インバウンド混雑前に「オトナの京都旅」

Kyoto01ロナ禍で遠出ができなかった2年余り、都内中心のホテル三昧だったお気楽夫婦。それはそれで楽しいけれど、やはり、どこか遠くに行きたい♬と、歌ってしまう日々。ワクチンも打ったし、インバウンド観光客が街に戻り、街々の通りに溢れる前にと京都に向かった。梅雨入り前、街歩きには良い季節だ。京都初日、鴨川沿いのビストロ「イカリヤ食堂」で、暮れなずむ景色を眺めながら白ワインをぐびり。幸福な旅の時間だ。

Kyoto02日はホテルで自転車を借り、インバウンド人気の伏見稲荷大社に向かう。この社は観光客が戻って来たら大混雑間違いなし。今行っておくべきリストの筆頭だ。ところが、お気楽夫婦は忘れていた。修学旅行生の存在だ。今時の修学旅行は少人数でタクシーを駆って、機動的に街を動き回る。伏見稲荷にもさっそく何組ものグループがワサワサと溢れ始めていた。とは言え、最盛期には遠く及ばない人出。ゆったりと参拝できる。

Kyoto03えるスポットとして人気の千本鳥居でも、ほぼ人のいない状況を待って撮影ができる。これはかなり嬉しい。ここの混雑ぶりは数年前だったら朝の通勤風景と同じだったはず。「来た事あったかなぁ。子供の頃に来たと思うんだけどなぁ」と言う妻は、果てしなく連なる鳥居に新鮮な眼差し。私も学生時代に訪ねて以来、実に数十年ぶり。ほぼ2人とも初見。幻想的な朱色のトンネルの、場所本来の神々しさを味わうことができた。

Kyoto04荷山の麓、池畔に建つ「バーミリオンカフェ」も外国人客に人気のカフェとのこと。けれどその日は待つ事なく入店でき、池を見下ろす最前列の席へ。新緑と蚊取り線香の煙(笑)に包まれながら、のんびりとした時間を過ごす。池には街では見かけない大型の鳥が翼を休めていたり、アメンボウが水面を滑っていたり。長閑である。すると、「あ!ヘビが泳いでる!」と妻。確かに長めのヘビが悠々と。…長閑にも程がある。

Kyoto05回の京都旅の宿は「パークハイアット京都」。2019年に日本国内2番目のパークハイアットとして開業し、早々に訪れたいと思いを寄せていたのに、コロナ禍で叶わなかった待望のホテルだ。東山の丘麓、高台寺に隣接し、老舗料亭「山荘 京大和」の敷地内に建つ、抜群のロケーション。高級旅館を思わせる車寄せでスタッフに迎えられ、中庭を横目にアプローチを歩き、エントランスを入った瞬間、空気が変わった。

Kyoto09謐な空間に柔らかなホテルスタッフの笑顔と挨拶が溶け込み、リラックスした時間の中で、背筋はピンと伸びる。心地良く嬉しい緊張感。そして客室に入った途端に術中にハマる。山肌に沿って建つ独特の構造で、エレベータを2度も乗り換えて6階の客室に着いたはずなのに、広い窓ガラスの向こうには緑豊かな庭が広がる。そして樹々の奥には京都市街と八坂の塔。はい、参りました。2人揃って、ストンと恋に落ちた。

Kyoto06んな魅惑的なホテルからのダメ押しは、夕刻にやって来た。予約して向かったバー「琥珀」。京都の街に向かって広がる窓、八坂の塔を望み、京都市内を一望できる、これぞ「The KYOTO」と言う眺め。その景色に正対するカウンタに座り、沈む夕陽にぴったりの赤いオリジナルカクテル「ザ ガーデンズ」をいただく。カクテルと同様に顔を真っ赤にしながら、この恋がディープなものになったことをはっきりと自覚した。

Kyoto07れにしても、このホテルはずるい。この景色はずるい。イケズだ。決して自分のものではなく、借景としてただ眺めさせてもらっているだけなのに、独り(2人)占めしているような、この所有感。そして多幸感。すっかり魅せられてしまった。「きっとまたここに来るね、私たち。と言うか、絶対に来なくちゃだね」妻がそう呟き、私は深く頷く。オトナの京都旅に相応しい宿、パークハイアット京都。再訪必須のホテルだ。

