口福な日々「用賀 本城、てとら、洋食バル ウルトラ…」

Honjo月某日、春を味わうために「用賀 本城」に伺う。スカッシュレッスンの後に砧公園でお花見をして、その後に本城で春の料理を楽しもう!という企画…だったが、花より団子。肌寒い天気にメンバー全員一致で花見を中止。本城訪問がメインとなる。それを知ってか、雅な京料理の一皿にサクラが添えられた。思わず微笑んでしまう料理に深く頷き、寒さに震えながらお花見をする他の友人たちの様子をFacebookで知り、思わずほくそ笑む。左隣に座る小顔美女改め酒豪女子のペースに釣られ、ついつい深酒。最後の一品を食べられず、右隣に座る妻に睨まれる。「こっそりもう1本いっちゃいましょう♬奥さんに怒られちゃうかな」という誘惑に勝てなかった私の不覚。

Tetra月某日、どうしても飲みたい!という気持を抑えきれず、「さかなの寄り所 てとら」に伺う。その日も妻は深夜残業。家で独りメシは淋しいと、独り酒。1時間限定で席が空いていると聞き、サクッと飲んで帰るにはぴったりとカウンタ席に座る。店主のジローさん、奥さまのアキちゃんと取り留めのない話をしながら、ぐびっと一献。さらっと二献。おっと三献と酒がススム。この店は、居心地が良く、魚と肴が旨い小さな店。独りで飲んで帰ろうかと思う時に、真っ先に頭に浮かぶ店。おススメの酒を味わい、酒に良く合う肴を味わい、程よく酔いながら帰宅。ここで止められないのが酒飲みのだらしなさ。独り二次会。本城さんからいただいた釘煮で一杯。深酒。

Ultra月某日、スポーツクラブでたっぷり汗を流した後に「洋食バル ウルトラ」に伺う。深夜残業でストレスが溜まる、運動しないと体重が増える、どうしても走りたい!身体を動かしたい!と訴える妻。彼女は一定期間運動しないと、酸素が身体に回らなくなるらしい。酸素が足りずに錆びてもらっては困るので、定期的にジムに通っている。健康のため、のはずなのだけれど、運動の後のビールは旨い。すいっと飲み干す。お代わり。汗を絞った後だから、2杯目なのに、これでもかというほど旨い。塩分を失った身体には、揚げたてのポテトなどの料理が、これまた沁みるように旨い。つい冷えた白ワインなどを飲む。時は深夜。体重は減るどころか増えるばかり。残念。

Senmano月某実、前職の飲み仲間とシモキタの「千真野」に伺う。体調が良くないからあっさり目の料理で、という彼女のリクエストで選んだ店。岩手出身だと言う店主は、地元の食材を使った料理を供し、地元の酒蔵の酒を揃える。シモキタには珍しい落着いた佇まいの貴重な店。「このタケノコ美味しいぃ。なんだか元気になってきました」と、悪かったはずの体調があっという間に回復の模様。美味しい酒と料理は人を元気にする。どうやら最近気になる相手がいるらしい。彼女にとって久しぶりの恋バナ。彼女よりも彼女の父親に年齢は近い。ディープな話も余裕を持って聞ける年齢差がありがたい。すっかり彼女が元気になった頃に、残業帰りの妻が合流。またもや深酒。

Trois月某日、ボルダリングの後に「ビストロ トロワキャール」に伺う。オーナーシェフの木下さんが、facebookに旬のホワイトアスパラが入荷したとの書込み。思わず釣られて予約。その後アップしたバスク地方のマネッシュ豚の画像に、食べたい!とメッセージ。訪問前にオーダーは決まった。店を訪れると木下シェフが満面の笑みで迎えてくれた。ホワイトアスパラに敬意を表し、白ビールで乾杯。そして白ワイン。ボルダリング仲間と山行計画。燧ヶ岳、瑞牆山、千畳敷カール、候補地が次々に上がる。妻もどうやら新たなスポーツに足を踏み入れる気持が固まったらしい。楽しみだ。と、調子に乗って深酒。メインの肉を食べきれずにドギーバッグで持帰り。無念。

を飲まない日はあるんですか」と誰かに問われれば、傍らにいる妻がない!と即答する。独りで店に伺っても心地良く飲める店がある。ありがたいことだ。美味しく酒が飲める気の置けない仲間たちがいる。嬉しいことだ。季節毎に食べに行きたい美味しい料理を出す馴染みの店がある。一緒に味わいたい仲間たちがいる。幸福で、口福なことだと思う日々。

「だからと言って、飲み過ぎだよ」という妻のおことばはごもっとも。

コメントする








002154722

SINCE 1.May 2005