おみやげは雪だるま「ショコラティエ・ミキ」

Photo友人夫妻の主催するクリスマスパーティに招かれた。自宅に行きつけの寿司やの板さんを呼び、ダイニングでカウンタだけの寿司屋を開店。その上ワインセラーから溢れてしまいそうなボトルを好きなだけ飲んで!という豪勢な会。何か持っていこうか?という問いにも「ぜぇ~んぶ用意してあるから気を遣わなくて良いよ♪」との返事。確かにこの夫婦の主催するパーティは細部まで心遣いとホスピタリティが溢れる楽しい会。下手なものを持参してバランスを壊すのも申し訳ない。「ゲームやるらしいんだけど、景品までいろいろ趣向凝らして買ってあるって。どうしようかねぇ」妻も思案顔。

Photo_3クリスマスパーティと言えば、ツリー、トナカイ、サンタ、ケーキ、・・・ん?閃いた。地元の小さなショコラトリーにクリスマス用のチョコがあるかもしれない。可愛いシェフ、ミキさんのHPをチェック。すると、目に飛び込んできたのはパソコンの画面いっぱいの“雪だるま”!うぉ~、ラブリーだぜっ!これだっ!妻を呼びお伺いを立てると、「あ、良いねぇ。確かに可愛いねぇ。これにしよう♪」さっそく電話で予約。何しろ彼女のお店のショコラは全て手作り、少量生産。聞けば明日のパーティ参加人数分ぐらいは在庫があるという。すかさず薦められたクリスマス限定のボンボンショコラ<ノエル>との詰め合わせを予約。名前を告げると「あぁっ!以前ブログで紹介していただいた方ですよねぇ、ありがとうございます」との返事。覚えてもらっていて、ちょっと嬉しいオヤジ。

Photo_2翌日お店に伺うと、「ギフト用の大きな箱がようやく入荷したんです。こんな感じになりますが、いかがですかぁ↑」ミキさんの声はショコラのように甘く柔らかい。あ、良いですねぇ。ここで写真撮っても良いですか?「あぁ、どうぞぉ。私もまだ撮ってないので撮っても良いですか」彼女は写真の腕前もかなりのもの。自分のサイトの写真はほとんど自分で撮影したものだという。小さな店先でシェフにギフトボックスを持ってもらい<雪だるま>の記念撮影。これも人気だというショコラのツリーも。

<ショコラティエ・ミキ>は、雑誌に取り上げられることも多い。写真の背後にある「Cafe Sweets」にも掲載。近々「TITLE」の取材もあるらしい。住宅街の中にある小さな可愛いお店、チャーミングなショコラティエ、個性溢れるオリジナルショコラ。確かに人気になる要素は多い。店を増やしたりせずに、ずっとこの場所でこぢんまりやってて欲しいねぇ。「そうだねぇ。彼女と店の雰囲気が合ってるし、暖かくて、そこが良いよね」たまにしか訪れることのない客にも関らず、勝手なことを言うお気楽夫婦。日本全国どこでも買えるものではなく、この街ならではの、この店に行かないと買えないショコラ。多くの人に知って欲しい、買って欲しい、味わって欲しいという思いもあるけれど。良く見ると雪だるまの顔も、体型も微妙に違う。そこがまた魅力となるのも手作りショコラの店だからこそ。「おみやげの定番になるね♪」そうだね。この街の自慢の一品、自慢の店だね。

コメントする








002156540

SINCE 1.May 2005