オトナの修学旅行「つくば/第1夜」

Tsukuba1Tsukuba2くばって意外と近いよ。IGAちゃんたち、みんなで遊びにおいでよぉ♡」ご主人の転勤に伴い、世界を股にかけて(笑)引越しを続けてきたスカッシュ仲間、通称マダムから熱烈なお誘いがあった。ジュネーブやらワシントンD.C.を経て、彼女の現在の住まいはつくば学園都市。「修学旅行に行く!」彼女を姉と慕うお気楽妻が声を上げる。「行こう行こう!JAXA行きたいし」故郷長野LOVEのスカッシュ仲間が続く。ではと、引率の先生(私)が軽い腰を上げ、メンバーの日程を調整。ある週末、TX(つくばエクスプレス)に飛び乗った。「IGAちゃん、いらっしゃぁ〜い!」改札口でハグの歓迎を受け、ご新居に向かう。駅から徒歩2分。コンシェルジュが常駐する豪華マンションだ。

Tsukuba3Tsukuba4しみにしてたんだぁ♬」リビングのドアには「OPEN」のサインプレートが掛かり、秋らしい色合いでセッティングされたダイニングテーブルには「RESERVED」のプレートが置いてある。さすがはもてなし上手のマダム。「喉乾いてるでしょ、飲も!飲もう!」さっそく乾杯。「皆んなにいくら飲んでもらっても良いように、これ買ったのよ」見ると、テーブルの横にはワインセラーにワインやペリエが収納されている。すごい!そしてパプリカのムースなど、マダム手作りのオードブルが彩り美しく盛り付けられ、次々に供される。凄すぎ。どれも見目麗しいだけでなく、繊細で美味しい。「IGAちゃんのビストロ808の姉妹店になれるかしら」って、参りました。

Tsukuba5Tsukuba6クアパッツァ出すの忘れてた!」忘れるにしては大物すぎの鯛やムール貝、アサリがたっぷりの一皿が登場。これまたゼータクに美味しい。「例のチーズもあるよ♬」出てきたのは、Tête de Moine(修道士の頭) というセミハードタイプのチーズ。ジロールという専用の削り器を使って、花びらのように薄く削いで食す。スイスに駐在していた頃に食べて気に入ったもので、この日のためにチーズをネットでオーダーしたのだという。ん、匂いは強いが旨味のあるチーズ。口の中でホロホロと溶けていく。これはワインが進んじまうぜぃ!と何本目かのワインが空になる。それにしても、細部までマダムの気遣いを感じさせる料理であり、器であり、セッティング。感激、そして感謝。

Tsukuba7Tsukuba8ぁ〜、いらっしゃい。お久しぶりです」帰宅したご主人と挨拶もそこそこに、すっかり寛いでパジャマ姿になり、カラオケ三昧。彼とは以前の赴任先のワシントンD.C.で初めてお会いして以来。そして2度目はつくばでカラオケ(笑)♬長野の友人の余りに上手な歌に、皆で大笑い。すっかりツボに入った私は吉本新喜劇並みのコケを繰り返す。「どこまでカラオケの音が響くか、ベランダに出てみたり、廊下に出たりしたんだけど、ダイジョーブだと思うよ」一緒に歌って踊りながらも、気遣いの人マダム。けれども楽観的でもあり、自分も心から楽しみ、弾けてくれる。そんな様子がゲストを心地良くさせてくれる。それが彼女のホスピタリティの真髄であり、彼女の魅力だ。

は何を歌いますかぁ♬」ご主人はすっかりカラオケの虜。と、何曲か歌っている内に、いつの間にか深夜。引率の先生も調子に乗りすぎた。「さぁ、消灯時間をとっくに過ぎてますよぉ」すっかり宿の女将に変身したマダムに催促され、マンションの別棟にあるゲストルームへ。会社帰りにつくばに向かう我々の荷物が少なくて済むようにと、タオル、パジャマなど宿泊に必要な備品をほとんどを揃えて迎えてくれた彼女。完璧。民泊ビジネスもできそう。そんな彼女に感謝しつつ、修学旅行第一夜終了。…翌日に続く。

コメントする








001453248

SINCE 1.May 2005