉屋。きっと私は訪れることがない店だ。それがネットで我が家に生ハムを届ける商売をやっている。凄い時代だ。

Bistro3前はきっとお互いに会うこともなく、出自も国籍も違う、飛騨牛とイベリコ豚の出会いを演出してみた。飛騨牛のビーフシチューは温めるだけ、イベリコ豚はサラダとして野菜と合わせるだけだから、出会いの場の演出はいたってシンプル。存在感がある飛騨牛は、缶詰類にありがちな「あれ?肉はどこ?」といった寂しさがない。イベリコ豚もドングリの甘い香りを堂々と主張し、野菜とも馴染んでいる。どちらも旨し。

Bistro4べきれなかったイベリコ豚は、さっそく翌日に形を変えて登場していただいた。カリカリのバゲットとクリームチーズと組み合わせたバゲットサンドだ。これも料理と呼べる程のものではなく、3色のアスパラガスに主役を譲る名脇役として。アスパラにはオランデーズソースでしょうとメニューを考えた時に閃いた。さらに翌朝にはお気楽妻が大好きなあのメニューに挑戦だ!そして必然的にスモークサーモンのサラダが加わる。

Bistro5によって、量はこれだけ?ランチメニュー?それとも前菜だけ?と訝しがられるだろうラインナップが、少食のお気楽夫婦にとっては立派なディナーになる。メインは何?という問いには、アスパラガス!と迷わず返す。それぞれ歯応えと味わいが微妙に違う、白、緑、紫(茹でるとほぼグリーンと変わらない色合いが残念)の3色のアスパラを濃厚なオランデーズソースで楽しむ。今が旬のアスパラトリオは堂々たる主役だ。

Bistro6朝、いよいよ家庭では不可能と言われた(当社調べ)エッグベネディクトの登場だ。この一皿のために前夜のメニューがあった。マフィンをカリッと焼き上げ、ポーチドエッグとたっぷりゼータクに乗せたスモークサーモンの上にオランデーズソースをかける。コーヒーとミルクティを淹れつつ、サラダと一緒に完成したエッグベネディクトを盛り付ける。この一連の工程を同時進行で行い、何れも熱々の内に出す事が難しいのだ。

Bistro7も気を使ったのは、ポーチドエッグだ。コーヒー用の紙フィルターに卵を割り入れ、鍋の側面に貼り付けるように茹でよ、とネットでどなたかが教えてくれた通りに挑んだものの、初挑戦にして本番。Let’s try it ! と2人分の卵を投入。茹で加減と見栄えも含めたポーチドエッグの出来が決め手だ。そして、フィルターの形状によってラグビーボール型になってしまったものの、無事に完成。ソースをかけてしまえば大丈夫。

Bistro8ぉ〜っ!美味しそうだ!」起き出して来た妻が、歓喜の声を上げる。大好物の料理の前ではさすがにテンションが上がる模様だ。そして、卵にナイフを入れると、トロリと黄身が流れ出す。グッジョブ!上手く行った。「これはもはや家庭の味ではないね♬」妻も絶賛。贈っていただいた牛と豚から始まったチェーン・クッキングは、これにて無事完結。幸福をもたらしてくれた到来物だった。またいつでもお待ちしてます♬

テイクアウトは止まらない♬「ご近所デパ地下通り」

Takeout1気楽夫婦が住む街は飲食店が多く、それもチェーン店だけではなく、地元の店が頑張っている貴重な街だ。自粛要請でほとんどの飲食店が店内営業を控え、テイクアウトを積極的に行っているため、ご近所の商店街はまるでデパ地下のようだ。2人の住まいを中心に、徒歩2分以内に30店以上テイクアウト可の店があるだけでなく、店頭に商品を並べ、声がけをして販売しているのだ。*MAPは商店街加盟の店のみでこの店舗数!

Takeout2日がテレワークの2人は、昼夜の食事の半分以上をテイクアウトで地元飲食店の応援をしている。例えばある日のランチは『焼鳥屋 優』の焼鳥重と親子丼。まだ未訪問のOPENして2年目ほどの店舗で、エレベータのないビルの4階にある。そのロケーションも未訪問の理由ではあった。だからその日は商店街の中程にある人気の団子屋の店頭にあった弁当を手に取り、旨そうだけどどの店だっけ?と一瞬悩んだのだった。

