会いたい、行きたい、食べたい旅「GW2023①金沢・鯖江」

kanazawa01kanazawa02活ということばは余り好きではないけれど、タイミングを逃さず、会いたい人に会い、行きたい場所を訪ね、食べたいものを食べることを心がけている。今年のGWは、そんな旅をした。北陸新幹線でまずは金沢へ。車窓の風景を眺めるのが電車旅の醍醐味のひとつだけれど、このルートの山々を望む風景は素晴らしい。高崎に近づくに従って赤城山の雄大な姿が望めるし、軽井沢に向かう途中で妙義山、その先に浅間山、善光寺平からの北信五岳が実に美しい。そしてクライマックスは富山平野から眺める立山連峰だ。そしてさらに金沢には旅のもうひとつの楽しみ、美味しい酒と料理が待っている。

kanazawa03kanazawa04沢駅に到着し、ホテルにチェックインする前に向かったのは駅ビル「あんと」の中にある「黒百合」と言う金沢おでんで人気の店。コロナ禍前、前回訪問の際には余りの行列の長さに入店を諦めた店だ。夕食には少し早い時間帯ということもあり、整理券ももらうこともなくスムースに入店。作戦成功。まずは、車中でずっと仕事をしていた妻に遠慮して、飲むのを我慢したビールをぐびり。お預けの時間が長かった分だけ更に旨し。そして待望の金沢おでん。スジ煮込み、ダイコン、タケノコなど、タッチパネルで選んだネタがあっという間に供される。柔らかく優しい出汁をまとった旨うまおでんだ。

kanazawa05kanazawa06の拠点となるホテルは、2度目の滞在「ハイアットセントリック金沢」。もちろん、ハイアット修行の一環だ。前回と同様にポイントでスイートにアップグレード。室内はウォークスルーのレイアウトで実に快適。金沢らしい弁柄の壁紙や館内のあちこちに配されたアートが楽しい。早めの夕飯の後だからとホテル内の「ルーフテラスバー」に向かう。ここはどこだ?というくらい、店内の客はYouばかり。Youがオープンエアのテラス席が好きなのは世界共通。お気楽な2人も、テラスのソファ席でまったりと金沢の暮れなずむ空を楽しむ。そして改めて生ビールをぐびり。良い旅のスタートだ。

kanazawa07kanazawa08日は金沢の街歩き。以前訪れた際に「ひがし茶屋街」「にし茶屋街」を歩き、その風情に惹かれたものの、少し違和感があった。何故だろうと考えてみて分かった。何だか映画のセットを歩いているような気持ちになるのだ。街の人が暮らしている気配はなく、観光客向けの土産物屋や飲食店の街なのだ。ではと、今回は「主計町(かずえまち)茶屋街」に向かう。鏡花通りを歩くと、昔からそのまま住み続けている風情の町家が佇み、良い感じ。「柳宗理記念デザイン研究所」に立ち寄り、彼の足跡を辿る。柳宗理は50年に渡り金沢美術工芸大学で教鞭をとった金沢所縁の人とのこと。ふむふむ。

kanazawa09kanazawa10計町茶屋街は浅野川沿いに昔ながらの料理屋や茶屋が立ち並ぶ風情ある街並み。記念館になっている泉鏡花の生家、鏡花が幼い頃に遊んだという「久保市乙剣宮(くぼいちおとつるぎぐう)」、その横から茶屋街に下る「暗がり坂」など、細い路地を歩いていると、まるで鏡花が生まれた明治の頃にタイムスリップしたような感覚に陥る。他の2つの茶屋街と異なり広くはない街でもあり、団体の観光客も少なく、裏通りの路地はひっそりとして、そぞろ歩くにはぴったり。好きだなぁ、こんな街並みと呟くと、いいね、と妻も呼応する。桜の頃や夜の食事のためだけにでもまた訪れたい街だ。

kanazawa12kanazawa14沢の魅力は食にもある。前回の訪問の際にはゼータクに料亭と回らない寿司屋だったが、今回の旅はお気軽に食べるのがテーマ。妻の卒業後に長期滞在する街候補地の下見も兼ねているから、暮らすように旅する、普段使いのように食するのが基本スタンス。その日のお昼は兼六園横の茶屋で蕎麦と治部煮。散策途中の休憩で一服。近所を散歩したついでに立ち寄りましたという風情を演出。翌日のランチは回る寿司屋の姉妹店。地元の人で大行列の回転鮨屋を諦めて、お隣の系列店でいただいたお手頃ランチでも十分満足。更に寿司の上に金箔をあしらう辺りが金沢っぽく、旅人心をくすぐる。

kanazawa16kanazawa15の訪問先は、鯖江。一般的には「めがねのまち」だけど、お気楽夫婦にとっては大切な友人夫妻の住む街。前回の訪問から3年、お互いに久しぶりの再会前からワクワクだの、どきどきだのと、メッセージをやり取り。可愛いったらありゃしない。改札を出ると2人が迎えに来てくれているから、思いっきりハグ♬コロナ退散(まだ?)万歳!! 前から食べたかった福井名物「ソースカツ丼(絶品!!)」を堪能した後は、彼らオススメの「西山公園」へ。ツツジの名所とのことだけれど、まるでお気楽夫婦の到来に合わせたように満開。こんなツツジ見たことないぞっ!という絶景。街を挙げての歓迎(?)は感動モノ。

「いい時間だったなぁ♬ 途中下車して良かった」妻が珍しくストレートな感想を溢す。会っていないのにお互いにSNSで近況を知り合い、緩やかに繋がっている今だからこそ、会える時に会うことの嬉しさが増す。コロナ禍(終わってないけど)を経て、会えることの有り難さを実感する。だからこそ、きっとまた会おうね♬ 「行きたい、食べたいも、泊まりたい!も、だね」卒業間近の妻の鼻息は荒い。

コメントする








002156544

SINCE 1.May 2005