独りではない一人芝居『なにわバタフライ N.V』

NaniwaButterflyらの生誕50周年を記念して「三谷幸喜大感謝祭」と銘打ち、2011年に4本の舞台公演を行った三谷幸喜。多作だった分チケットも取れ易くなったのか、幸いにして全4作品を観ることができたお気楽夫婦。けれど、残念ながら全てに満足だった訳ではなかった。そして2012年。今年は「初」を追求するとのことで、初「チェーホフ」に挑み『桜の園』を上演。けれど、これまた残念ながらお気楽夫婦の嗜好には合致しなかった。このままではいかん!三谷離れが起きてしまう、灰皿投げの巨匠N川さんと同様に観なくなってしまうと危機感を抱いたお気楽夫婦。失礼ながら口直しとして名作『なにわバタフライ』NewVersionの再演のチケットをゲット。「初」ロングラン公演だという。

阪公演を皮切りに、東京、仙台、札幌、水戸、名古屋、金沢、高松、福岡と回り、100公演目を迎えるという。その東京公演初日。お気楽夫婦はPARCO劇場に向かった。主演の戸田恵子の幅広い活動によるものか、ロビーには溢れんばかりの祝花。そして開演前の前説に戸田恵子登場!芝居の背景を語り、舞台の小道具を紹介し、客席をいじり、開演前の硬めの空気を和らげる。“一人芝居”について柔らかい解説を披露する。一人芝居のパターンについて自ら短く演じ、観客を納得させる。「落語」が日本独特の一人芝居の1種という視点が印象的。刑事コロン○は、不自然な一人芝居の類型という説明には会場爆笑。なるほど、必要以上ではなく、押し付けがましくない予備知識は芝居を観る“目”を開かせる。初演は観られなかったために比較はできないけれど、客席をわくわくさせながらも適度にリラックスさせる嬉しい演出だ。そして、戸田恵子自らが舞台上で開演を告げる。

TodaKeikoすっと、舞台は本番の空気に変わる。戸田恵子のスイッチが入ったのが分かる。瞬間、鳥肌が立つ。あっという間に芝居の世界が広がる。そこからは芸達者の戸田恵子の文字通り独り舞台。ミヤコ蝶々の生涯を演じる戸田恵子に、ミヤコ蝶々そのものが降りて来る。というよりは、三谷幸喜が描き戸田恵子が演じるミヤコ蝶々を、舞台の上から本人が楽しそうに眺めている風情。最小限の小道具を実に巧みに使い、年齢を重ね、男性との遍歴を重ねる蝶々を舞台に登場させるばかりか、その男たちを出現させる。観客からは見えないはずの男たちが、時には荒々しく、情けなく、弱々しく、愛おしく、登場し、舞台上に佇んでいたりする。一人芝居のはずが、男たちの存在が確かに感じられる。実に自然で、実に上手い。分かっているのに、見事に騙される。舞台に引きづり込まれる。

っぱり三谷はやる時はやるね!それに、戸田恵子は凄いね!」上から目線のお気楽妻。けれど、全く同感。イチローだって打率は10割ではないし、遼くんは今週も予選落ち。才能あるものも、全てが上手くいく訳ではない。けれど、才能ある者たちの幸福な出会いは、高い確率で見事な作品を生む。『なにわバタフライN.V』は、まさしく才気あふれる2人の生んだ名作。優れたエンタテインメントに触れた夜。観た者たちを幸福にさせる作品。エンタテインメントはステキだ。

分が良いから、何か美味しいモノを食べに行きますか!」前夜の連絡なし、深夜帰りを見事にリカバリー。では、連日の沖縄料理でも行こうか!「良いねぇ、でも今夜は泡盛は禁止だよ!」了解。

コメントする








001533357

SINCE 1.May 2005