バドの島 遙か南の国「ウチナーの日々」

okinawa012022年の秋、お気楽夫婦は南の島で不思議な体験をした。まだ屋外プールやプライベートビーチで十分泳げる時期、まだまだ暑さの残る晩秋のウチナーで、わざわざの室内競技「バドミントン」でたっぷり汗をかいたのだ。高校時代にクラブ活動で経験のある私は数十年ぶりの再会。そしてお気楽妻はほぼ初めての本格的な出会いだった。そもそものきっかけはハイアット修行中の2人が「ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄」のアクティビティメニューにバドミントン教室を発見したこと。初心者向けとあったため、念の為に経験者でも可能かと問い合わせるとOKの返事。何年か前に買ってあったMyバドミントンラケットを持参して南へ飛んだ。

okinawa02相手は数年前まで実業団でプレーヤーとして活躍していたOさん。マリンスポーツのメニューが減る冬場のアクティビティとして、自分の競技経験を活かして彼女が自らアイディアを出したという。会場は地元の公民館の講堂。どうやら地域との連携という意味合いもあるらしい。そしていざ練習を始めると、見事にハマった。私は数十年ぶりの本格的で専門的な練習に、そして妻はバドミントンの楽しさに。そして何よりOさんのレッスンに。2日間のミニ合宿が終わると「またすぐ来ます!」と宣言した2人。そして宣言通りに3ヶ月も空けずに南の島へ!今度は3日間の冬季合宿だ(笑)。

okinawa05okinawa08okinawa10okinawa06は言え、宿泊先は豪華なリゾートホテル。合宿ではあるけれど、オトナの合宿だから、こんな朝焼けを眺めながら朝食をいただいたり、客室のベランダでオリオンビールを飲みながらランチを頂いたりもする。ホテルから歩いて行ける地元の居酒屋でアグー豚のしゃぶしゃぶなんかを食べたりもする。ホテル内のイタリアンレストランでシャンパンを飲んだりも、もちろんしてしまうのだ。

okinawa04して、肝心の(笑)合宿はと言うと、前回よりもさらに本格的なメニューに進化。経験者である私のレッスンは、基本のショットのひとつであるハイクリアーから始まり、カット、ドライブ、プッシュ、ヘアピン、スマッシュと、遠い記憶が蘇るお約束の練習。さらには複数のショットを組合せたパターン練習。それも身体が覚えていて、すぐに(ほぼ)言われた通りにショットが打てることに感動。あ、やや自画自賛。そして最終日の最後はオールコートでのガチ(Oさんは50%くらいの力で?)試合。僅か数分で息が上がり、Oさんの多彩なショットとスピードに到底ついていけず、ぶっ倒れそうになる。それにしても我ながらここまで動けるかと思う満足の時間でもある。

okinawa03心者の妻のレッスンは徹底的な基本練習。練習用のナイロン素材のシャトル(通常は水鳥の羽根)を使った1,000本ノック!! Oさんが放り投げるシャトルをひたすら打つ、これも私にとっては懐かしい初心者向けの特訓。妻が打ったシャトルを拾い集め、Oさんの元に届けるのは私の役目。これもまた懐かしく楽しい合宿気分。最初はコートの後ろまで飛ばなかった妻の打つシャトルが、綺麗な放物線を描くようになる。成果が現れると、元々体育会系の体質の妻は実に楽しそう。側から見ても進歩が良く分かる。フットワークや打点などを修正されると、理論派でもある妻は「上手く打てる」感覚が徐々につかめて来るらしく、納得して頷き、満足の笑みが溢れる。

okinawa07宿を終え、東京に戻る前の日には「スパはなり」でマッサージがお約束。オーシャンビューの絶景ジャクージに浸かり、2人同時にトリートメントしてもらえるスイートルームで、たっぷり90分間の施術が終わった後の身体はグダグダ。バドミントンをやらなかった日もジムでしっかり走るから、疲れも蓄積しているはず。施術後のお茶をいただいていると、「3日間バドミントンやれらていたんですよね?」と思いもよらずエステティシャンの美女から2人に声が掛かる。どうやらスタッフ内でラケットを抱えて島にやって来る(変わった)夫婦として知られたらしい。何だか恥ずかしいけれど嬉しいぞ。何か好きなことを見つけると徹底するのがお気楽夫婦の持ち味だ。

okinawa11終日、チェックアウトの手続きをしていると、お見送りにとOさん登場。「合宿ありがとうございました。楽しかったですね。またすぐに来てください。催促してるみたいですけど、催促してます!」とOさん。ふふふ、実はチェックアウトしながら、ハイアットのサイトで次の宿泊予約をしていたのさ。「おぉ、すごいっ!」これがお気楽夫婦の真骨頂だ。次回は一緒に食事でもしましょうとお誘いすると「ぜひ!」とOさんから即答。よしっ、またウチナーにやって来るモチベーションがひとつ増えた。2人にとってホテルステイは目的そのもの。お気に入りのホテルに滞在し、暮らすように過ごす。ジムで走り、バドミントンで汗を流し、美味しいウチナー料理をいただく。遙か南の島の別荘(勝手にそう呼んでいる)の楽しい日々だ。2人にとってウチナー(沖縄)はすっかりバドミントンの島になった。Oさん、また初夏の頃に!

コメントする








002167914

SINCE 1.May 2005