理想の住まい「パークスイートキング」

Park01Park02気楽夫婦宅をフルリノベーションした2014年、理想の住まいとして頭に描いていたのは「パークハイアット東京」の客室「パークスイートキング」だった。かたや100㎡のスイートルーム、こちらは僅か54㎡余りのマンションと、広さは倍近く差があるけれど、“憧れの住まい”だ。

Park03Park04修設計を依頼するに当たって、ホテルのスイートルームが理想と伝えていた。それが「パークスイートキング」。ポイントは、ドアは引き戸にして開放した際にはワンルームのように見渡せること。そして、動線が行き止まりにならないウォークスルーのレイアウトだ。

Park05Park06えて、デコラティブな意匠は避けて、スタイリッシュなデザインにすること。それらが実現すると、広さを感じる仕上がりになる。そして照明は間接照明やダウンライト、スポットライトを多用することで部屋の陰影ができ、昼と夜の印象を大きく変えることができる。

Park07Park08屋と部屋の境目を曖昧にして、閉じた空間は作らない。例えば、ベッドルームからすぐにバスルームに行くことができて、くるっと回ればエントランスに至るというレイアウト。風呂上がりにすぐにベッドに倒れ込めるのは、かなり便利でオススメだ。酔っ払った時は特に(汗)。

80818082ークスイートキング」の写真の中に、こうして我が家の画像を何枚か紛れ込ませても、違和感がない。…言い過ぎか。それにしても、パークスイートの同じ場所の昼と夜の2枚の写真を比べると、印象が変わるのが分かる。昼夜どちらもスタイリッシュなのは同じ。

Park11Park12回りの配置も見事。扉のない開放的なバスタブ、ガラス張りのシャワーブース、ダブルボウルの洗面台、トイレ、ウォークインクローゼットが直線的に配され、実に機能的で使い易い。そして水回りに限らず、壁面の至る所に鏡が貼られ、錯視でさらに広さを演出している。

Park14Park15こにキッチンがあったら住めるし、住みたいねと妻に問うと「キッチンなくても良いよ。ニューヨークバーとかデリカテッセンとかあるし」と即答。その答えこそ、お気楽妻のお気楽妻たる所以であり、私が到底及ばない達成不可能な境地だ。「あ、ジムもね」はい、降参です。

憧れの理想の住まいに居住することは叶わなくても、こうして短期間滞在し、住人気分でその雰囲気に浸る生活も悪くない。微力ながらホテル業界を応援しよう!というお気楽夫婦のマイクロツーリズム、まだまだ続きます。

さて、ちょっとニューヨークへ♬「パークハイアット東京」

Park01Park02ークハイアット東京の「ニューヨークバー」は、お気楽夫婦が地球上で最も好きな場所のひとつだ。2人に何か良いことがあったり、何かのお祝いをしたい時に、またはこの場所にご一緒したい友人を招いて、このバーを訪れる。3泊4日の今回のゼータク合宿で訪れたのは2度。

Park05Park06NYに行くには客室用とは別のエレベータで最上階の52階へ。最初のワクワクはそのエレベータを降りた瞬間。フワッと夜景の中に歩き出せるような錯覚に陥る。滞在中2度目の訪問は若いカップルと一緒に。すると期待通りに「わぁ〜っ!すごい。素敵!」との反応。ふふっ。

Park07Park08分たちの大好きな場所に友人たちをお連れして、彼らに喜んでもらえることほど嬉しいことはない。ましてやその日は年下の可愛い2人。姪っ子、甥っ子を連れてオトナな時間を味わうような愉しみがある。「素敵な店ですね」と言われると自分たちのモノでああるように嬉しい。

Park03Park04は彼らとはお昼に「ピークラウンジ」で待ち合わせ、アフタヌーンティをご一緒していた。ハリー・ウィンストンとコラボした宝石のようなスイーツ三昧。そしてNYバーの後は客室で深夜まで、パークハイアットを堪能してもらった。楽しそうな友人たちの顔を見るのは嬉しい。

Park10IMG_1307気楽夫婦のゼータクホテル滞在には、ほぼ毎回友人たちをお招きする。せっかくの広い部屋を2人で過ごすよりも、友人たちと一緒に楽しんだ方がお得という発想。とは言え、このご時世だから1日1組2人限定のご招待。若いカップルの前日はスカッシュ 仲間と部屋飲み。愉しいっ♬

