台北快適酒店「グランドハイアット&リージェント台北」

Taipei Hotel1気楽夫婦のホテル探しは、ジムの施設が充実していることが第1条件。当初旅先に予定していた香港では、いつものグランドハイアットとインターコンチだった。そして、台北でもグランドハイアットとリージェントという全く同じ組合せになった。*香港のインタコは2021年にリージェントとしてリブランド予定。ジムの充実度=ラグジュアリー度は比例する、というのが2人のホテル選びの法則。そして今回もその法則は正しかった。

Taipei Hotel2ランドハイアット台北」は、かつて世界一の高さを誇った「台北101」とスカイウォークで直結する便利な場所。雨が多かった滞在前半は101に通い詰め、その利便性を満喫。貯まったポイントでアップグレードした客室は「グランドエグゼクティブスイート」という83㎡の眺めの良い部屋。ラウンジのサービスも(もちろん、わんこシャンパンも)充実しており、ホテルライフ優先のお気楽夫婦としては、満足できる滞在だ。

Taipei Hotel3室で特筆すべきは水周りの充実度だ。角部屋のため、2面の明るい窓から光が射し、ツインボウルの洗面スペース、プールを見下ろせるビューバス、シャワーブース、そして何よりもウォシュレット付き(ToToだった)付きのトイレが嬉しい。リビングルームのソファ、カウチ、ベッドルームなど、本を読む場所にも困らない。2つあるトイレ、ウェイティングスペースの椅子を持て余すのがせいぜいの難点だ。

Taipei Hotel4この施設は良いねぇ」と妻が絶賛したのは、ジム&スパ。有酸素系、筋トレ系のマシンジム、スタジオが独立しており、スチーム&ドライサウナなどのスパ施設が充実。これは使い倒さなきゃ!と、もちろん毎朝ジムで走り、ジャクージに浸かり、たっぷりと汗を流した。さっぱりした後は台湾ビールをぐびり。小籠包をぱくり、部屋に戻って読書、夕刻はわんこシャンパンという嬉しい無限(じゃないけど)ループ生活だ。

Taipei Hotel5北市内を新都心からダウンタウンに移動して、前回の台北訪問の際にも宿泊した「リージェント台北」にチェックイン。街の雰囲気が大きく変わり、お気楽夫婦がワクワクする猥雑な街並みになる。ホテルの周囲には足裏マッサージやら小籠包の名店が点在する。それらの店にどこも歩いて移動できる嬉しいロケーションだ。中でもすっかりお気に入りの「足道養生会館」という店には2度も(足裏&全身マッサージ)訪問した。

Taipei Hotel7ージェント台北の魅力は「タイパンラウンジ」というクラブフロアのラウンジだ。眼下には康樂公園と林森公園の緑が(NYCのセントラル・パークのように)広がり、その周縁のビル群、その奥に台北101が聳える抜群の眺望。カクテルタイムも、朝食も、丁寧に作られた料理がビュフェ形式で美しく盛り付けられている。窓際に席を取り、そんな風景を眺めながらシャンパン♬どこでも同じスタイルながら、至極の時間だ。

Taipei Hotel6室はIHG(インタコ)のメンバーズ特典でタイパンジュニアスイートにアップグレードされた。リビングルームとベッドルームがTVを嵌め込んだ壁で仕切られ、そのTVは180度回転し、どちらからでも視られるという合理的な設計。65㎡とコンパクトながら、ラウンジと同様にパークビュー。窓からの景色を楽しみながらゆったりと過ごせる客室だ。ラウンジと同じフロアにあって、ラウンジのアクセスに便利なのも嬉しい。

Taipei Hotel8から暮れ行く街を見下ろすと、オフィスビルに明かりが灯り、野外音楽場のようなステージが陰った緑の中に浮かび上がる。ビル群の奥には台北101が周囲を睥睨するように聳え立つ。ラウンジから眺める景色と違い、自分たちの客室からの眺めは独占できる所有感がある。自分たちだけのビュー。飽きず眺めてはビールをグビリ。良い夜だ。良い旅だった。旅の前半に滞在した101方面を眺めながら独り言つ。

Taipei Hotel9ェックインの朝、ラウンジでのんびりと朝食を取る。「野菜が新鮮で良いよね」妻の評価はサラダの野菜のシャキシャキ感で大きく変わる。その点でこのホテルの評価は高い。確かに小ぢんまりとしたラウンジながらメニューは豊富で、料理の味や見た目(これ大事)の水準も高い。「次に来る時も、今回と同じホテルが良いかなぁ」控えめな表現ながら、これが妻の最大級の賛辞。台北の快適ホテル、ぜひ次回も。

コメントする








001442249

SINCE 1.May 2005