期待以上に♬「MIMI et MEME」

CakesSakurazaka直に言うと、さほど期待はしていなかった。主役の母親が、「ダンスと一緒のコンサートなんだってセナが言ってた」という説明をしながらも、「時間があったら来てね」と微妙な誘い方をするものだから。とは言え、役員秘書が「セナちゃんのライブ行ってみたぁい。前の時は時間が合わなかったし」と、すっかり乗り気。では、桜の頃だし、花見を兼ねて行ってみようか。と、出かければ、当日は氷雨。花見どころの陽気ではなく、会場近くの「TORAYAカフェ」で、のんびりまったりしながら開場時間を待つ。すると母親から「席とっておいたから、開演までには来てね」とメール。まったりスイーツいただいてます、と返信。全く緊張感のない伯父叔母参観の体。

NewWorldSetlist場は六本木の「音楽実験室 新世界」というライブハウス。この会場は、知る人ぞ知る元「自由劇場」であり、オンシアター自由劇場の名作『上海バンスキング』が誕生した場所でもある。「こんな小さかったかなぁ」とこの場所で上海バンスキングを観たという妻が呟く。ワンドリンク付きのライブということで、ワインを飲みながら最前列の席で舞台下の構造を眺める。全くライブに興味が湧いていない態。その日の主役はスカッシュ仲間の娘、ヴァイオリニストの大嶋世菜。友人のアニメーター&パフォーマーの深谷莉沙とのライブ。「MIMI et MEME」というタイトルは、耳と目で楽しんで!というメッセージとmimi:フランス語でカワイイという意味を掛けたもの、…かな。

MIMIetMEMEViolinープニングはジャン-フィリップ グードの「Embarques dans pentes」という曲。ヴァイオリン、チェロ、アップライトピアノ、サックスというインストルメンタルのバンドが奏でる音に急き立てられるように、もう1人の主役である深谷のダンスパフォーマンスが始る。踊りながら、舞台下のMacbookAirを自分で操作し、アニメーションの映写をスタートさせる。アニメの映像にはキモ可愛い女の子とウサギが現れる。仲良くベッドに入り、目醒め、一緒に体操をし、散歩をし、そして食事のシーン。食材になったのは…。ショッキングな内容を淡々と描きながら、本人は舞台の上で奇妙なダンスを踊る。前衛的で個性的なダンス。けれど、ぐっと惹き込まれる。良いね♬

JunpeiMember半の魅せ所は、チェリストの林田順平とセナの競演。お気楽夫婦にはお馴染みのJohan Halvorsenの「Passcaglia」。 チェロとヴァイオリンが互いに仲良く、時に攻め合うように音を重ね、挑発し合うように合奏する曲。この2人が演奏するこの曲は、何度も聴き、その度ごとにしみじみと惚れる。良い曲だ。良い演奏だ。互いの演奏を讃え、挑戦し合い、演奏している間は実に良い関係でいられる2人(笑)。ショートヴァージョンではあったけれど、このコンパクトでリラックスした会場で聴けたのは嬉しい。エンディング。アンコールの拍手。ほとんどの観客が関係者であろうけれど、その拍手は温かく、本気の拍手。オープングの曲をもう一度。良いね♬

セナと順平くんの曲がやっぱり良いねぇ」と妻。「あの弦を指で弾くとこで、ぞくぞくってしちゃった」と役員秘書。「あぁ、ピッツィカートね」さらっとセナの母。ダンスとアニメって、彼女の才能もなかなかだよね。…そんな、かみ合うような、かみ合っていないような会話を交わしながら寒空の下を六本木交差点方面に歩く。「わぁい、久しぶりの中国飯店、楽しみだぁ」そう、エンタメの後は美味しいモノを。お楽しみはこれからだ。to be continued….

コメントする








001570603

SINCE 1.May 2005