テレワーク太り打破!「ANAインターコンチネンタル東京」

ANAHOTEL1型コロナウイルス対策として、就業規則にはあるけれど実効性に欠けていたテレワークを実践する日々。メールはもちろん、LINE WORKSやSFAを駆使して自宅仕事の毎日だ。通勤のストレスがないことは快適で、往復90分ほど費やしていた通勤時間も有効に使える。けれど、その通勤は思ったよりカロリーを消費していたことに気付く。週に2,3度通っていたスポーツクラブに行けない事もあり体重が急激に増加したのだ。

ANAHOTEL2ったら外を走れば良いじゃないかと、テレワーク前に5kmほどの朝ランを一度試したものの、どうも私には向かない模様。汗びっしょりで帰って来て、シャワーを浴びて体温が下がるのを待つまでの時間がかかり過ぎる。かと言って夜の街を走るのも気が乗らない。慣れていない事もあって適当なコースが思いつかないし…。と言っている間に体重は自分史上最高値を記録した。これはマズい。スーツのウェストがキツいぞ。

ANAHOTEL3ポーツクラブはどこも休みだし、ホテルのジムで合宿でもしようか」春の深夜残業月間が始まり、運動不足がストレスになっている妻が冗談半分で零す。おぉっ!良いね。「え!良いんだ!」と、喜ぶ妻。さっそくホテルジャンキーでもある妻に満足してもらえるホテルを当たる。ところが、この時期にジムを開けているホテルがなかなか見つからない。ようやく探し当てたのは「ANAインターコンチネンタル東京」だった。

ANAHOTEL4日空ホテルという名前だった頃は、ちょっとオシャレなホテルというイメージだったけれど、次々に開業した外資系のラグジュアリーホテルに押されて、すっかり影が薄れたという感想。それが今ではいつの間にか自ら外資系ホテルの仲間入り。久しぶりの訪問だけれど、設備やサービスはどうなのだろう。その実力やいかにと、正直に言えば期待半分、不安半分で訪れた。そして結論から言うと、真っ当に良いホテルだった。

ANAHOTEL5ェックインした客室は、インターコンチネンタル ホテルの会員特典として無条件にアップグレードされたジュニアスイート。52㎡の広さは、お気楽夫婦の自宅と大して変わらない。リビングルーム、ベッドルーム、バスルームが連続して横に繋がる使い易く効率的なレイアウト。水周りも広く開放的で、大きなバスタブと洗い場、同時に使えるハンドシャワーとレインシャワーがあるバスルームが秀逸。お籠りにはぴったりだ。

ANAHOTEL6しみにしていたジムも明るく清潔感溢れ、がっつりと走りたくなるスペースだ。さっそく客室で着替えてジムに向かう。ロッカールームはあるものの、コロナ対策で自室を使う作戦だ。ジムはエレベーターを降りたすぐの場所にあるため、短パン姿でウロウロするのも気にならない。妻も足首を痛めた後遺症に長年苦しむ私に付き合い、トレッドミルより足首に負担が少ないクロスウォーカーでたっぷりと汗を流した後は…。

ANAHOTEL8れたトレーニングウェアをコインランドリーの洗濯機に突っ込み、洗濯が終わるまでの時間で赤坂ランチ♬ホテルの近くにコインランドリーがあることを事前にチェックしていた、まさしく合宿状態の2人。「The Earl Tokyo」という店主も客も外国人ばかりというサンドウィッチショップで海外旅行気分。その後は、ホテルのラウンジでの夕食が待っている♬…そしていつものように、お気楽な2人のホテル暮らしは続く。

…To be continued.(次回に続く)。

コメントする








001619494

SINCE 1.May 2005