花嫁は飲み仲間♬/軽井沢Wedding

Kyoko1嫁と最初に知り合ったのは、スカッシュ仲間だった。フラワーアレンジメントの先生をしている彼女は社交的で、彼女の近くには人が集まり、彼女は周囲を明るく照らす。まるで真っ赤なバラのよう。そんな彼女がスカッシュのホームコートがある街のワインバーで、友人と飲んでいた花嫁を見かけ、一緒に飲もうよと声を掛けた(ナンパした?)らしい。「だって可愛かったんだも〜ん」と屈託がない。そして、輪が広がった。

Kyoko2嫁もフラワーアレンジメントの教室に通うようになり、一緒に通うスカッシュ仲間たちとの親交も深まった。なぜか(花はやらず)ただの飲み友達として、お気楽夫婦も輪の中に紛れ込んだ。婚約をしたという報告を受け、新郎の紹介を兼ねて「ビストロ808」に揃ってご来店いただいた。やや緊張していた花婿にも楽しんでいただけた模様で、花嫁はその前にも後にも何度かご来店いただき、すっかり常連の1人となった。

32_largeしてこの春、軽井沢での結婚式にご招待いただいた。ホテルジャンキーのお気楽妻は軽井沢のホテルの調査を開始、擬似アル中の私は披露宴の前夜祭の会場を物色した。結果、お気楽夫婦は前夜から客室に温泉付きのホテルに宿泊することになり、花卉市場でブーケ用の花材を調達し新郎新婦が宿泊する客室で当日の準備をするフラワーアレンジメントチームとは別行動を取り、旧軽の「川上庵」で合流することになった。

IMG_4893くなりました、ごめんなさ〜い(^^;;)」と、お花の先生と生徒仲間がやって来たのは、予約時間の1時間近く後。遅れたのは、時間ギリギリまで翌日の新郎新婦のブーケを作っていたため。花嫁や教室仲間だけでなく、花婿まで制作に参加し、昼食を取ることも忘れ、没頭していたと言う。お疲れ様!と乾杯すると、ホントに疲れたぁと項垂れる。そこまで集中して作ったのか。これはいよいよ本番の出来が楽しみだ。

Kyoko5IMG_5094婚式当日は、快晴。「結婚式ですか、おめでとうございます。軽井沢は年間2/3は雨か霧だから、今日みたいに晴れる方が珍しいんですよ」と会場に向かうタクシーの運転手さん。それは意外。けれど、だとしたら、この晴天は新郎新婦へのプレゼント。何という幸運。高原の新緑の中で、花嫁の純白のドレスが映える。そして、ブーケはアバランシェという白いバラ。清楚でふんわりとした、花嫁にぴったりのラウンドブーケだ。

Kyoko6IMG_5093露宴会場は、緑溢れる広い敷地のホテル。室内に席は用意してあるけれど、中庭にドリンクバー、ホットミールスタンドなどが点在し、自由に飲んだり食べたりできるガーデンウェディング。シャンパンイベントやファーストバイトなど、ほとんどが外で行われる。そして花嫁が手にするのは、2つ合わせるとハート型になる、紫や青い花の鮮やかで華やかなブーケ。白のブーケとの違いが際立つ。さすがプロの演出。実に見事だ。

IMG_5048IMG_5092嫁のドレスは結婚式とパーティでの着こなしが違う。結婚式は清楚ながらキリッとした印象、パーティでは胸元にレースボレロを纏った姿が柔らかで愛らしい。それぞれのドレスとブーケの一体感があり、可憐な花嫁と合わせて一つの作品のようだ。「良いパーティだね」と、妻が呟いた。そこに花嫁の父上がカメラを片手に挨拶にいらした。「上司の方で…」と尋ねられ、えぇ〜、新婦の飲み友達と言うか…などと口籠る。

IMG_5025も終盤、暗くなった庭に出て出席者全員でランタンを飛ばすイベントの後は、新郎の「花嫁を幸福にします」の宣言に続き、父上のご挨拶。自由に会場を歩き回り、好きなドリンクや料理を適量いただく実にリラックスしたパーティだったけれど、この締めのご挨拶は全員が席に着き、耳を傾ける。前の席に座ったフラワーアレンジメントチームは感極まり、ただ涙。花嫁から拡がった輪が、花の輪になり、結実した時間だった。

*ブーケDATA:白いラウンドブーケ(アバランシェ)、ハートのブーケ(白いかすみ草、青のデルフィニウム、紫・ピンク・白のバラ、紫のトルコキキョウ、他)

コメントする








001442249

SINCE 1.May 2005