ホテル業界応援の日々「頑張れ!インタコ&ハイアット !」

Hotel01Hotel022020年は誰にとっても記憶に残る1年になる。東京でオリンピックとパラリンピックが開催され、街は海外から来日する観客で賑わう。成功裏に終わったラグビーWCのように、…と思っていた1年前。今年は全く違う意味で、世界中の誰にとっても記憶に残ってしまう年になった。

Hotel03Hotel04テルはどこも満室のはずだった。お気楽妻はオリンピックのせいでホテルが取れない!取れても高い!と嘆いているはずだった。ところが、各地のホテルは春先からずっとコロナ感染拡大防止対策に追われ、客室の稼働率は低く、パーティや披露宴のキャンセル対応に追われた。

Hotel05Hotel06んな状況をホテル好きのお気楽妻は憂いていた。毎月1回はホテルに泊まるよ!ホテルを応援するよ!そう力強く宣言し、実行した。妻はハイアットグループのファンであり、インターコンチネンタルホテルがお気に入り。その2つのホテルに徹底的に宿泊する年間計画を立てた。

Hotel08Hotel07ンターコンチネンタル横浜Pier8、ハイアットリージェンシー東京、ANAインターコンチネンタルホテル東京からスタートし、鎌倉のメトロポリタン、恵比寿のウェスティンをサポート。グランドハイアット東京、パークハイアット東京を夏のヴァカンスとして滞在した。

Hotel09Hotel10規開業ホテルの視察も抜かりなく、ハイアットリージェンシー横浜、ハイアットセントリック金沢と、早々に宿泊。横浜中華街にほど近いハイアット リージェンシー横浜はすっかり気に入って再訪し、横浜在住の友人夫妻と会食。今後もリピートしそうなパターンだ。

Hotel11Hotel12に宿泊したアンダーズ東京は相変わらずスタイリッシュだったし、隣接する虎ノ門横丁探検も楽しかった。そして、掉尾を飾るグランドハイアット福岡では、何とディプロマットスイートという巨大な客室にアップグレードされ、ホテル業界からのご褒美だと納得した。

年末に向け、状況は良くなるどころか悪化の一途。毎年の恒例になっていた妻の実家で過ごす年末年始も10数年ぶりに諦めた。けれど、「よしっ!来年は更に上を目指すぞ!」とハイアットホテルズの会員グレードを上げようと目論むお気楽妻の意気は盛んだ。経済を回すことと感染防止のバランスは難しいけれど、運命共同体のお気楽夫婦が感染防止を徹底して2人でホテルに宿泊することは善しとしよう。

コメントする








001932956

SINCE 1.May 2005