オトナの社会科見学「YAMAHA & 春華堂」

hamamatsu01ロナ禍前は、年に何度か妻の故郷である浜松に向かうのが恒例だった。年末年始、GW、そして秋の3回が基本。その度に往復の新幹線で催す2人だけの車内宴会が楽しみだった。それが叶わなかった2年余りを経て、久々に新幹線に乗った。品川駅で「腰塚」の肉肉しいおつまみセットとビール、ワインを買い込み、恒例のプチ宴会。これは義父母と過ごす数日間、マスオさんになるための通過儀礼のようなものでもある。

hamamatsu02回のマスオさんにはミッションがあった。いつも通りに家事三昧、家族の食事を供する以外に、義父母を外に連れ出すという新たなテーマ。義父が免許を返納し、身体のあちこちが弱った義母と一緒に遠出ができない。買物や病院など生活に必要最小限な外出だけで、何かを楽しむための外出がなくなってしまった。そこで、オトナの社会科見学。まずは「YAMAHA」の企業ミュージアム「イノベーションロード」にGO!

hamamatsu05元浜松の誇る世界的企業ヤマハが本社改築の際に構内に作った展示施設。単なる企業の歴史や製品の紹介に留まらず、見て、聞いて、触れて、体感できるワクワクのスペースだ。展示しているほぼ全ての楽器に触れたり、スーパーサラウンドシアターでミュージシャンの3D演奏が聴けるのだ。会場から借りた車椅子に乗った義母は、義父に押してもらいながらピアノに触れたり、それなりに楽しんでいる模様。良かった♬

hamamatsu06れにしても、この施設は素晴らしい。事前に予約は必要ではあるけれど、入場料は無料。自社製品と同様にスタイリッシュな展示と、展示品に触っても良いという大らかさが同居する空間。あぁ、そう言えば家具やスキー板、テニスラケットなどもあったなぁと、エモい(無理してます)気分が溢れる。その最たるものがヤマハ主催の「ポプコン」「世界歌謡祭」。さらに遠い目になる。上條恒彦、中島みゆき、小坂明子…あぁ。

hamamatsu07父母を連れた社会科見学は滞在時間は限られる。車椅子での移動とは言え、長時間の見学は疲れてしまう。けれど盛り沢山の体験展示は短時間では回りきれない。サイレントドラムをもう一度(これが実に楽しいのだ)試してみたい。これは再訪するしかない。そうだ。今回は諸事情がありご一緒できなかったヤマハOBであり、スカッシュ仲間のM岡さんをお誘いして、製品にまつわる裏話?も含め解説していただこう♬

hamamatsu09会科見学第2弾は、浜松土産と言えば「うなぎパイ」。その製造メーカーである「春華堂」が「浜松いわた信用金庫」とコラボして、「スイーツバンク」という施設を作った。家庭の食卓風景を13倍のスケールで忠実に再現した建物に、直売店、カフェ、信金の支店が入っている。現地に行って驚いた。予想より相当にデカい。これはすごい。信金の折込チラシがダイニングテーブルの上に乗っていたり、茶目っ気がたっぷり。

hamamatsu11して浜松と言えば、やはりウナギ。浜松はその絶妙な地理的特性で、関東風、関西風、そして名古屋風のひつまぶしを出す店がある。ちなみに浜松では「うな茶」と呼ぶ。そのうな茶を出す人気の老舗「八百徳」へ。外食は久しぶりという義父母と何種類かのウナギ料理を分け合って食す。実に旨い。浜松でウナギを食べるというのもお約束ながら、家族で外食できることの嬉しさも一緒に味わう分、何倍も味わい深い。

hamamatsu10疲れさま♬」帰路の新幹線宴会はマスオさんの慰労会。それにしても、あと何度この小宴会ができるのか、いつもしみじみ思う。一緒にタクシーに乗る度に「免許返納でお願いします」と何だか晴れやかに告げ、割引をしてもらう義父。自分たちで決めた時期に、さっぱりと車を親戚に譲り免許を返納した。己を知り、分相応に生き、不要な欲を持たず、羨ましがらない。穏やかな老後を送る2人。かくありたいと思う姿だ。

「元気はつらつ!じゃない分、かえって健康寿命が長いのかもね」と妻。人生100年を2人揃って実現しそうな義父母。ひとり娘のお気楽妻のためにも、これからも健康で長生きして欲しいものだ。

ノンストレスのサービスとは♬「ハイアットフリーク」

Hyatt01の中には多方面にフリーク(熱心な愛好家)が存在するが、なかなか他人には理解できないものも多い。お気楽夫婦は、ホテル・フリークであり、中でもハイアットホテルズを愛して止まない。愛するが余り、ハイアット修行の旅に出ている程。それは「WORLD OF HYATT」という会員制度の最高ランク「グローバリスト」であり続けるための修行。その資格は1年間に60泊という高い壁を超えて得られるもの。ほら、理解不能。

