異界の日常化「浜松移住計画2009/2010」

初日の出の両親と共に年末年始を過ごすようになって数年。仕事納めの後、東京駅で駅弁を買い込み、西に向かう新幹線の車中で妻と2人で乾杯。車窓に流れる風景と共に、1年間のいろいろな出来事が記憶という過去となって飛び去っていく。酒の酔いが増すのに反比例して、日常の些事が頭の中からすぅっと消えていく。隣の座席の妻も、故郷の街が近づくにつれて甘えん坊の一人娘になっていく。自分たちの住む街とは地続きではあるのに、現実とは薄い膜で隔てられた異界でもある妻の故郷の街、浜松。住民ではなく、旅人でもない、中途半端な存在として滞在する異郷での生活。

富士山かし、その異郷は毎年のように現実との距離を縮めている。数年前、スポーツシューズが持ち込まれ、スカッシュラケットとボールが常備されてからは、異郷での生活はお気楽夫婦の日常生活に一段と近づいた。浜松に到着した翌日にはラケットを抱えて早々にスポーツクラブに向かう。休日のお気楽夫婦の生活パターンそのまま。その上、昨年から妻の両親がお風呂代わりに(別の)スポーツクラブに通い始めたことで、日常生活を超えてしまった。なにしろ大晦日の夕方に両親の通うスポーツクラブに4人揃って向かったばかりか、その僅か数時間後の元旦の午後にトレッドミルで走っていた。はっきり言えば、おバカである。

寿司界にスポーツが持ち込まれたと同時に、食生活などにおいてもお気楽夫婦の日常が確実に侵食していた。この年末の営業最終日には残念ながら間に合わなかったけれど、浜松訪問の度に「割烹 弁いち」に通う。両親を連れて訪れる回数を重ね、彼らにとっても馴染みの店と言えるまでになった。それ以外にも、お気楽夫婦が検索した店で食事をし、両親が評判を聞いて予約した温泉宿に宿泊する。それが年末の恒例となった。早めに年末休みに入った「弁いち」に代わり、今年の店は「寿し半 藍路」というこぢゃれた日本料理店。鮨がメインの繁盛店。「弁いちは残念だったけど、この店も悪くないね♪」妻も満足そうに鮨をつまむ。

寿司2ころで、松に置いておくパソコンを持ってきたんだから、酔っ払ってばかりいないでブログの更新もしなさいね」と妻。そうなのだ。お気楽夫婦宅にMacが導入され、任意引退となったWindowsパソコン2号。それが浜松に持ち込まれ、データ通信用のSoftBankのUSB端末が装備された。非日常と日常、仮の生活と実生活の違い。それは1年に2、3度しか使用しないモノを仮の生活の場に常設すること。それはまさしくお気楽夫婦にとってはパソコンとネット環境を導入すること。こうして浜松で初めてブログ記事が更新されている。

界を日常化することは、浜松移住計画の準備でもある。両親のためにデジタルフォトフレームを購入し、画像データを編集してきた妻。浜松で通うスポーツクラブに仲間も増えた。「後は仕事を辞めても暮らせる経済力だけだね」…お気楽夫婦の目指す道のりは、相変わらず遥か遠い。そんな2人を今年もよろしくお願いいたします。

コメントする








002156540

SINCE 1.May 2005