くたばっちまえ アーメン♡「♬ Wedding Bell ♪」

weddingる雨の週末、お気楽夫婦は横浜に出かけた。片手に傘、もう一方の手にはタキシードの入ったスーツカバー。元町中華街の駅で降りて、向ったのはスカッシュ仲間の結婚式会場。新郎新婦がたっぷり時間を掛けて探したという式場は、ファサードには大階段、その両側には大きな円柱が建ち並ぶ豪華な建物。タキシードに着替え受付を済ませ、ウェイティング・ルームに入ると、スカッシュ仲間たちが寛いでいる。というか、何杯目かのシャンパンを手に、寛ぎ過ぎて既に顔は赤く、声は大きい。「IGAさん、おはようございます!僕なんか朝から飲んでるんですよ♬」と、中でも声の大きいコーチの山ちゃん。聞けば、フラワーアレンジメントの先生をやっているスカッシュ仲間が、新婦のブーケを届けるために早めに会場に向うのに付き合ったとのこと。「僕もなんですよぉ〜っ」我がクラブのエースの顔も既に赤い。

bouqet tossっき思い出したんですけど、確かこの会場、僕らの時もここだったんです」と、山ちゃんが続ける。おいおい、“確か”じゃ困るだろう。何杯目かの乾杯の後、式場に案内される。チャペルは清楚で厳かな空気。そこにスカッシュ仲間の花婿が登場。やや緊張の面持ち。口元の微笑みも引きつり気味。そして花嫁を伴った父親が入場。わずか数歩、娘と腕を組み歩いた後に新郎に娘を委ねる。新郎新婦が祭壇に向い神父に挨拶する姿を見つめる花嫁の父。いつもじ〜んときてしまう瞬間だ。式が終わり、大階段でブーケトスの儀式に臨む。花嫁の友人たちは遠慮してか中央に歩みでない。「サクラとして出てください」スタッフに依頼され、歩み寄るスカッシュ仲間の奥さまたち3人。おずおずと新婦の友人たちも集まる。そして、目の前に飛んできた“ブツ”に反応してしまい、ブーケをキャッチしたのは、娘が来年大学を卒業するという奥さま。あぁ、アスリートの本能(涙)。

message露宴会場に入ると、出席者1人ひとりに新郎新婦からメッセージが。柔らかで細やかな演出。新郎新婦の人柄が表れる。「あぁ〜あ、ほんとにヤツは結婚しちゃうんだねぇ」ブーケを受け取ってしまった奥さまが少し淋しそうに呟く。彼女は(半ば本気で)新郎と結婚したかったと宣言するほど、新郎がお気に入り。そう、実際良いヤツなのだ。そして、新郎に紹介され何度か一緒に食事をした新婦も。「今日は飲んじゃお〜っと♡」奥さま3人のテーブルはスポーツクラブのロッカールームのように賑やか。主賓の挨拶に続いて、乾杯の挨拶はスカッシュ仲間の1人。よそ行きのメッセージがくすぐったい。「飲んでますかぁ!」隣のテーブルにも関わらず、声が周囲に響く山ちゃんがやって来る。新郎の親友たちと一緒のテーブルで、何とか楽しんでもらおうと、いつも以上のサービス精神を発揮しているらしい。「だって、あいつの披露宴ですから、楽しんで帰ってもらいたいですよね」誰にも愛される新郎。

wedding bellェディングベル歌いたかったなぁ」冗談半分で言っていた奥さまたちの前に、司会者の女性が現れる。「次ぎは、新郎のご友人代表で3人で『ウェディングベル』を歌っていただけると…」「えぇ〜っ!聞いてないですっ!」「あいつぅ〜!」「でも歌詞が分からない(汗)」すると、「3人分歌詞カードもご用意しています」と司会者。入念に計画されたサプライズのようだ。ぶっつけ本番でマイクを持つ3人。それでも事前に高低のパートを決める当りはさすが。「♬ウエディング・ベェェ〜ル からかわないでよ ウエディング・ベェェル 本気だったのよぉ…」始まってしまった。“新郎”の友人代表が3人の奥さま。そして歌うのはシュガーの『ウェディング・ベル』。シャレはどの世代まで通じるのか。「♬ひと言ぉ言ってもいいかなぁ、くたばっちまえ!ア〜〜メン♬」時間の関係で、3人が1番しか歌えなかった曲は、こんな歌詞で終わる。

おめでとう とても素敵な人ね どうもありがとう 招待状を 私の お祝いの言葉よ くたばっちまえ アーメン♪」…実はとても良い曲で、奥さまたち3人の気持にぴったりで。そして、実に温かく、楽しい結婚式だった。

コメントする








002159325

SINCE 1.May 2005