Hyatt0260泊と言えば、6日に1日、毎週1泊以上はハイアットホテルズに泊まるというハイペースで初めて達成できる水準。目指そうと言うことがすでにおバカである。しかし、現在のお気楽夫婦の会員資格はグローバリスト。コロナ禍の昨年、特別企画で宿泊数がダブルカウントされ、達成基準が下げられた30泊(すなわち実質15泊)で達成できたのだ。但し、会員資格は1年更新だから、1年限りのなんちゃってグローバリスト。ふぅ。

Hyatt03のグローバリストであり続けるという目標は、妻の卒業(定年退職)旅行の際にその資格をフル活用したいと言う目的に基づいている。現在の資格の有効期限は2023年2月。それを最低1年、少なくとも妻の卒業時まで延長しようと言うもの。そのための修行に入り、これまでは順調にいくつかのマイルストーンまで進んで来た。それと言うのも、経済的負担は別として、修行が全く辛くないから(笑)に他ならない。そりゃそうだ。

Hyatt04行そのものが好きなホテルに滞在して楽しむことだから、ただ辛くないだけではない。心地良いのだ。例えば、パークハイアット東京でのチェックイン時、少し早めに到着した2人はホテル内でランチを取って待つつもりでフロントに荷物を預けた。ところがフロントマンはチェックインの手続きをしてくれただけではなく、どこでランチを取るか伝えなかったはずなのに、席まで客室のキーを届けに来てくれたのだ。びっくり。

Hyatt05室に入ると、さらにびっくりが2人を待っていた。宿泊を伝えていなかったのに、懇意にしていただいているスタッフの方からワインとフルーツが届けられていた。事前にお伝えするといつもお気遣いいただくので、こっそり泊まる(笑)計画だったのに。そしてご機嫌のままでいつもの天空のジム「クラブオンザパーク」に向かい、受付で部屋番号を伝えると、2人のサイズのシューズが速やかにスタンバイされる。これは嬉しい。

Hyatt06して夕食時、いつもの「NYバー」でがっつりと頼んでしまった料理を食べきれず、ダメもとで部屋に料理を持ち帰っても良いかとスタッフに尋ねると、「もちろんです。お部屋にお持ちします」と笑顔で即答。ん?思わず目を見交わすお気楽夫婦。2人の聞き間違いかと思ったら、やはり持って来ていただける模様。部屋に戻るとすぐに、銀のトレーに恭しく乗せられたフレンチフライが後を追ってやって来た。これは凄い!

Hyatt07かを遠慮がちに(←これ大事)お願いすると、速やかに(←これも大事)期待以上の対応が返って来る。2人にとって、これは究極のノンストレスのサービス。ホテルに2人が望むのは、過剰にへりくだり気取ったサービスではなく、フレンドリーで気が利いたサービス。旧来の日本のホテルは、お高く止まり、ゲストを無用に緊張させ、融通が利かず、ゲストが気疲れするサービスが多かった。それではリラックスできない。やれやれ。

Hyatt08念ながら、全てのハイアットホテルズが2人の望むサービスを提供できている訳ではない。チェックイン時に手間取ったお詫びに頂いた無料ドリンク券を、バーのスタッフの勘違いサービスで台無しにされたり、卓球(アイディアは凄いのに)用に提供された宴会スペースが事前の予約をしたにも拘らず(黒服のスタッフが2人も会場まで着いてきたのに)エアコンが入っておらず、蒸し風呂状態だったり。←これはかなり困った。

お気楽夫婦は、決して高慢で傲慢な宿泊客ではない、と思っている。心地良く嬉しいサービスに対してはキチンと感謝を伝え、宿泊後のアンケートにも賛辞を記す。*私の名前で妻が回答するので内容は正確には分からないが。

満足できるサービスや味に対しては、きちんと対価を支払うだけでなく、リピートするという最高の評価を贈る。だからこそ、パークハイアット東京には20回以上、40泊以上泊まり、パーティを2回も開催している。それが最高の評価で、最大の賛辞だ。お客さま(宿泊客)は決して神様ではなく、ホスト(ホテル)から心地良いノンストレスのサービスを享受できる、幸福で対等なゲストだ。だから、明日もお気楽夫婦は辛くも苦しくもない(そうあって欲しい)修行を続けるのだ。お〜っ!by妻。

002020312

SINCE 1.May 2005