幸福のお裾分け♬「萬来軒&ル・プティ・ポワソン」

GyozaShrimp年秋になると、上海ガニを食べるためにスカッシュ仲間が集まる。大切な秋の恒例行事。ところが、会場である萬来軒のおじちゃん曰く「今年のカニは高くってねぇ。中国の水も空気もあんましキレーじゃないし…」と、中国から食材を仕入れている店主らしからぬ発言(笑)。「今年はIGAさんたちはどうします?」と聞かれれば、今年は上海ガニ抜きで集まると答えるしかない。というのも、ここ数年は仕入れ値がやたらと高く、かと言って大幅に値上げをする訳にもいかず、赤字覚悟でカニを出していたと聞いていた。毎年この季節のお約束とは言え、そこまでしてカニを食べなくとも、オジちゃんの幸福になる料理を楽しめれば良いさ。と、さっそく仲間たちを招集。

TompourouOysterして今年は特別企画。先日挙式したばかりの新婚カップルを招き、ル・プティ・ポワソンのマコちゃん特製のウェディングケーキでお祝いをしようというもの。残念ながらスケジュールが合わず、新婚の2人は2次会から参加。ケーキをBar808にスタンバイさせて萬来軒に向かう。「久しぶりぃ〜」「タバコ止めたんだぁ」「リバウンドしそうなんだよね」乾杯しつつ、それぞれの近況報告。イカ、エビ、アスパラの塩炒め、焼餃子、四川風東玻肉、牡蛎の甘辛炒めなど、相変わらずの絶品料理を味わい、瓶出し紹興酒を楽しむ。引っ越したり、クラブが変わったり、一緒にスカッシュをやることはなくなったけれど、こうして年に数回会える関係が続いているのは嬉しいことだ。

HappyWeddingCharlotte間たちが集まる“きっかけ”として、上海ガニは重要なコンテンツだった。あるメンバーはカニ専用のフォークを買い揃え、ある者はカニフォークとしても使えるアーミーナイフを自慢した。年に1回のイベントを楽しみにして、友人たちがそんな準備をしている姿を想像すると、なんだか嬉しく、思わず笑みが漏れたものだった。そして上海ガニの姿蒸しが登場しない今年、カニの身を剥いて会話が止まることもなく、(毎年会話が止ることなどないのだけれど)話題も尽きることなく、大笑いしながら食事を終えた。そしてBar808に移動。幸福感満載で!とお願いしたケーキはイチゴがたっぷり載ったシャルロット。隠れキャラのように♡のワンポイント。オシャレ。

SquashFriendsFriends面笑みの新婚カップルが登場。「うわぁ、凄い!美味しそう♫ありがとうございます♡」と新婚妻は早くもリラックスモードで場に馴染む。元々彼女もスカッシュ仲間。その日のメンバーは練習や合宿で顔なじみ。「ウチに遊びに来た時に、寝室で寝ちゃったんだよね。だからウチで彼女の名前は、眠り姫(笑)」と仲間の1人が暴露。本人はでへへと悪気なし。幸福そうに惚け、微笑む。さらに、披露宴写真を皆で見ながら幸福のお裾分けをいただく。軽やかで上品なケーキをいただけば、さらに幸福な顔になる。初顔合わせの新郎の緊張も解け始め、ヤス!とムードメーカーである仲間の1人から早々に呼ばれ始める。良い感じ。何本めかのワインボトルが空になる。

夜はありがとうございました。ダンナさんは相当楽しかったようで、帰りにラーメンを食べたいと言い出しまして(笑)、私もちょっとだけ食べました」翌朝、そんなメールが届いた。楽しかったからラーメンという法則は良く分からないけれど、可愛い新婚さんだ。「またこれからもちょこちょこお邪魔させてください」とメールは続く。もちろん歓迎。幸福は伝染する。幸福そうな2人にお裾分けをいただき、新婚の魔法が溶けた後でも(笑)、幸福な味を一緒に楽しもう♬

コメントする








001570634

SINCE 1.May 2005