幸福の17貫(後編)「鮨いち伍」千歳烏山

Ichigo13Ichigo14ラグロです」コハダ、アオヤギ、赤貝と続いた後に、サヨリの握りを付け台の上に乗せながら、大将が笑う。以前、酒豪女子とこの店に来た際に、他の店でサヨリが好きだと言うと、サヨリの別名の「ハラグロ(女子)」と呼ばれてしまったという話題になったことがあった。そんなエピソードを覚えていたのだ。この店に通い始めた頃、重い空気があったのが信じられない、柔らかな雰囲気が店内に充満する。「店の外から覗いて、なかなか入れなかったんですよ」初めての来店だと言う隣席の初老のご夫婦が大将とことばを交わす。「どれも美味しいです。来られて良かった」奥様がことばを重ねる。

Ichigo15Ichigo16ハマです」この店に通うきっかけになったネタだ。行きつけの鮨屋を探していた頃、お気楽夫婦の大好物の煮ハマを置いている店がなく、ようやくこの店で食べることができた。「最近、ハマグリが獲れないんですよ」大将とそんな会話を交わした。それを覚えている大将は、お気楽夫婦の予約が入ると煮ハマを取っておいてくれるらしい。ありがたく、嬉しいことだ。続いて、イワシ、そしてアジの押し鮨。「押し鮨なんて珍しいねぇ。うんっ、美味しい」普段は自ら主張することが少ない妻。けれど、この店に出会って以降、決して他の店で鮨を食べようと言わない。実に幸福そうに鮨を頬張る。

Ichigo1746-02う言えば、この前取材が入ったんですよ」大将が何事もなかったように淡々と語る。聞けば、『早川光の最高に旨い寿司』というBS12の番組に取り上げられ、さらに私の前職のP社が発行する同名のMooks『早川光の最高に旨い寿司(ぴあMOOK)』にも掲載されるのだと言う。*店内の写真は番組公式HPより。おぉ〜、それは良かった。ん?ちなみにP社の担当者はO木くん?「あぁ、そうです。プライベートでも来ていただいて。お詳しい方ですね」うんうん、かつての後輩を褒められると、何だか自分のことのように嬉しいものだ。そして、ウニ、アナゴ、締めのタマゴで計17貫、心もお腹も大満足。

7年間、続いて良かったね」帰り道、妻が嬉しそうに呟く。決して交通至便とは言い難い店のロケーション。丁寧な仕事に見合った料金設定とは言え、周囲の店に比べてお手頃とは言えない。こざっぱりとした店は小さく、少人数の個人客相手の店構え。店のコンセプトに開店以来ブレはない。けれど、相変わらず最初から愛想が良い訳ではなく、さっぱりとした接客。逆に、それにハマった客が通い続けたのだろう。もちろん、お気楽夫婦もハマった口だ。次は春を味わいに!

1つのコメントがあります。

コメントする








001875082

SINCE 1.May 2005