愛人たちとの夜♡「遠藤利三郎商店 神泉」

Lovers1Lovers2谷駅で待ち合わせ、道玄坂を一緒に並んで上る。道玄坂上の交差点を右に折れるとホテル街だが、その日は交番を行き過ぎ、右斜めの緩やかな坂を下る。坂の両側にはこぢゃれた店構えのビストロや立飲みバーが並ぶ。「ここも良さそうな店だね」愛人Aが呟く。じゃあ次はその店に行ってみようかと答える。彼女と向かったのは「遠藤利三郎商店 神泉」というワインバー。カウンタ席に並んで座り、顔なじみのスタッフに最初の一杯をお願いする。吹抜けの2階の天井まで続くワイン棚を眺めながら乾杯。「良い店だね。来てみたかったんだ」と愛人Aが満足気に微笑む。私が妻と通っていることを知り、興味を持ったらしい。ふふ、愛いやつ♡「料理もオシャレで美味しいね」と、何杯目かのワインを味わっているところに妻が登場!束の間の愛人TIMEは終了だ。

Lovers3Lovers4ンナさまをホントにお借りして良いんですか」愛人Bが念を押す。春に忙しい妻。ひとり飯が嫌いな私。そこで妻が深夜残業で遅い日に、ご一緒していただくお相手を探すのが恒例。その日はスイートな見た目とビターな言動のギャップが魅力の愛人B。向かった店は「ビストロ・トロワ キャール」という馴染みの店。「今日はお2人ですか」とシェフの聡ちゃん。後から妻が来るまでの愛人飲みだと答えると、マダムのまゆみちゃんのツボに入って大笑い。む、やはり行きつけの店で女性を口説くのは不可能だ。先日の愛人Aとのエピソードを話題にすると、「奥さまの話は良いけど、他の愛人の話をしちゃいけません」と、ぴしゃり。愛人道(?)を説かれる。ふぅむ、なるほどとメモ。そこに正妻登場。「愛人飲みからの正妻合流、ハマりますね」と良いノリだ。

Lovers5Lovers6泉の店は行ったことがないんで、行ってみたかったんです」と愛人C。私に社交辞令は通じない。さっそくお誘いして愛人飲み。押上にある「遠藤利三郎商店」本店に行ったことがあるという彼女は、お酒が大好きで、堂々たる酒豪。センベロの店から小洒落た店まで守備範囲も広い。「きゃあ、ステキな店ですね」しっかり者なのにテンションも高い、お誘いし甲斐のある愛人C。「わぁ、嬉しい」料理を取り分けサーブすると、ストレートに喜んでくれる。ふふ、オヤヂのツボを心得ている愛人の鑑。さすが可愛い後輩だ。そこに遅れてやって来た彼が登場。「俺の女に何をする!」的な小芝居を期待していたのだけれど、店の雰囲気にやや押され気味。3人で改めて乾杯。アウェイ感溢れる彼、店の雰囲気を楽しむ余裕の彼女、見ていて飽きないカップルだ。

Lovers7Lovers8しかったねぇ。またバドやりたいね」愛人Aが再度登場したのは、愛人らしからぬ健康的で健全な場。アリーナ付きのスポーツクラブでバドミントンを楽しんだ後に、スカッシュでダメ押し、シャワーを浴びた後のビールは旨いぞ!という企画だ。二子玉川の老舗ヴェトナム料理屋「ジャンズ」で乾杯。先日の愛人飲みの話題になり、「1ミリも艶っぽい雰囲気にならなかったね♬」と朗らかに笑う愛人A。2人の時間はとても楽しかったし、話題は健全なモノばかりではなかったけれど、しっとり系の空気感が生まれる気配は全くなかった。だから、大勢で(妻も含めて)ワイワイと楽しめる。みんなで一緒に美味しいお酒が飲める。その日も全員で2軒めに突入!仲間と一緒に嬉しく、スポーツの疲れが心地よく、愉しい夜が更けていった。

れにしても、マメだよね」と、半ば呆れたようにお気楽妻が言う。そう、誰かがマメに動かないと、繋がるモノも繋がらない。誰かが誰かに会いたいと、強く思わないと会えない。何時でも会えると思っていたら、愛する人たちともう二度と会えずに終わるかもしれない。会いたいと思った時に会えなくなるなら、会える時に会っておきたい。年齢を重ねる度に、そう思う。きっと2人で会うなどという貴重な機会など、そうそうはない。“愛人”ごっこは、その象徴。「でも、会っておきたい男性はいないの?」あれっ!? …そして、愛人飲みを許せる妻に感謝。

コメントする








001932953

SINCE 1.May 2005