波を眺める宿「ハイアットR瀬良垣アイランド沖縄」

SERAGAKI1風、大変だったですよぉ。この辺は停電だったしねぇ」那覇から瀬良垣に向かうタクシーの中で、運転手さんが当時の様子を語る。当初、お気楽夫婦が「ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄」に滞在する予定だったのは、まさしく台風24号直撃の週末だった。予報では、“非常に強い勢いで”沖縄付近を通過するという。そこですかさず全ての予約を変更。1ヶ月ほど日程をずらした晩秋の訪沖となった。

SERAGAKI2害ですっかり枯れてしまいました。植え替えるまではしばらくかかりそうです」チェクイン後、ホテルのスタッフに話を聞くと、その答えにも無念さが滲む。開業から間もないにも関わらず、ホテル周辺の植栽の大半は赤茶け、枯死寸前のよう。想像以上の被害だ。ホテル内部に入ると、エントランスからロビーラウンジ、バーと一直線に結ばれ、高い天井からスクェアなフレームが下がるスタイリッシュな空間が広がる。

SERAGAKI3、ここだ!」部屋に入った後、館内を散策。妻が事前に調べていたホテルの名所を発見。東シナ海に向かって大きなピクチャーウインドウが嵌め込まれ、打ち寄せる波と、その波とぶつかり合う岩と、水平線まで延びる青と、その上の空と雲を、ずっと眺めていられる空間だ。ホテルが建つのは、沖縄の中部恩納村、万座岬の対岸にある(橋で渡れる)瀬良垣島という(元)離島。360度海に囲まれていると言っても良い環境だ。

SERAGAKI4縄県で最大瞬間風速56.2メートルを記録した台風24号の高波が、開業早々のホテルを襲った。そして島の突先に設けられていたフィットネスセンターのガラス窓を破壊した。お気楽夫婦が訪れた期間は、ちょうど改修工事が始まったタイミング。「マシンが海水に浸かってしまったんです」と嘆くスタッフ。開業直後に宿泊した方の滞在記などを見ると、最新のマシンが揃っていた。ここで海を眺めながら汗を流したかった。残念!

IMG_3455めのランチを取ろうと、「オールデーダイニング セラーレ」に向かう。朝食会場になる場所だが、明るく広々とした店内で、ここもまた外の景色を眺めながらゆったりと食事をとることができる。妻が選んだクラブハウスサンドは、添えられたフレンチフライが見事にリゾート気分。カリカリのポテトが昼飲みビールによく合う。ハイアットホテルズとしては国内初のビーチリゾート。面目躍如のポテトだ(笑)。

IMG_3450室は広いバルコニー付きのスタンダード。ワンルームタイプで38㎡と決して広くはないけれど、オープンな洗面スペースとバスルームの間の壁はガラスだし、クローゼットも扉なし。見事にフラットで開放的なリゾート仕様。ラグーンビューのバルコニーに出てみると、館内散策したルートを俯瞰して眺めることができる。さらに遠く万座岬の断崖の上に建つANAインターコンチホテルが見える。リゾート気分も最高潮だ。

IMG_3444 (1)下のプールエリアは、グスクプール、ジャグージ、波打ち際まで延びるラグーンなどからなり、インドアプールやプールサイドバーまで擁する本格的なリゾートアクティビティだ。そうなのだ。このホテルは、実に良くできたビーチリゾートなのだ。あのチャーミー(台風24号)さえ、やって来なければ。…海に繋がるラグーンの向こうには、本物の(笑)ラグーン、リーフ、そして外洋と水の色が変わる実に美しい眺めだ。

SERAGAKI8た来れば良いさぁ」お気楽妻は至ってご機嫌で、ウチナンチュのように鷹揚だ。クラブラウンジでの食事も、ホテルのロケーションも、アクティビティ施設も(改修されれば)、お気に入りの模様。「視察に来た甲斐があったね。やっぱり現地に来なきゃ分かんないね。また来るよ」ホテルフリークで、かつハイアットファンの妻が宣言する。了解。穏やかな波の季節に、植栽が回復し、ジムで走れるようになったら再訪しよう。

コメントする








001229149

SINCE 1.May 2005