お気楽夫婦の旅は…「Wellness Tourism?」

Wellness01Wellness02頃、世界で「ウェルネス・ツーリズム:Wellness Tourism」が注目されてると言う。「元気」や「爽快」を意味する「Well」と「ness:状態」で「より良く生きようとする生活態度」と訳される「Wellness」。つまり、「ウェルネス・ツーリズム」とは、旅先でフィットネス、スパ、レクレーションなどを通じて心と体の健康に気づいたり、地域の人と交流したり、地域の食を楽しんだりしながら、リフレッシュして明日への活力を得る旅、なのだそうだ。…なぁんだ、お気楽夫婦はとっくにやってるじゃないか。

Wellness03Wellness04の夏、お気楽夫婦が4年ぶりの海外渡航で訪れたのは、6度目の訪問のバリ島。宿泊先は2017年以来2度目の滞在で、スポーツクラブ内にスカッシュコートを2面保有する「グランドハイアット バリ」。そこでイングランドから家族旅行でやって来た高校生や、地元のプレーヤーたちと一緒にコートで汗を流した。もちろん、初対面。スカッシュという共通のワードで交流でき、仲良くなれる。もちろん、スパやプールで寛ぎ、地元の料理を味わい、のんびりと読書に耽る。これでリフレッシュできない訳がない。

Wellness05Wellness066月と10月に訪れたのは2022年秋に開業したばかりの「富士スピードウェーホテル」。運転免許証は保有している2人だが、クルマは持っておらず、ここ20年以上運転もしていない。そんな2人が、ハイアット修行の一環で試しに宿泊したところ、ハマってしまったのだ。サーキットを望むホテルのベランダからは、レースが開催されていなくても毎日レーシングカーが走っている。コースを開放して一般客が走っているのだが、これが実に楽しい。二重窓を通しても聞こえるエキゾーストノイズさえも実に心地良い。

Wellness07Wellness08士山を望む半露天風呂付きの温泉大浴場、ジャグジーや屋内プール、本格的なジムもあり、そこには何と無料のドライブシュミレータまで。3面のモニターにはサーキットの映像が映し出され、車種ごとに体感が変わる。これが実に楽しいのだ。建物の1階には「富士モータースポーツミュージアム」が併設されており、カーマニア垂涎の歴代スポーツカーが展示されている。館内にはモータースポーツがフューチャーされたアートが随所に設置され、決してクルマ好きではないお気楽夫婦でさえ、その遊び心に笑みが溢れる。

Wellness09Wellness10には博多に長期滞在。北九州に拠点を移した松井千夏プロを訪ね、スカッシュ三昧。どの街でスカッシュをしても、彼女とラリーをするのは実に楽しい。ご家族と(お子さんとは初めて)一緒に食事を楽しむこともできた。さらには、身体を慣らそうと訪れた博多のスカッシュコートで知り合った女性たちとも一緒にプレーできた。1週間の滞在でスカッシュは4回、ラケットとシューズ持参の甲斐があった。もちろん美味しい街、博多。毎日地元の美味しい料理を食べ、飲み続けたのは言うまでも無い。

Wellness11Wellness12イアット修行中の身でありながら、地元の友人たちのリクエスト?で、「グランドハイアット博多」以外に「リッツカールトン博多」にも宿泊。博多湾を見下ろす開放的なプール、ビッグバン真っ只中の博多の街を眺めながら汗を流せるジム、地元の食材を贅沢に使った豪華な朝食ビュフェなど、グランドハイアットを上回る(宿泊代も^^;)ラグジュアリー感に圧倒された。日程を合わせて福岡でゴルフをやるからと博多で合流した東京の友人たちも含め、仲間たちと毎日博多メシ三昧。また行かねば♬ 楽しいぞ!博多。

Wellness14Wellness13気楽夫婦が体感したウェルネス・ツーリズムの極め付けは、沖縄(那覇と瀬良垣)。今年は何と3度も訪問。その度に、実業団のプレーヤーだった“ちなみん”にバドミントンのお相手をしてもらうのが主目的。経験者の私と、本格的なプレーは初めてだった妻と、個別のメニューを考えてもらって、体育館を(結果的に)貸し切ってのプレー。訪問の度に、ゼータクで楽しい時間を味わうことができた。さらには、地元でお気楽夫婦と知り合った女性もメンバー入り。次回はバドミントンクラブ結成のお祝いの会を開催できるか?

Wellness15Wellness16、曙、朝ぼらけ、白昼、夕暮れ、黄昏、宵の頃。その時々で、色が、風が、潮が、風景が変わる。どんな海を眺めても飽きることはない。悦楽の時間。お気楽夫婦が好んで宿泊する客室は、2方向に海を望むベランダ付き。ホテルのチャペルで式を挙げるカップル、友人、家族や、プールで遊ぶ子供たちを眺めているだけで幸福な気持ちになる。食事、近所の散歩、バドミントンをやっていない時間のほとんどは、その部屋で音楽を聴き、本を読みながら過ごす。ほぼ観光はしない。滞在の最終日はスパ。至福の時間だ。

Wellness17Wellness18末の沖縄旅で初めて訪れたのは、「命果報(ぬちがふぅ)」と言う琉球料理の店。「命果報どぅ孵果報(しでぃがふぅ)」、すなわち、幸福とは命があってこそのもの、と言う沖縄のことば。こうして、健康で、夫婦仲良く、美味しい地元のもの、季節のものを、無添加で優しい味付けの美味しい料理としていただける、これが幸福だなぁとしみじみ。すると、「それで、次の沖縄合宿の日程だけどね」と妻。あ、前言を撤回します。2人の旅は、ウエルネス・ツーリズムなどではなく、スポーツ合宿でしたとさ(笑)。

コメントする








002146361

SINCE 1.May 2005