酔い年をお迎えください♬「馴染みの店たち、その2」

Tetra1Tetra2日はNO残業DAYなんです。行きます!」桜上水の「魚の寄り処 てとら」に行かないかというメッセージを送ると、肉部の部長からすぐに返信があった。「てとら」は店名通りに魚と肴が美味しい、居心地の良い小料理屋。年末にご挨拶に伺うべき店の1軒だ。残業で遅いお気楽妻を待つ間、おやぢ2人でサシ飲み。福を呼ぶ酒「赤福助」を温燗で飲みつつ、絶賛婚活中の彼の近況を聞く。「うまいっすねぇ」ん、来年は福を呼ぶ歳になると良いねとぐびり。刺身をツマミに「万齢」をぐびり。遅れて登場した妻と乾杯!「惣邑」をぐびり。体重減を祝って「みむろ杉」「達磨政宗」をぐびり。この店は日本酒のラインナップも豊富で嬉しい。今年も美味しく飲ませていただいた。

Asign2Asign1しい!ご一緒します」友人夫妻と行くはずだった芝居のチケットが、友人妻の急病のため宙に浮いた。アクティブでフットワークが軽く、芝居に興味があって…と代打候補を探して同行することになったのは、前職で一緒だった(当時の)社長秘書嬢。会場は下北沢のスズナリ。「リリパットアーミーⅡ」の『天獄界』という30周年記念公演だ。終演後、シモキタで芝居と言えば、いつもの泡盛BAR「Aサインバー2号店」に向かう。「あ、今日も芝居の帰りですか」と店主に迎えられる。いつものようにオリオン生をぐびり。料理のオーダーもいつも通り。クーブーイリチー、カリカリポーク…。2杯目は泡盛。その日の気分は瑞泉のロック。芝居の余韻と共に3杯目は…と深酒。

Ichigo1Ichigo2末のスカッシュレッスンの帰りに立ち寄ったのは「鮨いち伍」。年末のご挨拶は欠かせないお気楽夫婦御用達の寿司屋。というよりは、この店以外の寿司屋にここ数年は行ってさえいない。そう言えば去年のクリスマスイブには、敢えてこの店に来たのだった。メリークリスマ寿司。クリスマスイブにウチで良いんですか?と大笑いしたその日の大将の笑顔が忘れられない。良いんです。カウンタのみ8席だけの小さな店。基本的にはお任せ。何も聞かれずに、寿司台に優しく置かれる見目麗しい握りを心踊らせいただく。どのネタにも丁寧な仕事が施され、ネタによって柚子と醤油、煮切りなどを纏っている。繊細で美しく旨い寿司。そんな至福の時間を味わえることに感謝。

Honjoh1Honjoh2賀 本城」もお気楽夫婦にとって大切な店。本城さんが二子玉川の「たん熊北店」にいらした頃から、10年以上のお付き合い。この夏には、本城ご夫妻(ご夫婦揃って下戸)が沖縄に行くとのことで、後輩夫婦が経営するカフェ「サンスーシィ」を紹介させていただき、美味しかったと喜んでいただいた。秋には恒例(4年目)の鮎づくし。大切な友人たちを誘って開催するイベントになった。そして年末のご挨拶は、酒豪女子と母上とご一緒に。毎年のように2人で旅行をする仲良し母娘。京料理の名店「用賀 本城」は、京都好きでもある彼女たちとご一緒するに相応しい店だ。その日もセイコ蟹を始め、冬の味覚を堪能した。また来たいわ!というご母堂のことばが最大の賛辞。

…と、あっという間に年末。挨拶すべき馴染みの店は全て訪れた。そして仕事納め。ふぅ。それでもまだお気楽夫婦にとって、年末に最も大切な“仕事”が妻の故郷浜松で待っている。地元のスポーツクラブの仲間たちと“スカッシュ納め”を行い、義母の喜寿のお祝いの宴、そして義父母と共に年末の温泉旅行という一年を締めくくる恒例のイベントだ。さらには、大晦日に「割烹 弁いち」のお節を受け取れば、2016年が終わる。今年もいつものように良い年であり、酔い年だった。多くの店に、友人たちに感謝。来年もどうか良い(酔い)年となりますように♡

コメントする








001570619

SINCE 1.May 2005