愛校心♡覚醒「スカッシュOB&OG会」

Kokudai1Kokudai2には愛校心(出身大学の)というものがない。と、思っていた。学生時代はアテネフランセ(以下アテネ)に通い、その授業スケジュールを最優先。その合間に大学の授業を入れていた。大学の友人よりもアテネの友人たちとの付き合いの方が、深く長く、自分の出身校はアテネと思っていた。ところが、スカッシュという日本ではマイナーなスポーツをやっている、同じ大学の後輩がいる事が分かった。それも可愛い女子が2人も。急激に私の中に愛校心が芽生えた。1人はスカッシュバカ(大好き)カップルとして有名な女子。もう1人はスカッシュ同好会すらなかった母校にも関わらず、インカレ個人戦で上位入賞を果たした女子。その上前職の会社の後輩!これはOB会を結成せねばだ。

Kokudai3Kokudai4カッシュを一緒にやった後、ご近所の四川料理屋へ。スカッシュ大好き女子の飲みっぷりは何度か酒席でご一緒して知っていたが、大学と会社のW後輩女子も「弱くはないです」と、自ら酒豪宣言。これは嬉しい。さっそくビールで乾杯。会員3名、お隣の大学だった誼でお気楽妻は準会員、スカッシュバカップルの彼も名誉会員として認定。この瞬間、K大學スカッシュOB会が結成された。「焼餃子も水餃子も美味しい!それにお酢と胡椒いいですね♬」焼餃子をお酢と胡椒で食べると美味しいよと、先輩からのアドバイスを素直に聞き、さっそく試した後輩女子が微笑む。「若い子たちは良いわねぇ。ウチの客は年寄りが多いからさぁ」と、店のオバちゃんも実に嬉しそう。同感。

Kokudai5Kokudai6生日おめでとう♡」2次会会場は「BAR808」。そこでスカッシュ大好き女子にサプライズ企画。Facebookで前日が彼女の誕生日だったことを知ったW後輩女子から、可愛いポーチのプレゼント。お気楽夫婦からはご近所の名店「Patisserie Yu Sasage」のバースデーケーキ。「ありがとうございます!嬉しい♡ほら、こんな風にやるんだよ!」彼女の誕生日当日に、何とノープランで臨んだという彼にお小言。うはは。相変わらず不思議なカップルだ。飲んべの女子OGの2人は、母校がある渋谷の話(「やまがた」という老舗居酒屋が再開発で閉店!とか)だったり、下心満載の男子からの酒の誘いを受け、相手を先に潰してしまったりと共通点も多く、後輩好感度もアップ。

Bar8081Bar8082、ウィスキーだけはダメなんですよ」とスカッシュ大好き女子が言えば、「前回お邪魔した時のジンライムが、ほんっとに美味しかったんです」とスカッシュバカップル男子が続ける。ん、ではまず彼女にはブッシュミルズのロックを、彼にはライムの代わりにレモンで作ったタンカレーのジンレモンを。「わぁ、良い香り。軽やかで飲みやすい」と飲んべらしく反応よし。「これも美味しいです」と言う彼の反応は軽くスルー。「え、このウィスキーのグラスは全部バカラ?」目敏い後輩女子。美味しい酒は、気に入ったグラスで飲むとなお美味しい。では次はこれを試してみてと「ボウモア」をストレートで。「うわっ!すごい香り!でも美味しい♡」飲んべ女子、覚醒。

生日後夜祭に素敵なサプライズ、あんな苦手だったウィスキーも飲めて、最高の夜でした!」「今日はホントに楽しかったです!スカッシュよりも中華料理とBAR808の酒の美味しさが…」可愛い後輩女子たち(すっかり先輩気取り)からメッセージが届いた。…実感。愛校心とは、学校そのものよりも、人によって生まれるものなのだ。教師や同級生、先輩、後輩との関係によって愛校心が育まれ、繋がっていく。その日、スカッシュOB会と同時に、母校への新たな愛校心が生まれた。後輩女子たち、実在しないK大學スカッシュサークルのOB&OG会またやるよ!

コメントする








002154720

SINCE 1.May 2005