新宿西口ラウンジ対決「ハイアット ホテルホッピング」

Hyatt11980年、ハイアット グループとして日本初のホテル「センチュリーハイアット(当時)」が開業。1983年にそのホテルを舞台にした『誰かが私を愛している』というTBSのドラマがあった。主演は多岐川裕美、野口五郎。最上階にはガラス張りの天窓があるプール。仕事を終えた主人公がなぜか夜のプールで泳ぐシーンが、あった…ような記憶が。いずれにせよ当時としては最上階にあるプールは珍しく、とても印象的だった。

Hyatt2る週末、お気楽夫婦はそのプールにいた。今は「ハイアット リージェンシー東京」と名称を変えたそのホテルに宿泊し、無料アップグレードしてもらい、さらには無料ラウンジアクセス権を使うための滞在だ。「ワールドオブハイアット 」という会員制の「エクスプローリスト」という資格を得た2人は、2度と達成できないその上級クラスの特典を最大活用しようと(セコく)計画を立て、敢えて術中にハマったのだった。

Hyatt3イアット リージェンシー東京」に是非とも宿泊したい訳ではなく、せっかくの特典を使いたいだけ。何せ通常は年間に30泊しないと得られない資格。さすがのハイアット好きのお気楽夫婦でも30泊は不可能。2018年にヴーヴ飲み放題というゼータクなパーティを「パークハイアット東京」で開催し、さらにはその際の豪華なスイートルーム連泊で得た、おそらく生涯で最初で最後の権利なのだ。…またパーティやりたい!

Hyatt4気楽夫婦が大好きなホテル「パークハイアット東京」は、ハイアット リージェンシー東京のジムからも、2人が宿泊した客室からも、その特徴的な外観を眺めることができた。「リージェンシーのプールも、ジムも悪くないし、ラウンジも思ったより良かったけど、やっぱりパークかな」と妻。改装され広くなったラウンジは、料理もお酒も種類が豊富だったけれど、スタッフは旧来からの硬めのサービス。…やっぱりパークだね。

Hyatt5いう訳で、リージェンシーをチェックアウトしたその足で(と言ってもタクシーだけど)パークに向かったお気楽な2人。ハイアットからハイアットへ、まるでホテルホッピング♬目指すは「ピークラウンジ」の大人気のアフフタヌーンティ。もちろん単なる思い付きではなく、事前に予約し、友人を誘っての参戦だ。ベルに荷物を預け、相変わらずワクワク度を上げるラグジュアリー感満載のエレベーターで41階へ向かう。

Hyatt8レベーターを降りるとそこが目指す「ピークラウンジ」。目の前にはこんもりとした植栽、高いガラスの天井や三方の窓から射す自然光で溢れ、ビルの内部とは思えない開放的な空間だ。人気のアフタヌーンティは三段のトレーに乗ったスイーツやサンドウィッチ、スコーン以外に、無限(∞)トレーサービスが付いてくる。これが凄い。何種類ものデザートやフィンガーフードが、スタッフの笑顔と共に何度でもやって来るのだ。

Hyatt6らに、ちょうどヴァレンタインの時期限定で、ハート型のスコーンなどのスペシャルスイーツが付いて、お値段変わらずドリンク込み、おかわり自由で、何と、5,000円でのご提供です!とTVショッピングもビックリの設定なのだ。これには同行した友人、スイーツ番長の役員秘書も「えぇ〜っ!そうなの?凄いね、ホントにそんな料金で良いの?だからこんな人気なんだね」と感激。確かに採算は合うの?というサービスだ。

Hyatt7して、最大の魅力はこのホテルのスタッフ。なぜ同じハイアット グループの中でもこんなに違うんだろうという、柔らかでフレンドリーな接客。このラウンジのスタッフもまさしく典型的なパークハイアットのスマートでカジュアルで絶妙な距離感。写真を撮っても良いかと尋ねても、「えぇ、もちろんです♬」と笑顔で応えてくれる。妻にも撮るよ!と言うと、最近お気に入りのミヤさんポーズでハート型のスコーンをかざす。

のんびりとシャンパンを飲みながら、やっぱりパークハイアットがホームだなぁと独りごつ休日の午後だった。

コメントする








001724673

SINCE 1.May 2005