Park11Park12食のお約束は、お気楽妻の大好物エッグ・ベネディクト。そして私は和定食。ドコモタワー、東京タワー、スカイツリーのトリプルタワーを眺めながら、インルームダイニングでいただく朝食は、和洋折衷で選べるから嬉しい。「3日あると他のメニューも選べて良いね」と妻。

Park13うなのだ。これまで最長2泊の滞在では、どうしても食べたいいつものメニューだけを選びがち。選択の幅が狭い。3日目の朝に妻が選んだのは、フレンチトースト。これが素晴らしい美味しさ。ふわふわしっとりで香り高い絶品。「やっぱりパークハイアットは良いなぁ」と妻が繰り返す。サービスの細やかさ、スタイリッシュなのにフレンドリーなホテル全体の佇まい。そして美味しい食事と飽きる事ない爽快な眺め。

「ここに住みたいなぁ…」と呟く妻。さすがにそれは無理だけど、やはりその気持は分かる。ではせめて、ちょっとニューヨークへ、というノリでこの地球上で最も好きな場所を訪れることができる生活を目指そう。「ん」と、妻が短く答えたのは、どうやら最大級の合意のようだ。

I’m Home ♬「パークハイアット東京」マイクロツーリズムvol.5

PHyatt00PHyatt01面玄関前でタクシーを降り、チェックインですかと尋ねられ、そうだと答えて荷物を預け、左手のペストリーブティックを横目にエレベーターホールに向か…おうとした所で、体温を計られ、手指のアルコール消毒を促される。ふぅ〜む。いつもと違うヴァカンスの始まりだ。

PHyatt02PHyatt03ラスの天井から夏の陽射しが降り注ぐピークラウンジから、ジランドール、ライブラリーと変わらないいつもの場所を通る頃には、気持ちと身体がこの空間に馴染んで来る。レセプションで「IGA様、お帰りなさいませ」と挨拶されて、あぁここに帰ってきたんだなぁと頷く。

PHyatt05PHyatt13内された客室は、いつものパークスイートキング。同行してくれたスタッフに雑談めいた案内を受ける。プールは予約制だが、ジムのマスクは必須ではないという。宴会担当のN氏はいらっしゃるかと尋ねると、早速確認していただき、NYバーに行く前にお会いする約束ができた♬

PHyatt06PHyatt07の日の予定も決まり、ではと早々にジムに向かうお気楽夫婦。何しろ今回は3泊4日で毎日ジム通いが必須の「ゼータク合宿」と2人が呼ぶ滞在だ。「クラブオンザパーク」というその天空のジムは、ホテル内のスポーツクラブとしては最高峰(標高ではなく)の爽快なロケーションだ。

PHyatt09PHyatt0845階のフロントからスパゾーンに向かうと、窓に面して明るく広々としたロッカールームに驚かされる。何てゼータクな造りか!と毎回思う。全てのロッカーに鏡が付き、さらに広く感じるエリアの床は心地良い絨毯敷き。バスローブやタオルは何ヶ所かに豊富に設置してある。

PHyatt10PHyatt11パにはジャクージやサウナがゼータクに配され、汗を流した後はバスローブを羽織って都庁を見下ろすリラグゼーションルームで身体を冷まし、汗が引いたところでライブラリーで雑誌を読む。トレーニングの後、のんびりと至福の時間を過ごす。これこそザ・ゼータクだ。

PHyatt12っぱりこのクラブに通いたい!」お気楽妻がかなり本気の口調で宣言する。何度計算しても、到底入会できる金額ではないが、気持はよく分かる。7mもの天井高があるジムのガラス窓から都心を眺め汗を流す。最新のマシン、フレンドリーなスタッフ、快適で清潔な設備。大好きなこのパークハイアット東京の宿泊がこの時期になったのは、ジムが休館だったから。2人にとっては、このジムあってこそのホテルでもあるのだ。

*2020年の夏は「都内(近郊)のお気に入りホテルでゼータクに過ごし、微力ながらホテル業界を応援する」ことが、お気楽夫婦のテーマだ。

001762066

SINCE 1.May 2005