理想のアーバンリゾート「パークハイアット東京」

ParkHyatt1ParkHyatt25月の連休は、妻の両親が住む浜松で過ごす。お気楽夫婦にとって、それが恒例のスケジュール。ところが、今回は「今年は来ないで!」と義母から連絡があった。何事かと聞けば、「あなたたちの泊まる部屋がないのよ」と義母。え!と驚いて重ねて尋ねると、マンションの大規模修繕が行われており、ベランダの鉢植えなどを全て室内に収容しなければいけない事態となったのだと言う。ふぅ、やれやれ。では、せっかくだからどこかに出かけようかと気持を切り替える。桜が咲く函館を訪ねる、金沢に美味しいモノをたべに行く、京都は…。けれど、GWはどこも混む、移動に時間がかかる。だったら、都内でのんびりと過ごそうか。と、お気に入りホテルを予約する。

ParkHyatt3ParkHyatt4ークハイアット東京」…それがお気楽夫婦のフェイバレット・ホテル。格安のプランを使えば、パークスイートという一番小さな(それでも100㎡もある)部屋がスタンダードルーム並みの料金で宿泊できる。そこに2泊して、日中はジムで汗を流し、夜は友人たちと“部屋飲み”という計画だ。チェックイン後、案内された部屋のドアを開けると、いつもの部屋の様子と違い妙に広い。ん?遠くに見えるのはグランドピアノ?リビングルームに入る前に左手を見ると、大きなティテーブルとソファセットが鎮座するベッドルームが。んん?この部屋だけでもスタンダードルーム並みの広さ。あれ?と口に出すと、案内してくれたスタッフが、気がついていただけましたかという顔で微笑む。

ParkHyatt5ParkHyatt6バナナーズ・スイートをご用意させていただきしました」と言うスタッフに「やっぱり、そうですよね。あれ?ピアノがあるって、びっくりしました。ありがとうございます」と、何事にも動じないお気楽妻が、さすがに嬉しさと驚きを隠せない様子で感謝のことばを伝える。続いて案内されたのは、びっくりのバスルーム。なんと、4人は一緒に入れそうなサイズの檜風呂。独立したシャワーブースはマッサージシャワー付き。洗面ボウルは2つ。クローゼットはベッドルームと水回りの間をつなぐウォークスルーの2way。広いトイレがあると思っていたら、ゲスト用にも入口横にももう一つ。140㎡の広さということだから、我が家の倍以上!ふぅ〜っ。すごい部屋だ。

ParkHyatt7ParkHyatt8日こんな風景を眺めながら過ごせたらいいね」窓から都心を望む眺望に、妻がため息をつく。新宿のスカイスクレーパー、新宿御苑や神宮外苑の緑、遠くにはスカイツリーも見える。毎回お馴染みのゼータクな風景だけれど、こんな豪華な部屋から眺めると、さらに味わいが増すというものだ。そして荷物を広げる前に、2人で室内の撮影大会。それにしても、どこを撮ってもフォトジェニックでスタイリッシュなスイートルームだ。と、そこにルームサービス。あれ?何も頼んでいないがと、出てみると「Nからでございます」と運び込まれたのはワインクーラーの中に鎮座するシャンパン!さらにはオリジナルのギフトと嬉しいメッセージカードまで添えてある。サプライズ!

ParkHyatt9N氏という方は、以前お気楽夫婦がこのホテルでパーティを行った際の担当者。そして、来年パーティを開きたいと相談に伺ったところ、10数年ぶりに再会。すっかりお偉くなっていた。今回の滞在をお知らせし、パーティ当日に宿泊したい部屋の内覧をお願いしたところ、自分はお休みだけれど手配しますと言いながら、こんなサプライズも用意してくださっていた。きっと、今回のアップグレードも彼の仕業に違いない。感謝。彼に限らず、こんな気遣いをスマートにやってしまうスタッフたち。だからこのアーバンリゾートは止められない。新宿の副都心からはやや遠く、適度な距離がかえって隠れ家度を増し、小さなエントランスや分かりにくいフロントなど、まさしく都会(アーバン)なのに、ゆったりと滞在(2泊だけだけど)するリゾートに相応しい。お気楽夫婦にとって、理想のアーバンリゾートだ。

コメントする








001932955

SINCE 1.May 2005