スカッシュ2人合宿「グランドハイアットバリ」

Bali1Bali25度目のバリだから観光はしない。というか、お気楽夫婦の“観光”は空港とホテルの間の車窓から街を眺めるだけ。観光スポットを訪ねることは稀だ。特に2017年夏の旅は、スカッシュラケットを抱えた合宿のような旅。スカッシュコートがあるということを評価して選んだのは、ヌサドゥアの「グランドハイアットバリ」。スモール&ラグジュアリーが選択基準のお気楽夫婦が普段なら決して訪れることのない巨大なホテル。屋外プールは7つもあり、ウォータースライダーで某国の家族連れが歓声を上げ、子供たちがプールサイドを走り回る、とても“カジュアルで活気溢れる”(笑)ホテルだ。

Bali3Bali4れど、そんなホテルで快適に過ごす裏技がある。「ベイクラブ」というホテルに併設されたフィットネス&ヘルスセンターが穴場なのだ。リゾートなのにコートコンディションが整ったスカッシュコートが2面、マシンジム、スタジオなどが完備。コート代は有料だけれど、ほぼ貸切状態。早めの朝食を済ませ、午前中はこのエリアを堪能する。撮影NGのスポーツクラブではないから、iPhoneで練習風景の動画を撮ったり、記念撮影をし放題。ジムのスタッフに次々に勝負を挑まれ、悉く粉砕(3戦全勝)して差し上げた。滞在期間中は毎日ジムを訪れ、スタッフとも顔なじみになった。まさに合宿。

Bali5Bali6場である理由のもう一つが、ジムに併設されている屋外プールだ。他のパブリックスペースにあるプールがどんなに混んでいても、この小さなプールにはいつも静寂がある。パラソルはプールサイドに4つほどあるのだけれど、いつも1組いるか、誰もいないかという平和な状態。スカッシュで汗を流し、シャワーを浴びてさっぱりした後に、このプールを独占できるのはかなりのゼータク。プールの底は鮮やかなブルー。周囲の緑と、南国の赤い花と、青い空、赤い瓦屋根がブループールに映えて美しい。聞こえるのは鳥の囀りだけ。これこそがパラダイスかと思える、夢の中にいるような眩しい風景だ。

Bali7Bali8ンチは大勢のゲストで賑わうプールサイドのバーで、フィッシュ&チップスとローカル(ビンタン)ビール。こんなメニューには適度な喧騒が似合う。ランチの後は部屋に戻り、ベランダやリビングルームで読書三昧。滞在中はずっと晴天が続き、程よく暑いけれど湿度は低く、ベランダの読書が快適だった。夏のヴァカンスに向けて貯めてあった本を慈しむように味わう。村上春樹の新作は、ハルキストをくすぐる作品だ。夕方はスパでバリニーズマッサージ。手頃な料金でリラックスできる、これまた至福の時間。スカッシュやジムで走って(アクティブレストで)解れた身体が、ダメ押し的に緩んでいく。

Bali9Bali10メ押しと言えば、グランドクラブのラウンジだ。巨大ホテルの大きなレストランではなく、こぢんまりとしたクラブラウンジにはバランスの取れた賑わいと落ち着きがある。決してメニューは豊富ではないけれど、朝食にはエッグステーションでメニューを選べるし、カクテルタイムにはスパークリングワインやビールが飲み放題。お気楽夫婦は朝夕の食事はラウンジで済ませ、夕食もレストランでの食事はしなかった。カクテルタイムの食事メニューは充実しているという程ではないものの、少食の2人には充分。お腹がやや物足りない分は、読書をしながら部屋でビールやワインを飲めばいい♫

Bali11Bali12テルに隣接したショッピングセンターには、食品や日用雑貨、お土産品が充実。ホテルの案内にも、部屋で飲む分には持ち込んでも構わないとある。そこでチェックイン早々に買い込んだビール、ワイン、おつまみがたっぷり揃い、部屋飲み体制は完璧。まさしく“合宿”だ。香港などと違い、食に大きな期待はなく、街を出歩くこともないから、ジムで汗を流し、プールでのんびり、昼からビール、読書、マッサージ、ラウンジでワンコシャンパン、という循環でホテル内だけで過ごす。夏のヴァカンス前半は、ジムでの時間を最優先する、まさしく2人合宿の楽しい日々だった。果たして後半は?

1つのコメントがあります。

  1. 週末更新お気楽夫婦のお気楽生活ブログ IGA “快楽主義宣言”


    [...] ■「スカッシュ2人合宿」2017年9月9日 グランドハイアットバリ滞在記 Posted in RESORT/リゾート | [...]

コメントする








001790199

SINCE 1.May 2005