好きな事しかしない旅「グランドハイアット香港」

HongKong1HongKong2めてその街を訪れた時も、ヴィクトリアハーバーに面するビルの壁面一杯に、派手なクリスマスイルミネーションが輝いていた。街のあらゆる場所に人が溢れていた。1995年12月、返還前の香港は得体の知れないエネルギーに溢れていた。前年に九龍城砦は解体されたけれど、路地裏には怪しげな雰囲気が残っていた。それから20年、すっかり香港に魅せられたお気楽夫婦は、この冬に12回目の香港訪問を果たした。宿泊先は灣仔(ワンチャイ)にあるグランドハイアット香港。初めて訪れた際にも宿泊したホテルだ。違うのは部屋のグレード。オトナになった2人が宿泊するのはクラブフロアの客室だ。

HongKong5HongKong6ラブルームの最大の特典は、クラブラウンジの利用。2人が毎回のようにこのホテルに宿泊するのは、そのラウンジの魅力にある。そしてこの秋、各階で進められていたリノベーションの総仕上げとして、ラウンジが全面リニューアル。実は、この夏に宿泊した際にその情報を聞き、完成を待って再訪したお気楽な2人。30階にあるラウンジのフロントでチェックインした後、さっそくラウンジを訪れる。「わぁ〜っ!すごい」妻もその変わりように驚いた。ヴィクトリアハーバーを望む大きく明るい窓は以前のまま、使いやすいレイアウトに変わり、解放感溢れる広々とした快適スペースになった。

HongKong4HongKongウンジの魅力はサービスのレベルと質にある。朝食の料理の豊富さと美味しさはもちろん、カクテルタイムが素晴らしい。フレッシュなサラダ、生ハム、スモークサーモンなどのコールドミール、何種類かのオードブル、ホットミール、豊富なチーズ、フルーツ。小食な2人はここで夕食をコースで食べられるぐらいの品揃え。そして、名物“わんこシャンパン”だ。馴染みのスタッフたちにお帰りなさい!何を飲むかと聞かれ、シャンパンと答えた後は、飲み干しそうになる絶妙なタイミングでスタッフが現れ、並々と注いでくれる。無限に続く至福の時間。実際、到着初日はラウンジで夕食を済ませた2人。

HongKong3HongKong8適なジムもこのホテルの魅力。毎朝たっぷりの食事を摂り、午後には美味しい中華料理を堪能するために、午前中はジムに籠りたっぷり汗を流す。ジムの受付でロッカーキーを受け取り、妻がお気に入りだという中庭の緑のアーケードを通り、ロッカールームで着替え、最新のマシンに変わったジムで汗を流した後は、シャワーを浴びながらウェアを洗濯し、水着用の脱水機でちゃっかり脱水。そして(部屋のビールは高くて飲めないので)市中のコンビニで買ってきた缶ビールを飲みながら、洗濯物を部屋干し。このホテルに暮らしているような毎日のルーティンワーク。それも楽しい。それが楽しい。

回思うんだけど、ここに住みたいなぁ」妻がつぶやく。馴染みのスタッフとの挨拶や会話、快適な客室、素晴らしい眺め、美味しい料理、会計を気にせずに(笑)飲むお酒、歩いていけるジム、スパ、プール…。お気に入りのホテルを味わい尽くす心地良い時間が流れる。朝目覚めてから眠りにつくまで、1日中好きなことしかしないストレスフリーな生活。「日本にいてもストレスはないんだけどね」妻のゼータクな呟きは、そう続いた。

コメントする








002139129

SINCE 1.May 2005