Takeout3味しいね、これどっちも!」滅多に積極的に感情を表にしない妻が、声に出して称賛した。そう、見た目通りに、いや見た目以上に美味しかったのだ。親子丼は鶏肉が柔らかく出汁は上品で、半熟の卵が絶妙に鶏肉とご飯に絡む。ストレートに旨い。ネギマ、つくね、そぼろなど具沢山で味の変化があって、最後まで楽しめる焼き鳥重は目を見張る美味しさ。定番のランチにしたいと思う程舌にフイットした。夜も行かねば。

Takeout6たある日、「おつまみセットいかがですかぁ!」と元気な声に、思わず足が止まり買って帰ったのは、『酒場アカボシ』という居酒屋で2度目のテイクアウト。この店も団子屋の軒先を借りて出店を出している。そんな互助の精神こそが商店街の良い所。前回は茶色系の居酒屋料理で埋まっていたセットだったのに、今回はパプリカの赤やサヤエンドウの緑が鮮やかなアクセントで美味しそう。ちゃんと学習し進歩してるね。感心。

Takeout7酒屋メニューだからと大皿に盛り付ける。テイクアウトの料理を美味しく食べるコツは、この盛り付けに尽きる。まぁ、それしかやることないし。芝海老の天ぷら、鰆の柚庵焼き、牛時雨煮などと、メニューを居酒屋風の下手ウマな字で書いてあるからありがたい。何を食べてるか分からないのは味気ない。このメニューを眺め、次は何を食べようかなどと悩みながら、酒をグビリ。居酒屋気分を堪能。店が再開したら行かねば。

Takeout4たある日の夕餉は、人気の焼鳥屋『若竹』の焼鳥盛合せとモツ煮。おそらく軽く数十回は訪れている店だが、オーダーするメニューは毎回ほぼ同じ。中でもこのモツ煮は欠かせない。優しく上品な味付けと絹豆腐を使っているのが妻の好みに合うらしく、この店のだけは喜んで食べる。そのモツ煮の持ち帰り容器がそのままレンジで温められる専用の物だったのは意外。店で食べてこその料理だけれど、この心遣いは嬉しい限り。

Takeout5鳥は、持ち帰りでも絶品。レンジで軽く温めて、低温のトースターで仕上げる。中まで温かく表面もカリッと仕上がる。ん、んまい。すっかり持帰り料理の温め方のコツをつかんだ私だった。この料理なら芋焼酎だなと、グビリ。閉店時間も代金も帰路の心配もないから、つい飲み過ぎてしまうのは家飲みの注意点だ。もちろんカロリー摂取量の多さと運動不足により、お腹周りを中心に太ってしまうことも要注意だ。危険だ。

Takeout8ンライン飲み会やるんだけど、どの店が良いかな」とお気楽妻が悩んで(楽しんで)いる。同じ部署だった(彼女は今も同じだけど)メンバーで、一線を退いた担当(だった)役員の古希のお祝いを(こっそり)やるのだという。だったら料理が映える『38(さんぱち)食堂』でしょうとメニューをチェックする妻。そして野菜を中心とした前菜とメインを一品選び、「キャロットラペを作って♬」とビストロ808にもオーダーが入った。

Takeout9の店も何度も訪れているが、テイクアウトは2度目。事前にタッパーウェアなどを持参すると容器代が無料になるという、ご近所ならではのエコなサービスもある。オンライン飲み会当日、画面に現れない私はせっせと家事三昧。ラペを作って持ち帰った料理と一緒に皿に盛りつける。自分が作ったラペをメインに、なかなか見目麗しい一皿になった。PC の前で妻が嬉々としてノンアルコールビールで乾杯。私は画面の裏で。

Takeout10IGAさん、いらっしゃいますかぁ。乾杯!」しまった。油断した。参加者は全員かつての同僚。画面の片隅から遠慮がちに参加する。「IGAさんたちのトコだけ、なんだか料理が違う!キレー!」よし。目標は達成。家事をしながら緩やかに飲み会に参加。画面上からでもそれぞれの個性が出て、客観的な視点でも楽しめる飲み会だ。お祝いのサプライズも成功し、会は無事にお開き。「楽しかったな」と妻。それは良かった♬

オンラインだからこそ久しぶりに会えたメンバーもいる。これがきっと日常のひとつになるのだろう。テイクアウトも、テレワークも、ウイルスの脅威が収まったとしても、今までよりずっと定着し“新たな日常”になっていくのだろう。「こんな生活のスタイルも悪くないよね」まだまだ休日勤務は残るものの、深夜残業は激減した妻も満足気。とは言え、これからどうなるかは分からない。分かりたくもない。たったひとつ確かなことがあるとするのならば、テイクアウトは止まらない。

001725080

SINCE 1.May 2005