IGA別邸?「パークハイアット東京」

PH1年、“私の”誕生日には都心のホテルに宿泊し、友人たちと一緒に食事をするというのが妻からのプレゼント。誕生日にかこつけて、ホテルジャンキーの“妻が”楽しみにしているイベントでもある。今年の妻のチョイスは新宿の「パークハイアット東京」。開業当時から「NYバー」などに足繁く通い、何度か宿泊もし、結婚パーティも行ったお気楽夫婦のお気に入りホテルだ。お気に入りの理由のひとつは、スモール&ラグジュアリーであること。密やかにこぢんまりとしたエントランスから、シュッとしたデザインのエレベータホールを通り、41階でエレベータを降りると、最初のサプライズ。ピークラウンジの天井から差し込む自然光。そして植栽。週末の午後、賑わっているけれど、客室数が全177室と少ないこともあり、某国の団体客はいない。ここもポイントが高い点。ジランドールを横目に歩き、スタイリッシュなライブラリーを通る頃には、誰しもこのホテルの魅力に虜になっているはず。

PH4さなデスクと椅子が3セットほどあるスペースがフロント レセプション。隠れ家ホテル的な佇まい。小さな規模のホテルだからこそ可能なラグジュアリーな演出。チェックインの後は、地道に貯めたハイアットのポイントを使ってアップグレードしたパークスイートへ。部屋の広さは100㎡!自宅の倍近くある、ゆったりとした間取り。「IGA-IGAん家の別邸みたいだね!」「ほんと、ゼータクだけど、何だか落ち着く感じ♬」お招きした役員秘書と酒豪女子が声を揃える。それは嬉しい。自宅のリノベーションを行った際のキーワードのひとつは、ホテルのスイートルームのような…というものだった。そこでイメージしたホテルがこのパークハイアット。豪華なホテルにありがちなデコラティブな装飾はなく、クールなデザイン。リビング、ベッドルーム、バスルームと歩いてぐるっと回れるレイアウトは我が家と同様だ。

PH5の日の食事は、部屋のダイニングテーブルで。ホテル1階にある「デリカテッセン」で買い込んで、支払いは部屋付でとお願いしたところ、「よろしければ時間をご指定いただければ、お皿に盛り付けてお部屋にお持ちしますよ」とスタッフの嬉しいおことば。天使降臨!紙皿などを持参し、自分たちで盛り付けをしようと思っていたところに、堂々とオフィシャルな(?)部屋飲みができることになった。素晴らしい。ルームサービスのスタッフが、温かい料理は器を温め、サラダは冷やした皿の上でシャキシャキ状態で運んで来てくれる。その上、ホテルのダイニングやルームサービスでいただくよりもリーズナブル。時間もゆったり。せっかくの広い部屋も大勢でたっぷり味わえる。これこそがホテルの部屋飲みの醍醐味だ。「乾杯!ひと月遅れの誕生日おめでとう!」乾杯のスパークリングワインも持ち込みだ(笑)。

PH7ラダ美味しいよ♬」買い込んだデリに加え、酒豪女子が持参してくれた手料理でテーブルの上はいっぱい。フォークなどのカテラリーや取り皿も事前にお願いしてあったから、正しいホテルセッティング。ワイングラスもキチンと揃っている。レストランでのディナーと比べても遜色なし。さらに、同じ2月生まれの役員秘書が、自らバースデーケーキを買って来てくれた。キャンドルに火を付け、一緒に吹き消す。スイーツ番長の彼女が選んだケーキだから、文句なしに美味しい。部屋にはBGMにと持ち込んだ、最近お気に入りの「バックナンバー」の曲が繰り返し流れる。ラグジュアリーな部屋と、美味しい料理と、何よりも友人たちとの愉しい時間。なんだか嬉しい夜だ。楽しい夜だ。声に出してそう言うと、「さっきから何度も言ってるよ」と妻から突っ込みが入る。どうやら幸福に酔っ払ってしまったらしい。

PH8はよー♬エッグベネディクトだよ!」翌日、妻が友人たちに画像入りのメッセージを送る。ルームサービスにお願いした卵料理とサラダ、昨夜食べきれなかった(持ち込んだ)イチゴが朝食メニューだ。2日酔いもなくすっきりと目覚め、窓の下に広がる景色を眺めながら元気に朝食を摂る。ゼータクな時間だ。「さあ、ジムで走るよ!」さらに元気な妻がそう宣言する。このホテルのもう一つの魅力が45階にあるスパ「クラブオンザパーク」だ。高いガラスの天井と360度全ての方向がガラス窓という、実に開放的な施設。プール、ジム、スタジオがあり、そのいずれからも“下界”を眺めることができる。まさしく日常を忘れることができる、ハレのスペースだ。前日に続き、1時間ほど汗を流す。気分爽快。また頑張って仕事して、来年も来なきゃねと妻に問うと、「うん、仕事してなくても来たい!」まぁ、そうなんだけどね。

コメントする








001570652

SINCE 1.May 2005