友は財産❤️「25th & 60th Anniversary Party」

Party12000年10月、7年余りの同居生活を経て、入籍をしたタイミングで友人たちをお招きし、お祝いのパーティを開催した。パーティの途中、「まだシャンパンをお出しして良いですか」と、スタッフに耳打ちされた。OKと言った翌日、明細を見て驚いた。「IGAIGAたちのパーティ、ホントに楽しかったぁ。ヴーブ飲み放題だったしね」友人たちが何度も繰り返し、またやって!とリクエストも。実に楽しい(苦笑)パーティだった。

Party22018年2月、私の還暦のお祝いと、妻との25年をお祝いするパーティを企画。多くは家族でお祝いするような会に、芸能人ではあるまいし、友人たちをお招きすることに躊躇い、最初は開催すること自体に乗り気ではなかった妻も、オリジナルのお土産などを選んだり、一緒に準備しながら楽しんでくれた。私の意図は最初から明確。友人たちにお祝いをしてもらうのではなく、これまでのお付き合いに感謝する会にしたかった。

Party3ーティ当日、前夜から宿泊している客室にカメラマンなどのスタッフとしてお願いしている友人たちが集合。乾杯しながらの打合せ。客室見学の友人たちも集まり、メンバーが増える度に乾杯を繰り返す。オシャレして来て!とのリクエストに応え、見慣れたスポーツウェアではなく、皆んなドレスアップ。パーティは実質スタートだ。大勢の友人たちが入れるように、大きめのスイートルームにした甲斐があったというものだ。

Party4ェルカムドリンクから、わんこシャンパンパーティがスタート。乾杯までお待たせせずに、飲んでいただきたいという趣旨だ。最初に出席者を映像で紹介し、お気楽夫婦の挨拶の後に乾杯の発声…の予定が、その前に何とホテルから特大ケーキのプレゼント。まさにサプライズ!大好きなホテルと相思相愛だった(笑)と分かった嬉しい瞬間だった。しばらく楽しく飲んでいると、ホテルのスタッフが18年前と同じように耳打ち。

Party5始1時間で、既に00本ほどシャンパンをお出ししていますが、この後もお出ししてよろしいですか」…18年前と同じ状況に思わず笑みが零れる。希望があれば出してくださいと伝え、妻に報告すると、同様の笑いが返ってくる。快哉!モノは所有者の物でしかないが、記憶は時間と空間を共有した全員のものになる。「IGAIGA!お肉とチーズリゾット美味しいよ!食べた?」そんな友人の声に思わず笑顔で頷き、皿を取る。

しかったぁ」「全部美味しかった!スイーツ持って帰りたかった!」全員で記念写真を撮り、お見送りの際にプレゼントをお渡ししながら、ありがとうございましたと挨拶を交す。友人たちの笑顔が嬉しい。友人たちのメッセージが嬉しい。わざわざ週末の夜に、出席してもらえたことが嬉しい。そして、出席していただいた友人たちに刻まれたであろうパーティの記憶が、お気楽夫婦にとって何より嬉しいお祝いだ。仕事や年齢、性別など関係なく、ほぼ全員がスカッシュ(とお酒と美味しいモノ)で繋がった友人たち。妻との25年、自分の60年を振り返っても、最良の日のひとつに違いない。「IGAちゃんの財産だね」人生の先輩からそんなメッセージをいただいた。まさしく、その通り。お気楽夫婦がお気楽でいられるのも(飲んべの)友人たちのおかげ。これからも、彼らと一緒に嬉しい時間を共有していけたらと、心から思う。友人たちに、そして誰よりもお気楽妻に感謝の夜だった。

2つのコメントがあります。

  1. 新宿西口ラウンジ対決「ハイアット ホテルホッピング」 週末更新お気楽夫婦のお気楽生活ブログ IGA “快楽主義”宣言


    [...] 「ハイアット リージェンシー東京」に是非とも宿泊したい訳ではなく、せっかくの特典を使いたいだけ。何せ通常は年間に30泊しないと得られない資格。さすがのハイアット好きのお気楽夫婦でも30泊は不可能。2018年にヴーヴ飲み放題というゼータクなパーティを「パークハイアット東京」で開催し、さらにはその際の豪華なスイートルーム連泊で得た、おそらく生涯で最初で最後の権利なのだ。…またパーティやりたい! [...]

コメントする








001694436

SINCE 1.May 2005