絶賛継続中♬「お気楽妻誕生日❤️お祝い週間」

BD1BD2切にしときました」あ、ダメだよ大将、こっそりお願いしたのに、ナイショにしとかなきゃ!馴染みの鮨屋「鮨いち伍」に入ると、他に客はおらず、入って早々にそんな軽口を大将と交わし合う。こんな遣り取りができるようになって、早や10年近く。年に数回の似非常連客ではあるけれど、やはりこの店はお気楽夫婦にとって大切な1軒。歩いて行けるご近所にあって、丁寧な仕事で且つエッジの立った鮨(どんなだ?)を、地元価格で食べられる嬉しい店。「寿司はこの店でしか食べなくて良い!」と言い切る、お気楽妻の誕生日を祝うにはぴったりだ。白木が清々しいカウンタ席に並んで座れば、少食の2人に合わせたペースでお任せの握りが供される。

BD3BD4布締めが好きなんだよねぇ」アオリイカに続いて、タイの昆布締め。妻の大好物。ひと口に頬張り、満面の笑みになる。「これこれ♬」この店の赤酢を使ったシャリは、硬さと言い量と言い、実に良いバランス。鯵、マグロなどの後に、待望の煮ハマ。ん、これだ。馴染みだった鮨屋の板さんが辞め、新たな鮨屋を探していた頃、この店の煮ハマに出会った。煮ハマが大好きなお気楽夫婦。ひと目惚れならぬひと舌惚れだった。以来、自ら望んで他の鮨屋に行ったことがない、というのが妻の自慢。とは言え、そうそうこの店に伺える訳ではないから、逆に寿司を食べる機会が減った。そんな曰く付きの店。シメは貸切の(笑)店内で、大将と女将さんと一緒にお祝いの記念撮影。

BD5BD610月はイベント続きの月。毎年10月の連休に自由が丘では「女神まつり」が開催される。仕事半分プライベート半分で、毎年スカッシュ仲間の役員秘書を誘って出かけるのが恒例。天候に恵まれたこともあり、南口の緑道の賑わいは例年以上。混雑を避け裏道を通り、新しくできたショコラティエ「マジドゥショコラ」にお連れすると、スイーツ番長でもある役員秘書の喜び大爆発!チョコレートクッキーなどを大人買い。「良い!この店、良い感じ!」とお気に入りのご様子。お気楽妻にはないこのテンションの高さが嬉しい。ご案内し甲斐があるというものだ。そして夕食は、やはり新規OPENの「ラテグラフィック」へ。この店も開店早々から行列ができたなかなかの人気店だ。

BD7BD8ーストラリアのカフェがコンセプトのこの店、朝食からきちんと楽しんで欲しいと、朝早くから営業。料理もなかなかのモノ。「どれも美味しいねぇ♬」役員秘書もすっかりご満悦。夫婦2人で来た時には食べきれないだろうとオーダーできなかったピザや、妻の好物エッグベネディクト(夜もOK)などを3人でぱくり。その後、妻が化粧室に立った隙に「パンケーキに誕生日おめでとうのメッセージを頼もう」と、女子力の高い役員秘書が囁く。ほぉ、なるほど。イイね。何も知らずに戻って来た妻、素知らぬ顔の2人。すると、そこにメレンゲ入りのふわふわパンケーキが登場。「えぇ〜!嬉しい!ありがとう♬」数日遅れのハピバ!さらには、彼女からプレゼントまでいただいた。

生日は幾つになってもイイね」54歳になったばかりの妻が微笑む。友人にも恵まれた。ありがたいことだ。そして私はと言えば、“お気楽”妻がずっとお気楽にいられるように、誕生日を迎えることが嬉しいと思えるように、一緒に楽しく年齢を重ねられるように、決して頑張っているようには見せずに、日々密かに頑張っている、そんなおやぢになりたひ。…お気楽妻の誕生日祝い、絶賛継続中♬

コメントする








001570722

SINCE 1.May 2005