Archive for 10 月 2nd, 2016

オトナの修学旅行「長野編」

Nagano1Nagano2野にもぜひおいでよぉ〜」つくばに住む友人を訪ねようと共通の友人と日程調整をしたところ、お気楽夫婦の都合が良い日程は、ちょうど彼女が長野に帰省しているタイミングだと分かった。「IGA−IGAたちをお連れしたい場所、いっぱいあるなぁ。車で案内しちゃうよ!」う〜む。だったら長野にも行っちゃおうか?1998年に長野で開催された冬季オリンピックの際に何度か出張して以来、2人とも長野を訪ねる機会がなかった。故郷長野LOVEの友人と一緒に、彼女のオススメの場所を巡るのも楽しそうだ。*お気楽夫婦に“社交辞令”は通じない。すぐにその気になり、具体的な計画を立ててしまうからご用心。よしっ、16年ぶりの長野、行っちゃえ!と長野(北陸)新幹線に乗り込んだ。

Nagano3Nagano4光寺は初めてだぁ」新装なった長野駅に迎えに来てもらい、ホテルにチェックインの後、さっそく参道を歩き国宝善光寺へ。無宗派であること、山門の額の文字に5羽の鳩が隠れていることを聞き、全く明かりのない本堂の下を手探りで進むお戒壇巡りを体験するなど、観光ガイドさながらの友人の案内で境内を歩く。参拝後、門前の老舗七味店「八幡屋礒五郎」でオリジナルの味をブレンドしてもらったり、宿坊街や酒蔵を案内してもらったり、すっかり修学旅行モード。翌日の戸隠神社参拝は、車で訪ねられる中社だけでなく、片道2km、往復1時間の奥社の参道を歩くという本格的な行程。樹齢400年の杉の巨木が並ぶ参道は圧巻。神々しい風景の中で、厳かな気持ちになる時間だ。

Nagano5Nagano6拝トレッキングでお腹が空いた頃には、戸隠名物の蕎麦が待っていた。戸隠神社の周辺には蕎麦畑が広がり、蕎麦屋が軒を連ねている。その中の1軒、友人オススメの「そばの実」という店へ。天ざる、そば三昧(3種の蕎麦ツユが楽しめる)、おろし蕎麦を3人で食べ比べ。蕎麦や天ぷらの美味しさはオススメ通りで、中でも香り高い胡桃ダレの蕎麦ツユが絶品。こざっぱりとしておシャレな店内の雰囲気も良く、接客レベルも高い、また訪れたいと思わせる良い店だった。その後、雨雲に隠れた「北信五岳(妙高山、斑尾山、黒姫山、戸隠山、飯綱山)」の美しい山容を想像しながらドライブ。サンクゼールの丘(ワイナリー)、小布施の町並みなど、友人オススメの観光コースを巡る。

Nagano7Nagano8れてる時にまた来て!見て欲しかったな。キレーなんだよ、山並みがね…」愛する故郷の風景を我々に見せられなかったことが心残りの友人と一緒に、旅の締め括りは長野名物「馬刺し」がウリの「長野といえば、バニクマン」で打ち上げ。雨女と自称する友人のパワーは強く、旅の道中ほとんどが雨。けれども、雨ならではの雰囲気ある景色も味わえたし、何より寺や神社の参道が空いており歩きやすかった。そして目の前の料理(馬刺しの5点盛り!や信州味噌を使ったバーニャカウダなど)も、信州の利き酒も、どれも美味しいよ、そう言っても残念そう。心底、地元NAGANO♡LOVE。だからこそ伝わった。楽しかった。好きになった。良い街だった。

しいなぁ。帰っちゃうんだぁ」そう言われてもなぁ。長野駅でハグをして、それでも別れがたく、お互いが見えなくなるまで手を振る。ありがと。友人の地元愛に感化され、地元愛のガイドに案内され、またすぐにでも行きたくなった。長野LOVE。「でも、イナゴも、ザザムシも、ハチの子も食べないよ!」と妻。良いさ。長野滋味珍味を食べなくても良い。また訪れよう。彼女がおススメの長野に。

001464738

SINCE 1.May 2005