祝7周年!Thanks17周年♬「ビストロ トロワキャール」

TQ11TQ2染みのビストロから7周年を祝うスペシャルメニューのご案内をいただいた。7周年にちなみ、特別な食材を使った7皿の料理を、5,000円というお得な料金で!という惹句に惹かれて店を訪ねた。ご一緒したのは、スカッシュ仲間の酒豪揃いのメンバー。周年メニュー恒例の“飲み放題”企画が付いていないことがやや不安。シェフの聡ちゃん&マダムのまゆみちゃんと一緒に、お2人からいただいたグラスシャンパンで「7周年おめでとうございます!」と乾杯。アミューズのシャンピニオンのムース、続く仔牛とフォアグラ パテアンクルートで仲間たちが唸る。「美味しい!お代わり欲しい!」「パテ1本全部でも行けちゃう!」とスタートから飛ばしまくる。

TQ14TQ10初はこの白でお願いします♬」酔う前のI葉夫人(笑)は任せて安心のワイン通。マダムのまゆみちゃんと相談しつつ、料理に合わせて的確な1本をチョイス。2本目は、絶品のスープドポワソンに合わせて「ピコティ・ピコタ」という南仏のロゼワイン。香り高く滋味深い魚のスープにぴったりだ。「へへへ、こんなのどう?」とやおらかぶりものを取り出したのは、酒豪奥さま。ピンクの角やら猫耳、かぼちゃの帽子などが魔法のように現れる。ノリのいい彼女は宴会(笑)には欠かせない。「先日は失礼しました」もう1人の酒豪奥さまからは、ビストロ808でのちょっとした失敗のお詫びにとプレゼントをいただいた。気遣いの人。そしてそんな3人は、かぶりものがよく似合う。

TQ12TQ9目 ソースヴェルモットには ジロール茸、シャロレー牛ヒレ肉にはセップ茸、確かに“特別感”のある食材が続く。どの料理も見目麗しく、きちんと美味しい。一皿のポーションは抑えめで、少食のお気楽夫婦でもきちんとフルコースがいただける配慮が嬉しい。「最初からもう1周食べられる!」「私も行ける!」と大酒飲みで大食漢のI葉夫妻。彼らには、その配慮も要らないようだ。料理が出され、我々が食べて始める間は店内に束の間の静寂が訪れ、オトナの店になり、食べ終わりワインの杯を重ね始めると居酒屋風情の賑やかさに変わる。デザートのケークオショコラが供される頃には、すっかりハロウィンパーティの様相を呈す。楽しく、嬉しく、いい仲間たちだ。

TQ7TQ1317周年おめでとうございます♬」ウチのだけ遅いなぁ、と思っていた矢先にキャンドル付きのデザートが登場。プティサプライズのメッセージプレートだ。「わぁ、嬉しい!ありがとう♬」かぼちゃを被った(因みに彼女もかぶりものがよく似合う)お気楽妻が満面の笑みになる。この店の開店記念日と、お気楽夫婦の結婚記念日は実は同じ日。それも分かりやすく、プラス10年の違い。知り合ってからは毎年互いにお祝いし合っている。嬉しいことだ。ところで、その日は私が大失態。その日は台風の襲来で大荒れの天気。嵐の中、懸命に2人で買い求めたお祝いの花を自宅に忘れてきてしまったのだ。「それで怒らないのは偉い!」仲間たちに妻は絶賛され、私は慰められる。とほほ。

れからも末永くよろしくお願いいたします」後日、我が家の玄関先に忘れてあった祝花を開店前の店先に置いてお届け。すると、結婚式の挨拶のようなメッセージと花を抱いた2人の写真が届いた。末長くということばが新鮮に響く。店とでも、友人とでも、良好な関係であり続けられることは、簡単なようで実に難しい。だからこそ、ありがたいメッセージ。こちらこそ、よろしくお願いいたします。

コメントする








001790198

SINCE 1.May 2005