ママチャリの悲劇?「伊良部島&下地島」

miyako09miyako10地島に行くのなら、通り池に絶対に行ってみてください!」スキューバをやっている友人にそんなことを言われ、調べてみたら宿からの距離は7km強。では自転車で巡ってみようか。そんな発想をするのがお気楽夫婦。ホテルのレンタル自転車を使い下地島へ。2つの池(と言っても海水)が繋がっていて、さらに外海とも繋がっている珍しい地形。上級者向けのダイビングスポットとして有名な場所。深さで色が変わり、海岸線近くの石灰岩の地形と相まって実に神秘的。深みに引き込まれそうな青のグラデーションだ。2つの池を巡り、外海に出るダイビングルートを想像しただけで胸がときめく。

miyako11miyako12ころで、この知る人ぞ知る島は、隣接する伊良部島といくつかの橋で結ばれ、何と飛行場もある。元々は民間のパイロット養成のための飛行場として造られ、現在はスカイマークなどが1日数便運行しているローカル空港。この空港の滑走路の北端と南端に、それぞれ滑走路の呼び名でもある「35END」と「17END」と言う有名なスポットがある。南端の35 ENDの入江も美しいが、北端の17ENDは息を呑む美しさ。景観的には消波ブロックが気になるが、それくらいでは減点されない、圧倒的でクリアな青。飛行機の離着陸の際がフォトジェニックらしいが、ただ眺めるだけで幸福になる美景だ。

IMG_4062IMG_3938んな麗しの景観に調子に乗り、下地島、伊良部島をぐるぐると自転車で走り回ったお気楽夫婦。宮古島中心に10数人の兄弟がいるという「宮古島まもる君(写真は宮古島きよし君)」に会いに行ったり、キジムナーが住んでいそうなガジュマルの樹を訪ねたり、ローカルスーパーの「シモジスーパー」に「うずまきサンド」を買いに行ったり、沖縄そばと宮古そばの違いを確かめるべく「伊良部そばかめ」でランチをしたり、気が付いたら走行距離は何と(後に計測)30km以上 !! それも妻はタイヤが小さい組立て自転車で(汗)。

IMG_4055miyako13日はさすがに疲れたねぇ」と、夕陽の美しい海辺の店で食事をしながら妻が呟いた。小さなタイヤの自転車で、私のおそらく2倍はペダルを漕いだと思われる妻。*ママチャリとは言え私は通常のサイズの自転車で走った。その時は「疲れた」で済んでいたのだったが、後日「仙腸関節」を痛めていたことが発覚。何日かを経て、今まで経験のない(本人談)激しい腰痛に見舞われた。それでもスカッシュをやるために整体院、整形外科、パーソナルトレーナーなど、お金で解決(小声)できることならやる!と宣言し復活。ふぅ、やれやれ。

「富士スピードウェイホテルに行ったら、サーキットコースの一部を自転車で走れるらしいよ♬ なんだか楽しそうだけど、行く?」と、笑顔で提案する妻。それも本気で。お気楽妻の辞書には、「懲りる」とか、「学習する」ということばはなく、「楽しい」ということばが全ページに散りばめられている。

コメントする








002156541

SINCE 1.May 2005