40年分のご褒美ホテル「パークハイアット東京」

ParcHyatt01ParcHyatt02かお祝いしたい事があると、いつもお気楽夫婦はお気に入りの場所に向かう。誕生日だったり、お気楽妻の昇進だったり、友人の婚約だったり、そして自分たちの入籍の際にも。その場所は快適で、ノンストレス。期待を裏切らないどころか、今回はそう来たか!というホスピタリティとアイディアに溢れている。その場所とは、「パークハイアット東京」だ。卒業(定年退職)のお祝いはどうしようかと尋ねた時、妻は迷わず「パークハイアットに1週間泊まる!」と宣言した。むむっ、そう来たかと思わず私は唸った。

ParcHyatt03ParcHyatt042018年に妻との25周年と私の60歳をパークハイアットでお祝いした際には、50人ほどに集まっていただきシャンパンを飲み続けた。それも楽しかったけれど、パークハイアットをじっくりと堪能したいというのが妻の優先事項だった。なるほど。40年の社会人生活を締め括る、ホテルフリークの妻のご褒美としてこれ程相応しい場所はない。但し、妻の要望はなんと(予想通り)「パークスイート」での滞在。インバウンド客が戻り、円安の影響もあって外資系ラグジュアリーホテルの室料は高騰中。どうするIGA?

ParcHyatt05ParcHyatt06心してください。入ってますよ♬…ということで、「World of Hyatt」という会員の実績によりスイートルームへの無料アップグレード(7泊まで)できるアワードを使い、無事に予約完了。入っていて良かった。客室には早速サプライズとしてホテルからのプレゼントも待っていた。いつもの「××01号室」、100㎡の角部屋。北側の窓からは紅葉が始まったばかりのセントラルパーク(新宿西口公園^^;)や都庁が望めるロケーション。さて、この部屋に7泊♬ 退職したという解放感も相まって、さすがの妻も浮かれ気分の模様。

ParcHyatt07ParcHyatt08ゃあ、ジム行くよ!」荷解きが終わると早々に妻が宣う。そうなのだ。このホテルの最大の魅力のひとつ(ひとつに絞れない)は、「クラブオンザパーク」というスパ&フィットネス。ホテルフリークでもあり、ジムマニアでもあるお気楽夫婦が世界最高のジムと推奨する施設だ。グローバリストという会員区分の2人は、施設利用料は滞在中何度でも無料。2人のシューズのサイズは登録されており、受付に伝えずともきちんと用意されている。これこそが快適&ノンストレス♬ このジムに毎日通うのが滞在の目的のひとつ。

ParcHyatt09ParcHyatt10ローバリストは朝食も無料。そればかりか、ルームサービスのオーダーもOKで、何をどれだけ食べても飲んでも構わない。朝食は6:30から。東側の窓から都心の朝陽を眺めつつ、パジャマ姿でインルームダイニングで食べるのがお約束。初日のメニューは、私は数量限定の和定食(湯豆腐とご飯お代わり用のお櫃は断る)、妻はエッグベネディクト(いつもスモークサーモンではなくハムをチョイス)、そして季節のフルーツの盛合せが定番だ。さらに妻にはカフェオレ、私にはホットチョコレートが銀色のポットで供される。

ParcHyatt12ParcHyatt11っぱりここのエッグベネディクトが一番だなぁ♡」ナイフで絶妙な半熟加減の卵を突きながら妻が嬉しそうに嘆息し、オランデーズソースも絶品だと笑顔で評する。このフルーツも美し〜よね。銀座の夜の店で食べたら1万円超えるよなぁ^^;と私が言っても(毎回食べる度に言っているから)見事に妻はスルー。*実際は3,080円+15%のサービス料。ちなみに、ホットチョコレートもカフェオレも、2人のランチ用。こんなゼータクな朝食は、少食の2人にとっては毎食自分たちの小さな胃を恨めしく思う時間でもある。

お気楽妻の40年分のご褒美STAYは、こんな風に始まり、そんな夢のような日々は8日間も続いた。「明日の朝食はパンケーキかな、明後日はフレンチトーストにしようかなっと♡」と、幸福そうなお気楽妻。長年に渡る(特に毎年春先の、私なら毎年死んでいる)ハードワーク、本当にお疲れさまでした。

コメントする








002156541

SINCE 1.May 2005