秋の新作メニュー登場♬「ビストロ808」

80818082日、スカッシュ終わったら飲みに行かない?」ワイン好きなスカッシュ仲間からお誘いがあったのは夏の初め。そしてスカッシュを再開した作曲家の奥さま、スカッシュを始めたばかりの若手女子という女子会に参加。恋の話、夢の話、好みのタイプの話で盛上がり、家事全般が得意で料理が好きな私が褒められ…という流れで、同じメンバーをビストロ808にお誘いすることになった。(乗せられた?)日程が決まり、メニューはこれから考えると参加メンバーにメッセージを送ると、妻から「初秋メニューですな(^^)」とプレッシャーがかかる。栗、キノコ、秋鮭…秋の食材、何にしようか。この季節、そう言えば亡き祖母が甘露煮を作っていたなぁと、甘い香りとともに思い出す。夏から秋にかけて出回る食材、夏果と秋果があるイチジクに決定。

80838084花果(イチジク)を中心に秋のメニューを考える。イチジクは生ハムとは相性ぴったり。シャインマスカットとブルーチーズを加えてサラダにしよう。これで彩りも鮮やかな女子受けする1品が決定。他には定番のキャロットラペをメインにクリュディテ、お約束のパテドカンパーニュはオランジュソースを添えて、メインの牛肉のタリアータはシャインマスカットソースで決定。大まかなメニュー構成ができれば、準備できたも同様。食材の買い出し、事前に作り置きして味をなじませる料理は保存容器の中でスタンバイ。すっかり慣れたものだ。「きゃぁ〜っ、ステキ♡」初来店の2人を迎え、まずは店内の見学ツアーを開催。とは言え、狭い店内。あっと言う間にご案内は終了。ゼータクにもさっそくご持参いただいたヴーヴクリコで乾杯♬ん、んまい♡

80858086部手作りですか?こんな料理、自分で作れるんですね」サバのリエット、タコとオリーブのトマト煮など、やってみれば簡単な料理。けれど盛付けなどのちょっとした演出で美味しさは倍増する。それに加え少しでも美味しいモノを作るために、日々外食という辛い修行をしているのだよ、と嘯くけれど妻に一笑に付される。事実ではある。もちろん決して辛いはずはないけれど。楽しく美味しく食べた料理を再現する…まではいかないまでも、目指すモノの近くを彷徨うことはできる。自分なりのアレンジが閃くことがある。「ズッキーニとイチヂク、合うねぇ。美味しいっす」ワイン好きのスカッシュ仲間にお誉めいただいたのは、コンテチーズと一緒に焼き上げた一品。この料理も基本のレシピを一度事前に作って試し、お出しできるレベルになった料理。

80878088をもうちょっと飲みたいね」持ってきていただいたワインはすっかり飲み干した。白ワイン好きのシェフの店には、残念ながら赤のストックはない。「じゃあ、私ひとっ走りカルディで買ってきます」と若手女子。「だったらこれで買って来て!」ゲストの奥さま2人がほぼ同時に1万円札を手渡そうとする。うはは。さすがだ。5本目のワインが空になる頃、妻秘蔵のナッツやチョコレートが供される。6本目のワインは冷蔵庫に残っていた飲みかけの白ワイン。「ホントにどの料理も美味しい!IGAさんを若くしたみたいな人、どこかにいないですかね」と、若手女子。このままぢゃダメなんかい!と突っ込もうにも、明らかに私は彼女の父親くらいの年齢。自覚が足りない。「ホントですよ!」笑顔が、笑い声が続く。皆んな楽しい酒だ。いい酒だ。

日はステキな時間をありがとうございました。楽しくておいしくて、最後の方は記憶がありません(汗)。また伺わせてください」記憶ないんかいっ!「楽しかった〜!こんなに幸せで良いのかしら」良いんです。「毎回美味しいものをありがと。感謝感激です。褒めまくるので、また呼んでね」翌日、そんな嬉しいメッセージが届いた。自分たちもたっぷり楽しんで、ゲストに喜んでいただける。良いね。これだからビストロ経営(してないけど)は止められない。次回は冬の新作料理で!

コメントする








002146361

SINCE 1.May 2005