ハワイへGO♬「ザ・カハラ ホテル&リゾート」

TheKahala01TheKahala02外渡航がままならない今、お気楽夫婦のパスポートは3年もの間眠ったまま。ここ30年余りで初めてのことだ。海外に行きたい。どうしても行きたい。そこでどうしても我慢できずに行って来た。行き先はハワイ。意外なことにお気楽妻は初ハワイ。そして、ホテルフリークの2人がハワイで泊まるべきは、名門「ザ・カハラ」だ!! という事で、2020年9月に開業したばかりの「ザ・カハラ ホテル&リゾート横浜」を訪ねた。*引っ張ってしまい申し訳ありません(^^;;  海外旅行に行きたいが故の妄想が入ってました。それも画像はカハラの公式サイトからの無断借用。私的使用で、直接的利益を得ていないのでお許しください。

TheKahala03TheKahala09テルのエントランスでアロハ姿と花の髪飾りの女性スタッフに「ALOHA!」と迎えられる。レイまで掛けられそうな勢いだけれど、その日は金曜日。「アロハフライデー」として、他にもクッションをハワイアンキルトのものに変えるなど、ハワイの週末を演出している。エントランス近くには、(ハワイの)カハラを訪れたセレブたちの写真が飾られた「カハラルーム」があり、館内にはハワイアンミュージックが流れ、プルメリアの香りが漂うラウンジには煌びやかなシャンデリアが輝く。まさしく、ここはハワイだ。

TheKahala04TheKahala05式のチェックインタイムには早かったものの、さっそく手続きをしてもらった上に、そのことには全く触れず、ラウンジで食事をして待つと言うと客室の用意ができたらルームキーを持って来てくれると言う。その上、ラウンジの席を押さえてくれた(アフタヌーンティ以外は予約できない)。エントランスからフロントの対応まで、ストレスを全く感じさせない流れるような接客が素晴らしい。ラウンジのサービスも、予定より早く準備ができたと案内された客室(画像よりも意外と落ち着いている内装で)も申し分無し。

TheKahala06TheKahala07解きの後は、すぐにジム&スパへ。建物に隣接する水庭を眺めながらジムで汗を流し、室内なのにインフィニティのようなプールで泳ぐ。大きめのロッカー、数が豊富な(10ブース!)鍵付きのシャワーブース、2種類のバス、サウナなど、どの施設もきちんと目が行き届き、清潔感があり、快適で実に心地良い。例えば、自動ドアの手前で人を感知し、ドアに近づくと既に開き始めていると言う細やかな設計も憎い。ホテル付帯のジム好きで、国内外数多くのホテルを訪ね歩いた2人の採点も高得点。マイカイ!! 素晴らしい!!

TheKahala08TheKahala10得点の理由はそれだけではなく、さらに特筆すべきは、屋外のジェットバス。この時期はやや寒いけれど、晴れて無風だったその日のアウトドアバスは実に爽快。絶妙な配置で周囲の建物からの視線は気にならず、低層なのに眺めが良い。快晴の青空の下、無邪気にはしゃいだ2人だった。そしてダメ押し。アロハフライデーの楽しみは、ラウンジで開催されるフラダンスショー♬ 横浜みなとみらいの夜景をバックにプロのしなやかで繊細なフラが楽しめる。もうここ、ハワイでしょ?いや、ハワイです。断言。

TheKahala11TheKahala12・カハラは設備やサービスだけでなく、食事のレベルも高い。インルームダイニングの朝食だけで食べることができる「ハワイアン ブレックファースト」が妻のお目当て。アサイーボウル、シンパンケーキ、マラサダなど、メニューを読んだだけではさっぱり分からない。「このパンケーキがね、オリジナルな訳よ」と得意そうな妻。巻いたクレープのようなパンケーキを嬉しそうに頬張る。私はと言えば、これも絶品「濱膳」と名付けられた和定食。何と、炊き立てのご飯が鉄釜ごと供され、銀鱈西京焼、湘南シラス、イクラ醤油漬けなど、これでもか!と思うほど、ご飯がススムおかずが付いてくる。ご飯無限地獄、天国?いずれにしても、その料理のクオリティは高く、食器の選択や食材との組合せのプレゼンテーションはシャレオツの極み。感服、満腹。

「カハラは素晴らしかったね。ハワイのカハラにも行かなきゃだね」とハワイ未踏の妻。御意。それにしても、ハイアット修行のために、他系列のホテルの宿泊はご無沙汰だったけれど、国内にも次々に魅力的なホテルが新規開業しているなぁと実感したカハラ滞在だった。よしっ!ハイアット修行が一段落したら(するのか?)、訪ねるべきホテルがまだまだあるぞ!と決意を新たにする2人。

…こうして、お気楽な2人のホテル三昧の日々は続くのだった。

コメントする








002159322

SINCE 1.May 2005