Archive for 4 月 10th, 2010

春はお手頃ご近所で。「はしぐち亭/李朝/萬来軒」千歳烏山

トマトサラダックの業績が好調だ。iPhoneやiPADが売れているアップルも、期間限定バーガーが絶好調のマクドナルドも。デフレ、不況下の日本でも、ただ安いだけではなく、価値を持ったものなら少々値が張るモノでも売れるという好例。生活費を切り詰めるだけでは息切れ(これを“節約疲れ”というらしい)してしまう。たまにはちょっとゼータクするということは大切。消費にメリハリが付く。フツーに買ったり食べたりしていると、慣れてしまって本来の価値を忘れてしまうこともある。節約をゲーム感覚で実行し始めたお気楽夫婦。疲れる程の節約はできていないけれど、効果が出始めている。タクシー利用は減り、外食は…余り回数は減っていない。あれ?

ゴルゴンゾーラと生ハムのブルスケッタ途半端に外食するなら、デパ地下で買った方が安いし美味しいし、外で食べる時は美味しいものを食べに行くぞぉっ!という気持で行かなきゃね」とお気楽妻。確かに妻の言う通り。Dean & Delucaでデリを買っても3,000円弱。その程度の価格であれば、外食ではなくデパ地下が安くて美味しい場合が多い。その価格帯で外食するなら、デパ地下より美味しい(付加価値のある)店でなければいけない。すると普段の夕食に選ぶのは、必然とお店は美味しくお手頃な価格の店に絞られる。さらに帰りのタクシーのことを考えると、ご近所で食べて歩いて帰れる店になる。ふぅむ、これをお気楽夫婦の法則と名付けよう。

マッコルリ参鶏湯んな法則に従ってお店を選ぶと、洋食部門では「はしぐち亭」が上げられる。軽めのオードブルを一品、たっぷりのサラダ(自家製ドレッシングが実に旨い♬)を2種類、パスタかオムライスなどの炭水化物モノ、それにビールと白ワインを1杯づつ。Dean & Delucaのデリほど洗練はされていないけれど、お気軽で、お手頃で、美味しいご近所の名店。韓国料理では最近開店したばかりの「李朝」は赤丸急上昇。こぢんまりとして、落ち着いた内装の店内。焼肉店の喧噪の中ではなく、韓国料理を食べたい時には絶妙。そしてこの店の参鶏湯(サムゲタン)は絶品。そしてお手頃な価格。3種類あるマッコルリを飲みながら、まったりと烏山の夜を楽しみたい。

鴨とこんにゃくのピリ辛煮焼ギョーザして何と言っても、中華部門の「萬来軒」は外せない。最近は、一段と常連の客だけでテーブルが埋まることが多くなり、一見の客を余り見かけない。気心の知れた客に囲まれて、マイペースで接客をするおばちゃんのリラックス度が上がっている気がする。友人たちの間で再評価されている大振りの焼餃子(萬来軒にそんなオーソドックスなメニューがあったのか!と思われていた)が最近のヒット作。カリカリ&ジューシーで外せない。そして鍋を振るおじちゃんおススメのメニュー「鴨とこんにゃくのピリ辛煮」や「タケノコとチシャの煮込み」など、幸せの味。そんな料理とビール1本(生ビールなんざぁ置いていない)と瓶出し紹興酒1杯で、至福の時がやって来る。そしてもちろんお手頃価格。

くづく烏山は良い街だよね♡」と妻。舌と財布にとって幸せな街、春の烏山でご機嫌なお気楽夫婦だった。…ところで、節約って?

002167924

SINCE 1.May 2005