極上ウェルネスリゾート「ザ・テラスクラブ アット ブセナ」

Busena1Busena2ッスンも休みだし、どこかに行こうか?」お気楽妻がそう言い出したのは秋の初めの頃。週末のスカッシュレッスンを何よりも優先する妻は、だからこそ逆にレッスンがない場合はどこかに行きたがる。「マイルもたっぷりあるし、沖縄なら航空券も取れそうだよ」こんな時に彼女の秘書的な(実際にやっていたこともあった)能力が遺憾なく発揮される。素早く航空券やホテルの空き状況を検索し、行程を組み立てる。海外でも国内でも、2人の旅行は行きたい場所よりも泊まりたいホテル選びが最優先。「う〜ん、最低2泊だね」お目当のホテルを堪能するためには1泊では不足らしい。「えぇ〜いっ!休んじゃえ!」毎年春には驚愕の忙しさを迎える彼女の秋は、打って変わって余裕ありあり。大胆な日程で予約完了。そして、選ばれたホテルは…。

Busena3Busena4・テラスクラブ アット ブセナ」それがお気楽妻の厳しい選択基準をクリアしたホテル。ウェルネスリゾートを自ら標榜し、さらには“極上の”と自信満々に冠する。ちなみに、ウェルネス(Wellness)とは、健康な心身と生活を求めて行動するライフスタイル。ホテルには通年営業の屋外タラソプール、ジムなどの施設があり、まさしくお気楽夫婦向きのリゾートだ。客室はホテル名通り全68室がクラブルーム。お気楽夫婦好みのスモール&ラグジュアリーなホテルだが、隣の敷地に建つ巨大ホテル「ザ・ブセナホテル」の施設も共通利用できる。まさに“良いとこ取り”のホテルなのだ。通された部屋は名護湾に臨むオーシャンビュー。広いベランダから海を眺めると、泳いでいる小魚の群れまでが見える。対岸には本部半島、八重岳。これぞリゾート!という眺めだ。

Busena6Busena5屋は54㎡という広さながら、ベッドルームとの間の扉を開ければビューバス、ベランダの窓は全開可能という開放感溢れる造り。ソファと(なぜか万華鏡付きの)カウンタテーブルが配された使いやすいレイアウト。妻曰く「今までの中でもトップクラス」の居心地だ。朝食もまた素晴らしい。ビュフェのサラダはナーベラー(ヘチマ)、ハンダマ、青パパヤー(パパイヤ)などの島野菜を初めとして、沖縄の食材をふんだんに使っている。「サラダ美味しい!シークワサーのドレッシングもいいね!」と感激の妻。スタッフのサービスも柔らかく、心地よい。ラウンジサービスはティータイム、カクテルタイムとも高レベル。何種類もあるワインを遠慮なく飲み続け、フィンガーフードを楽しむ。その後はレストランで軽く食事をし、部屋に戻って泡盛をいただき、爆睡。

Busena7Busena8テル自慢のタラソプールは、滞在中何度でも無料で利用できる。10種類以上のジェットバスを周り、ジムで走った後の筋肉をほぐす。強力なジェット噴流はツボに効く。意外な程に強い水流に逆らってプールを歩くと、体幹を鍛えるトレーニングにもなる本格的な施設。ウェルネスリゾートの面目躍如。お気楽妻はすっかりお気に入り。プールから出ると南の島ではお約束のスコール。雨が降り始めた直後の甘く少し埃っぽい香り。雨が上がった後に雲から覗く青空。陽の光に盛夏の頃の勢いはないけれど、ホテル内は混んではおらず、閑散ともしていない。小規模なホテルだから団体客はおらず、ほとんどがカップルか女性グループ。スタッフからすぐに顔と名前をを覚えてもらえるぐらいのゲスト数。のんびりと過ごす秋の旅にぴったりのリゾートだ。

いホテルだよね。オリジナリティあるし、センスも良いし。また来なきゃね。いつ来る?」貝殻の欠片が美しく輝く万華鏡を覗いていた妻が、畳み掛ける。また来る!という宣言は彼女の最高評価の証。お気に入りホテルランキングの上位になるのは間違いない。確かにチェックインからチェックアウトまで、ほとんどストレスなく過ごすことができた満足の滞在だった。では、次回は長期滞在で!

コメントする








001790199

SINCE 1.May 2005