幸福な気持になる料理♬「用賀 本城」

Honjo1Honjo2べるといつも幸せな気持ちになるんだよね♬」本城さんの料理を味わう度に妻は微笑む。初めて二子玉川の「たん熊 北店」で出会ってから約10年、独立されてから6年余り、その間ずっと季節ごとに、通算数十回の幸福を2人で味わってきたことになる。そして、その幸福の味を共有したいと思う友人たちを誘い、ご一緒してきた。2人が訪れた回数の大半は友人たちとの会食だった。そう思い指折り数えると、おそらく20人以上の友人たちと一緒に口福を味わったことになるようだ。こっそり2人だけで伺いたい秘密の店ではなく、仲間と一緒に楽しく味わいたい店。あの人をお連れしたいと思わせる店。なぜだろうと考えてみたら、答えはすぐに出た。その秘密は、カウンタ席にある。

Honjo3Honjo4城さんの出身「たん熊 北店」は、カウンタ割烹の先駆けである京料理の名店。本城さんの料理は、たん熊で培ったであろう伝統の技の上に、オリジナリティ溢れる料理が新たに生まれ、選び抜いた器の上で輝いている。本城さん独自の味があり、彩があり、演出があり、そして何よりも料理に対する愛情がある。人懐っこい笑顔の本城さんとの会話がスパイスになり、料理の味を一段と引き立たせる。カウンタの向こうの調理場がエンタテインメントのライブステージになり、観客である我々を楽しませる。これこそがカウンタ席でなければ味わえない愉しみだ。だからこそ、予約はカウンタ席が最上であり、中でも本城さんと相対する左端の席こそがベストシートとなる。

Honjo5Honjo6望の本城デビュー!嬉しいです」その日ご一緒したのは、スカッシュ仲間のご夫婦。ワインをはじめお酒全般が好きで、美味しいモノが大好きな2人。お連れするにはぴったり。その上、予約できたのはカウンタ左側の4席。デビュタントにとってはこれ以上ないベストシート。まずはビールで乾杯。「うわ〜!キレーで繊細な味ですねぇ♬」先付けの香箱ガニでいきなり舌の上に鋭いパンチをくらい、軽くダウン。続く生うにとあん肝の酢の物で、食材の組合せの絶妙なバランスに早々にTKO寸前。ここで素早く日本酒に移り体制を整える。ところが、牡蠣と白子の餡掛け、そしてお造りと攻め続けられ、軽く炙ったメジマグロを柚子胡椒でいただくスモーキーな一品に悶絶。KO。

Honjo7Honjo8すぎです、どの皿も」「あざっす」飲むほどに饒舌になり人懐こくなる友人夫妻に、本城さんもリラックスした笑顔で応える。彼らのデビューは上々だ。椀モノではダイコンとニンジン紅葉の下に沈むのはフカヒレ、ノドグロの焼き物の皿の上に散った板ウニのイチョウ、見目麗しく箸で崩すのが惜しい京料理の数々。「え?これ食べないの?」「大事に取ってあるの!」板ウニを焼いたイチョウは夫婦間で取り合いバトルが勃発。次々にお銚子が空になっていく。そしてアワビと貝三昧で少食のお気楽夫婦は終了。「お二人はご飯とデザート行かはりますか」「もちろんです!」友人夫妻が声を揃える。そして、焼きフォアグラ乗せ青海苔餡掛けご飯に声を震わす2人。幸福そうだ。

ぇ〜っ!持ってないの?」「そっちこそ!」本城ご夫妻に見送られ、今年もお世話になりましたと年末の挨拶をして店を出る。ところが、お互い相手の財布を期待していた2人の所持金不足が判明。何とも最後まで愉快な2人だ。まさか寸借詐欺でもあるまい。では、来年お会いする時までお貸ししよう。「夢のような本城デビューから、借金までしてしまい…こんなダメ夫婦ですが、これからも宜しくお願いします」翌日届いたメッセージにお気楽妻が微笑んだ。次回また、あの幸福のカウンタでご一緒に♬

コメントする








002156540

SINCE 1.May 2005