夕陽と波を眺めるホテル「ザ・レギャン・バリ」

The Legian1The Legian2リの旅の後半は、島の南西側に位置するレギャンへ向かう。サーフ・ポイントとして有名なクタビーチの北、延々と続くビーチの一角に「ザ・レギャン・バリ」がある。妻によると、このホテルは“夕陽を眺める”ホテルなのだと言う。確かに、クタからレギャン、スミニャックと続く海岸沿いには数多のホテルが点在するけれど、地図で見る限り、これ程波打ち際に近いホテルは少ない。その上、全室が海に向いているオーシャンビュー。チェックインの後、さっそくプールサイドへ夕陽スポットのチェックに出かける。ホテルの最大のウリは、この三段に連なるインフィニティプール。そうか。ご自慢のプールの水面に映える夕陽を眺めるのがベストポジションと分かった。納得。

The Legian3The Legian4辺に降りてホテルを眺める。凧が飛ぶ青い空に映える赤い屋根、クリーム色の壁面。ふぅむ。嫋やかで見目麗しいホテルだ。広い砂浜に打ち寄せる大きな波、その波が引くと、細かな砂の上に僅かな海水が残り、白い雲や空の色を映す鏡のようになる。その日は遊泳禁止と英語と日本語で書かれた看板が立ち、赤旗がはためく。それでもボディボードを抱えて波と戯れる強者もいる。けれども、どんなリゾートでも海で泳ぐことのないお気楽夫婦には何の問題もなし。せいぜいが裸足になって砂の感触と思いがけず冷たい海水を感じる程度で充分。波頭の白、砂浜のサンドベージュ、空と海の青、椰子の緑、自然のシンプルな色遣い。それだけでも海を感じることができる爽快な風景だ。

The Legian5The Legian6暮れ時、浜辺で犬を散歩させている地元の人々が挨拶を交わし(何と犬はリードも付けず自由に走り回っている!)、観光客が馬に乗せられ(笑)波打ち際をゆったりと歩く。黄昏時、夕陽とライティングされたプールを眺めながら、メインダイニングで夕食を楽しもうというゲストたちがテーブルに付き始める。お気楽夫婦も遅れて(予約なしで)席に付こうとすると、満席!ではとシャンパンバーで軽めの夕食に変更。残念ながら、その日は水平線に雲が掛かり、夕“焼け”と言う程には夕陽が空を赤く染めることはなかった。けれども、波の音を聞きながら、のんびりと暮れ行く空と海を眺め、半ばオープンエアのテーブルで、ワイングラスを傾けるディナーはなかなかステキなものだった。

The Legian8The Legian10日、早朝から前庭の芝生の上で行われているヨガのレッスンを眺めつつ、広いベランダで深呼吸。綺麗に刈り揃えられたグリーンのカーペットが実に気持ち良さそうだ。ついでに自分たちで洗濯して、干したスポーツウェアの乾き具合を確かめる(笑)。2人のリゾートの1日は、そんなスタート。朝食はメインダイニングで。とは言え、全室スイートで67室、他にはヴィラ15棟、そんなスモール&ラグジュアリーホテルだから、ダイニングは1ヶ所だけ。他に軽食をいただけるシャンパンバーとプールバーがあるのは、全体の客室数にしたら多いぐらいのものだ。その朝食が素晴らしい。お気楽妻の好物のエッグベネディクトは、サーモン、ハム、ほうれん草の3種から選べる。ブラボー!

The Legian7The Legian9前中にはジムで走る。どんなリゾートに行こうとも、このルーティンは忘れない。汗を流した後はシャワーを浴び、部屋に戻り、洗濯。洗濯物干しもある広いベランダが嬉しい。これも大切なルーティン。ランチはプールサイドでビールを飲みながら、ローカルフードをいただくのがお約束。このホテルのサテーは、厨房で焼いた後に炭火で温めて供される。香ばしく、熱々でんまいっ!ビールがススム。午後は、全てのゲストにアフタヌーンティのサービスが付き、プールサイドでも、客室でも食べる場所を選ぶことができる。全室スイートのホテルならでは。「このホテル2泊じゃもったいなかったね」と妻が零す。ん?良いホテルだからもっと泊まりたいというロジックは彼女ならでは。ホテルフリークの面目躍如だ。

The Legian11The Legian12室はと言えば、1ベッドルームのデラックススイート、広さは110㎡。冷蔵庫の中のビールを含めたドリンクやスナック類は無料。きちんと翌日には補充された2本のローカルビールは、飲みきれずに持ち帰り。カカオの濃い4本のチョコレートは自分たちへのお土産として持ち帰り。スタッフのサービスは柔らかく、丁寧でありながらフレンドリー。確かに、お気楽妻ならずとも延泊したくなる。身体も気持ちも解れ過ぎるほどに、柔らかくなる。「やっぱりスカッシュ合宿も良いけど、こんなホテルが良いね」どうやらそれが妻の実感らしい。だとしたら、この夏の旅は大正解。前半は体育会系、後半はラグジュアリーな日々を過ごすという、実に良いバランス。「来年はどこに行こうか!」…それにしても、余りに気が早過ぎるお気楽な妻だった。

1つのコメントがあります。

  1. 週末更新お気楽夫婦のお気楽生活ブログ IGA “快楽主義宣言”


    [...] ■IGA“快楽主義宣言”より「夕陽と波を眺めるホテル」2017年9月16日 「ザ レギャン スミニャック バリ滞在記 Posted in RESORT/リゾート | [...]

コメントする








001790198

SINCE 1.May 2005