龍之介くんとマグナムと「スカッシュ&スカッ酒」

Ryu1龍之介くんというスカッシュプレーヤーがいる。2014年に当時17歳3ヶ月という最年少記録で全日本選手権優勝!以降、順天堂大学に進学し3年生になった2018年まで、5連覇を成し遂げた日本男子のTOP選手だ。昨年の全日本では、優勝した小林僚生選手に準決勝で負け、残念ながら6連覇を逃した。その小林選手も2012年に当時最年少で全日本優勝、USAのロチェスター大学に進み、全米学生選手権準優勝という強者だ。

Ryu2林選手は大学卒業後、日本で大手外資系企業に就職しながらスカッシュを続けたものの、やり残したことがあったのか会社を辞め、PSA(Professional Squash Association)のツアーに参戦(期間限定とのこと)するプロのスカッシュプレーヤーになった。昨年から龍之介くんのPSA参戦をサポートし、応援していたお気楽夫婦は、プロになった小林選手(ホント強かった!)に全日本で完敗だった彼の進路が気になっていた。

Ryu3IGAさん、ご報告があります。卒業後、就職する会社に全面的にスカッシュプレーヤーとしてサポートしてもらって、PSAに参戦することになりました」そんな朗報が届いたのは昨年末のことだった。日本においても、世界を見渡しても、ツアーを周る(=スカッシュで飯を食う)生活ができている選手はほんの一握りに過ぎず、現在世界ランク168位の龍之介くんにとっては、きっと最善の選択だったに違いない。

Ryu4こで、彼の卒業と就職をお祝いし、ついでに(笑)一緒にスカッシュをやろう!ということになった。集まったのはお気楽夫婦のスカッシュ仲間。中には選手権参戦クラスもいるけれど、基本はお気楽なエンジョイプレーヤーだ。龍之介くんはそんなメンバーを相手に、レベルに合わせたプレーをしてくれる。PSA参戦選手と一緒にプレーすることができた友人たちはハイテンション。そのままメイン?のスカッ酒に突入した。

Ryu5まったメンバーに共通するのは、もちろんスカッシュが大好きなこと。加えて、それ以上に(?)スカッシュの後のお酒(これを業界ではスカッ酒と呼ぶ)が大好きなことだ。お酒を飲まない妻も、お酒の場は好きなので例外はないものとする。コートがある駅近くのピッツェリアで乾杯だ♬まずは生ビールをぐびり。「いやぁ〜、スカッシュの後の1杯は、ホント旨いっすねぇ〜」と、思わず呟く龍之介くんもいける口だ。

Ryu6ぇねぇ、龍之介くんって良い子だね」参加メンバーの奥さまが本人に聞こえないように囁く。子供の頃から大人たちの中でスカッシュして来たからだろうか、周囲への気遣いができ、ことば使いもキチンとしていながらも柔らかで、親しみやすい距離感を保ってくれる。そしてスポーツができて、その上背が高く甘いマスク。こりゃあ若い子たちだけでなく、オバちゃんたちにもモテるわ。つまりスター性があるということだ。

Ryu7も一緒に撮ってぇ〜♬」すっかり龍之介くんのファンになったおばちゃんたち(失礼)から、次々にリクエストが入る。はい順番にと言いながら、私はアイドルタレントのマネージャか!とセルフ突っ込み。そうか、嫌な顔ひとつせず、笑顔で写真に収まることは売出中のアイドル同様、プロスポーツ選手に必要なことなんだ。スカッシュのためにも、自分のためにも、彼は外に閉じずに、自分を開くことが大事なことだと実感。

Ryu8後に龍之介くんにプレゼントがあります!と切り出し、用意していたモエのマグナムボトルを渡す。「うわぁ!凄い!ありがとうございます」と驚くワカモノ。初々しく可愛いぞっ。PSAの大会で優勝したらまた贈るよ!とプレッシャーとエールも贈る。「はい。また贈っていただけるように頑張ります♬」という力強いことばに期待しよう。机龍之介、22歳。PSA参戦に向かって、全力発進だ!

コメントする








001619458

SINCE 1.May 2005