夏の新作メニュー登場♬「ビストロ808」

Bistro8081Bistro8082回行けなかったから、ビストロ808に行きたぁいっ!」スカッシュ仲間から開店リクエストがあった。彼女は1月の開店時にお招きしていたのに、インフルエンザに罹患し来店を断念。そんな彼女は2度目の来店、他に3度目の来店が2人、初来店が1人。それぞれ来店の際のメニューをチェック。さぁて、どんな料理を作ろうか。数日前からおおよそのメニューを決め、食材を調達し始め、一部の料理は作り始める。パテドカンパーニュやキャロットラペは、作って数日経った方が味が落ち着いて美味しいのだ。そして開店当日の朝、TVをみていた妻が「あ、これ良いんじゃない?」と宣うた。彼女の疑問形の使い方は、命令形ないしは依頼形。この場合はこれ作って!という意味になる。

Bistro8083Bistro8084組で取り上げていたのは「ベジデコサラダ(R)」という、野菜を使ったデコレーションケーキのようなサラダ。むむむ、ハードルが高い。けれど、ふと閃いて、ケーキ型とコンビニのポテトサラダ(具が少ないタイプ)を購入。ケーキ型の底にクラッカーを敷き詰め、周囲に薄切りにしたキューリを並べ、ポテトを潰し滑らかにしたポテトサラダを塗り込める。その器の中に作ってあったキャロットラペを入れ、固めに押し込み、その上からポテトサラダを塗り込み、トッピングとして、プティトマト、レッドペッパー、チャービルを飾る。すると、初めてとは思えない出来の、(巨匠風に)ベジデコサラダの完成でぇ〜すっ!「わぁっ!すごい!」「キレー♡」女子会メンバーから歓声が上がる。

Bistro8085Bistro8087ャロットラペ美味しいね。大好き♡」妻のサラダランチ弁当の定番料理。レシピを見ずに作れるメニュー。スーシェフが焼いた牛肉のタリアータも好評。ローズマリーとニンニクを炒ったローズマリーソルトも、牛肉の焼き具合も確かにいい感じ♬どこで買ったのかと尋ねられ、地元の商店街の肉屋で買ったと答えると、いい商店街だよねという反応に嬉しそうな妻。地元LOVE。「このラタトゥイユも、ちょっとピリッと美味しいわぁ」「それにしても、どの料理も盛付けキレーだよね」料理が上手なのに盛付けが悪いのは、せっかくの美人なのに化粧が下手な女性と同じ。逆に盛付けという“見た目”は、料理の“味”の底上げをしてくれる。料理の盛付けは、かなり重要な要素だ。

Bistro8086Bistro8088目が美味しそうだぁ♬」唯一、ライブで作るメニュー、アクアパッツアの調理をしていると、スカッシュ仲間たちが無水鍋を覗き込む。これが対面キッチンの楽しさでもある。さて、盛り付けようかと思っていると、そのままで美味しそうだから、鍋のままで良いよぉ〜!との声。ではと、イタリアンパセリを飾って完成。お客様に買ってきてもらった、ヴィロンの絶品バゲットと一緒にサーブ。「さっきのお肉でも思ったけど、今まで食べたアクアパッツアの中で一番美味しい!」それはちょっと大袈裟。とは言え、嬉しい感想。どれどれ、バゲットを浸してスープを味わう。確かに旨いと自画自賛。地元の魚屋で買った金目と、大粒のアサリの出汁が良く利いている。魚屋のおかげ。

ストロ808の料理の味は、気の置けない仲間と、馴染みの店(自宅だけど)で飲んで味わうからこその美味しさ。閉店時間を気にすることなく、貸切(笑)だから他の客に気を遣うことなく寛ぐことができる。自分たちの飲みたいものを、飲みたいだけ(持ってきただけ)味わえる。それこそがホームパーティの(ビストロを名乗ってはいるが)良さ。今回もホストとして、シェフとして、とても楽しい開店だった。「プロ級のお料理に楽しいお話、楽しい週末でした(^^)」初来店のスカッシュ仲間からもお礼のメッセージが届いた。どうぞ、またのご来店を!次回は、秋の新作メニューでお待ちしています♬

コメントする








002156541

SINCE 1.May 2005