歌のお兄さんといっしょ♬「星児と歌おう!ステージ101」

STAGE101BEST1969年アポロ11号が月面に着陸。翌1970年、大阪万博が開催。よど号ハイジャック事件が起き、ビートルズは解散した。その頃、田舎の素朴な少年だった私は、人類の明るい未来をまだ信じていた。その年のヒット曲は皆川おさむ『黒ネコのタンゴ』や藤圭子(宇多田ヒカルのお母さん)の『圭子の夢は夜ひらく』。山口百恵や郷ひろみもデビューする直前、アイドル時代の黎明期。そんな頃、私が毎週欠かさず視ていたTV番組があった。当時アジア最大(というのが既に表現として相当古い)を誇るNHK放送センター101スタジオで収録されていた『ステージ101』という音楽番組。番組のためにオーディションが行われ、ヤング101というグループが結成された。アメリカンポップス、番組オリジナル曲を中心に、当時の日本としては画期的なシングアウト(大勢で歌い上げる)スタイルで歌い、踊った。実に新鮮だった。

SetList組から生まれたヒット曲に、シングアウトの名曲『怪獣のバラード』、初期の番組テーマ曲『涙をこえて』『恋人中心世界』『若い旅』などがあるけれど、知らない人は全く知らない。塩見大治郎、若子内悦郎、泉朱子、小林啓子などの初期のメンバーを私はフルネームで言えるけれど、番組を視ていない人にとっては聞いたこともない名前。そんなメジャーなようでマイナーな番組。マイナーと言えば、番組のメンバーにはその後『木綿のハンカチーフ』でヒットした太田裕美や、『おはようございますの帽子屋さん』の谷山浩子が参加していたなどという知識はカルトQに近い。番組出身の最大の有名人は、1976年の大ヒット『ビューティフル・サンデー』で知られる田中星児。彼はNHKの『おかあさんといっしょ』の初代うたのおにいさんとして活躍しているから、速水けんたろうの大先輩にも当たるということになる。そんな星児さんと、プライベートなカラオケで一緒に歌うことになった。

Enjoy!児さんは、お気楽夫婦が通っているスポーツクラブで良くお見かけしていた。けれど、今でもTV番組でお見かけする時には“ビューティフル・サンデー”オーラが溢れているのに、スポーツクラブでは芸能人オーラを一切消している(のだと思う)。決して目立たない。一般人の佇まい。そんな星児さんと何度かスカッシュをご一緒し、その後食事をする機会があった。芸能界ネタを振らずに終始する周囲の仲間たちをよそに、怖いものなしの私。話題がステージ101に及び、無謀にも星児さんの前でオリジナル曲をふと口ずさんだ。すると、星児さんが私の声に重ねてくれた。私の口から次々に当時の曲が溢れ出す。我ながらこんな曲まで覚えていたんだ!と驚く。記憶の発掘。「良く覚えてますねぇ」と星児さん。ではみんなでスカッシュやった後にカラオケご一緒しましょう!と調子に乗る私。「良いですねぇ」え”?意外にも星児さんの反応も良し。ではいつにしましょうか?と畳掛ける私。無事に日程も決まった。その後ロッカールームでお会いすると「00日ですよね」と声を掛けていただき、楽しみにしている様子。いい人♬

Singoutして当日。「田中さん、体調悪くってスカッシュ来れないんですって」ん〜残念。アマゾンでステージ101のCDも購入し、準備は万全だったのに。「でも、カラオケは来ますって♬」一同安心、大爆笑♡…そしてフロントでぽつんと待っていてくれた星児さんと一緒にカラオケBOXへGO!遠慮がちな他のメンバーを余所に最初から歌い飛ばす私。つられて周囲も付いて来る。そして星児さんの出番だ。軽やかで良く通る声。ワンフレーズですっとその場にいた全員が惹き付けられるのが分かる。凄い。プロの声だ。プロの歌だ。そして図々しい私のリクエスト、ステージ101オリジナル曲(3曲もあった!)をその場でハモってくれる星児さん。嬉しい!自分が上手くなったような錯覚に陥る。40年を遡り、ヤング101の仲間になった気分。気持良い!楽しい!メンバー全員が歌う星児さんを写メで撮りまくる。その後も生『ビューティフル・サンデー』はもちろん、『おかあさんといっしょ』時代の曲やシャンソンなどを楽しそうに歌う星児さん♫まるで“うたのおにいさん”(ホンモノですから)。周囲もノリノリ。気が付いたら5時間が経っていた(笑)

しかったねぇ♬」「また行きましょう!」全員が口を揃える。星児さんも満足そうに微笑む。いつもの良い人オーラを纏い、さっきまでの芸能人オーラはいつの間にか消えている。ひとたび極めた芸を表に出せばプロになり、抜いた刀を収めれば周囲に溶け込む武芸の達人の様相。

度は私も行きたい!」当日参加できなかった仲間からメールが入る。話を聞いて妻も行きたいと呟く。名付けて“星児と歌おう!2011”…次回開催は?

*田中星児さんご本人にお名前と画像掲載の了解をいただいています。

コメントする








001792287

SINCE 1.May 2005