ボクが64歳になっても「パークハイアット東京」

HBD64-1生日おめでとうございます」と、上品な和風デザートと小さなキャンドルがやって来た。しまった。油断していた。和食の店で、そんなサービスをしていただくとは思いもしなかった。ありがとうございますと、ちょっと照れながら小さな声でお礼を言った。その日は、パークハイアット東京の「梢」で、お気楽妻と2人だけでお祝いの食事をしていた。偏見だけど、和食店に誕生日のお祝いサプライズサービスがあろうとは。

HBD64-2る年のクリスマスイブに、馴染みの寿司屋に行ったところ「ウチで良いんですか?ホントに良いんですか?」と店主に念を押されたことがあった。その時とは立場は逆だけど、そんな感じ。その夜は、美味しく見目麗しい料理を頂きつつ、ひれ酒(フグチリをいただいたこともあり)を飲んでいた。それもまた誕生日の食事としては渋い。そこにキャンドルだ。違和感ではなく、嬉しく不思議な感じ。そして年齢に相応でもある。

HBD64-3々、誕生日にパークハイアットに宿泊しようと提案したのはボクだ。毎年のように、このお気に入りのホテルで自分の生誕を祝いたいというゼータクな願い。ホテル好きのお気楽妻が拒むはずもない企画だ。ところが、チェックインの際に妻が普段とちょっと違う動きをしたのが気になってはいた。店の予約をお願いしただけではなく、ボクの誕生日なのでと、わざわざ含みのある言い方をしたのだ。彼女らしくないアクション。

HBD64-4へへ。実はちょっとホテルの対応を試してみたんだ♬」悪びれることなく自白したお気楽妻。客室には親しくしていただいている宴会部門の責任者だった方から(宿泊をお伝えしていなかったのに)ウェルカムシャンパンも届いていた。世界で一番美味しい!と妻が絶賛するイチゴも添えて。「やっぱりパークはさすがだねぇ」試してみたと言う割には、最初から確信していた模様。妻とホテル、どちらもさすがだ(苦笑)。

HBD64-6は、パークハイアットには前夜から宿泊し、前祝いの乾杯はお気に入りの「ニューヨークバー」で済ませていた。しばらく休んでいたジャズのライブも復活し、とは言えまばらな客の入りを憂いながら、切ない程美しいTOKYOの夜景を眺めて、何となくお祝い気分は済んだ気でいたのだ。そして朝から頭の中ではビートルズの『When I’m Sixty-Four』がずっとリフレインしていた。♬ぼくが歳とって髪の毛が薄くなっても…♪

HBD64-5の曲、実は知らないんだよねぇ」そう言う妻にサビの部分を歌ってやると、やっぱり知らないとつれない返事。君はヴァレンタインや誕生日にお祝いやワインを贈ってくれるかな?と続く歌詞なんだけどなぁ、と独りごつ。そんなことをポールに言われるまでもなく、お気楽妻は毎年のチョコレートは欠かさないし、誕生日もこうして一緒に祝ってくれる。幸いなことにボクの髪の毛が薄くなったのもさほど気にしてない模様だ。

HBD64-7まっていたホテルのポイントでアップグレードしたスイートルームで寛ぐ64歳。好きな本を何冊か持ち込み読書三昧。天空のジム(クラブ・オン・ザ・パーク)に通い、汗を流す。決して何かを成し遂げた人生ではないかもしれないけれど、これで充分だ。まだ仕事は以前と変わらず続け(られ)ている。それも幸福なことだ。腰の大手術はしたけれど、完治したらスカッシュを復活するつもりだ。ありがたいほどに健康だと思う。

HBD64-9して、何より64歳になったボクと一緒にいてくれるお気楽な妻がいる。ポールは「毎年夏にはコテージを借りよう」と歌っているけれど、ボクらはこのホテルに長期滞在でもしようか。そして、『When I’m Sixty-Four』の最後はこんな歌詞で終わる。「ずっとボクを必要として、料理も作ってくれる?ボクが64歳になっても?」…ただし、ウチの場合は料理を作るのは、ボクだ。「それはサイコーだね」と、妻が微笑んだ。

コメントする








002020325

SINCE 1.May 2005